子どもを育てる「モノ」と「ヒト」から

ワークショップ, 子どもとそだつ 0 Comments

オーボールは、いろんなふうに遊べるんだよ!シフォンをつけて、流れ星。どんなふうに投げるかで、シフォンの動きが変化する。

土曜日は、かばんねこのたぶん4周年講座でした。
テーマは『子どもが育つ「モノ」と「ヒト」』。
東京から「遊び環境コーディネーター」の横尾泉さんにおいでいただき、おもちゃとあそびと育ちのお話をしていただきました。

オーボールにチェーンをつけて、ガラガラに。チェーンが偶然に外れる体験から、「外す」ための発見と試行錯誤がはじまる。

なにより気を引き締めたくなったのは「わたしたちは、大人も子どもも望むと望まざるとにかかわらず、いろんな情報と刺激にさらされている」お話。
そう、やっぱりスマホ、タブレット。デジタルゲーム、ユーチューブ。

 

ちょっと画面を触るだけで、すぐに面白いことが起こる。それに反応して操作すると、またすぐに刺激が返ってくる。刺激→反応、刺激→反応…。

 

楽しいし、刺激が続くから子どもも飽きずに、あっというまに時間が過ぎる。
おとなを煩わせることなく、ひとりでしずかに遊んでいてくれる。
面白いよね、楽しいよね。でもそれって、「集中して遊んでる」っていうのかな?
繰り出される刺激に目や気を奪われているだけじゃない?
そしてほんとうなら、4歳ならできていた、5歳ならできていたことが、できない。
本来なら遊びのなかで体験してきていることを、満足に経験していないのかもしれない。
保育園の活動のなかでも、十分に発達してしかるべきところまで至っていない、そんな事例が多くなっているのだそうです。

 

そうしてそんなデジタルな遊びの世界に慣れてしまうと、たとえば積み木のように自分から働きかけなければなにも変わらない、自分の手や頭を動かさなければ面白い世界には行けない、そんな一見「地味」な遊びには戻ってこられなくなってしまいます。
どうやって遊んだらいいのか分からない、やろうと思ってもできない、困ったときの解決策が模索できずみつけられない、だからつまらない、そんなふうに。

 

本来なら、たとえば積み木をひとつ積んで、もうひとつ積んで、すこしずつできることをやっていってみたら、すっごく面白い世界が待っていた!そんな喜びと、楽しみと、達成感をいっぱい感じられるあそびの世界です。
大人も子どもに体験してほしいと願っている遊びと育ちの豊かな世界に、出会えずに、体験できずに、深められないままに、大きくなってしまう。

お話を聞きながら、子どもの遊ぶ様子をみる。よい遊びの道具の「良さ」に出会えたかな^^

だから、
0・1・2歳の頃が、とっても大事!
ただ手に持つだけ、ただ動きを見るだけ、ただ箱に入れるだけ、ただ並べるだけ、ただ積むだけ…。
そんなことを、子どもたちは「ただ楽しいから」やっている時期。

 

押したら玉が動いた、「楽しい!」
積み木を3個ならべたら長くなった、「うれしい!」
大きい順番にしてみたらきれいにならんだ、「おもしろい!」
箱にぴったりおさまった、「きもちいい!」
いい音が鳴った、「すき!」
子どもたちは自分の手を動かして、そこで起こったことをひとつひとつ体験し感じながら、その経験をじぶんのなかに落とし込んでゆくのです。
そうしていろんなことを試し、うまくいったりいかなかったりしながら、いろんな経験の知もたくわえていく。

 

大人はすぐに「このおもちゃで遊んだら○○できるようになりますか?」「これをやったら集中力がつきますか?」そんなふうにすぐに結果を求めてしまうけれど、
でも本当は、そこに行き着くまでの「過程」こそ、大事にするべきことです。

 

子どもの遊んでいる「過程」を大事に見て、子どもができるように上手に配慮したり、起こったことを一緒に喜んだり残念がったり、子どものうれしさや悔しさに共感したり。
そうした「過程」を大事に受け止めていれば、大人が求めている「結果」は、きちんとついてきます。

 

「知る」ということは、「慣れる」ということでもあります。
どうか01.2歳の「初めて」がたくさんのうちに、子どもにいろんなモノに出会わせてあげて。

箱は、大活躍のあそびの道具。この木製のスタックボックスは、丸い穴がすべての箱にあいていることがすごくイイ!赤い子が、窓から外を見ています。物語がうまれるよ^^

駐車場のお知らせ

ワークショップ 0 Comments

いよいよ明日は、かばんねこのたぶん4周年講座です。
参加される方にとって、楽しい時間、よい体験、うれしい学びになってくれますように。

 

かばんねこも、お店で、ブログで、しっかり学んだことをお客さまにきちんと届けていけますように。
これからも努力いたしますので、どうぞ、よろしくお願いいたします!

 

☆明日の営業は講座があるため、15時から18時です。

 

☆駐車場のお知らせ
講座に参加されるかたのお車は、第2駐車場に詰め込みになります。
先生に質問などでお帰りをゆっくりにしたかったり、ちょっと歩いてもいいかたは、下記「忠霊塔広場」にお車をとめてくださいますようお願いいたします。

びっくりするよ

ワークショップ 0 Comments

横尾せんせいの「お話積み木」。講座とはまたちがう、積み木がつくりだす楽しいショーです!

24日のあそびとまなびの講座では、横尾せんせいの「お話積み木」も観られます。

ネフの美しい積み木「ネフスピール」と「リグノ」を使って、横尾せんせいの魔法の手から、どんどんいろんな形といろんな楽しさが生まれてきますよ。

思わず声が出ちゃう!
わっという笑いも、わっという驚きも^^

 

きっと子どもたちは、まねしたくなるでしょう。
きっとおとなたちも、同じように挑戦してみるでしょう。

そして子どもも大人も、積み木あそびがきっと面白くなります。
よい「見本」は、そのまねをすることを通じて、自分のオリジナルを生み出すきっかけをくれるからです。
ひとは「まね」て知り、「まね」て上達し、「まね」から新しい工夫や知恵を得ていくから^^

 

大人の方はもういちど、積み木の楽しさに出会えますね。
子どもと積み木あそびをするときの工夫や視点も、ちょっと変わるかも!

さあ、これが崩れたら、どうなると思う!?!?びっくりするよ^^

さあ、「お話積み木」にも出会いに、おいでおいで!
13時からの回のみ、受付できます^^

11/24(土)かばんねこで、あそびとまなび『子どもが育つ「モノ」と「ヒト」』知ると変わる!お部屋の整え方・おとなの関わり方

 

おもちゃ箱、使っていますか?

ワークショップ 0 Comments

おもちゃ箱、使っていますか?

おもちゃは、お店にならんでいるみたいに置いてあげると、持ってきやすいし、片付けやすいですよ。
なんでもかんでもおもちゃ箱では、整理する力もつきません。

 

いつも見えているから、「あれで遊ぼう」となるのです。
おもちゃ箱のなかは見えないし、いろんなものがごちゃまぜ。
子どもにとっては見えているものが全てで、
見えないものは、無いのと同じです。
(わたしたち大人も、食器棚の奥に押し込めてあったお皿を見つけてびっくりしたり)

 

子どもには、どんなおもちゃを与えたらいいのかな、
それにおとなはどんなふうに関わっていけばいいのかな、
子どもの育ちのために、どんなお手伝いができるんだろう。
かばんねこがよく聞かれることです。

でもその「成長のお手伝い」のなかには、おもちゃを通じてできる「生活習慣」もあるんですよ。
それは、おかたづけ。

 

おかたづけには、考えるちからが必要です。例えば、
同じものをさがす、
分ける、
順番にする、
もとに戻す、
先にやることと後にやることを判断して見通しをつける、
効率を考える…。

こうして出してみると、子どもに育てたいことがたくさん隠れています。
生活のなかで大事で、必要で、しっかりつけてあげたい力です。
(だから「お片付けしなさい!」と怖い顔になっちゃう)

 

わたしたちは、よく使うフライパンを、台所の使いやすい場所に置いておきますよね。
そして使ったら、かならず同じ場所に戻します。
どうしてでしょう?
それは、そうしないと、不便だから。

 

お片付け…整理整頓は、使いやすさのための工夫です。
それを、子どもの暮らしにも役立てられるはず^^

いつものおもちゃが、いつも決まった場所にあって、
使い終わったら、もとの場所にもどす。
使いやすい台所と同じように、子どもの場所をつくってあげる。

 

教え込み、やらせる。
そんな「しつけ」ではなくて、
おかたづけは、生活のなかで自然に「習慣」にしていくことができます。

子どもの日常である、
おもちゃを通じて。遊びを通じて。

 

…ということで、今日もお誘いします。
そんな「子どものあそびとまなびの講座」。
だって、ぜったいに役に立つし、おすすめだから!

お席は午前中がひとくみ、13時からの回は3くみ大丈夫です。
大人のかただけのご参加もあります。
お電話をいただいて、子どもの年齢とは別の回に参加されるかたも。
どの回に参加したらよいか迷われるかたは、遠慮なくお問い合わせくださいね^^

11/24(土)かばんねこで、あそびとまなび『子どもが育つ「モノ」と「ヒト」』知ると変わる!お部屋の整え方・おとなの関わり方

 

あぶない道具

ワークショップ 0 Comments

カッターやハサミ。
危ないけど、使えるようになったらとても便利だし、
しっかり使えるようになると、危ないこともしなくなるよ。

うっかり危ない使い方も、ちゃんと自分で気づいて回避するようになる(頼もしい!)。

 

それ以上に、道具を自在に使えるって、子どもにとってとてもうれしいことです。
自分の思う通りのものが、自分の手でちゃーんとできるんだもの^^

 

ハサミもカッターも、大きくなるとなんとなく使えてしまうから特に教えたりしないけど、
使いかたを教わったり、実際に安全な場所で体験したり、なんども経験するって、とってもだいじ^^

もし最初のハサミなら、
1回チョキンとすれば全部切れるように、細い紙を用意してあげるといいですよ。
ちゃんと切れるし、切れ端がどんどんたまっていくから達成感があるし、ほめてもらえるからうれしい^^

だから、かもちゃん先生がつくってくれるこんな会で、
カッターを「楽しみながら」やってみるって、とてもいい機会です!

11/18(日)おやこでも、おひとりでも「消しゴムはんこで作る、やさしい色のトートバッグ」

ちなみにかばんねこには、小さな手にぴったりのハサミがあります。
しっかり切れて、でも指は切れないの^^

 

なんとなく、テーブルを用意したから

ワークショップ 0 Comments

2歳のときに、子どものあそび専用のテーブルを用意したことが、きっかけでした。

「自分専用の場所」で、やってみたいことを、存分にとりくんでいる!
(長い時間遊んでるなあ…)

目線の先には壁があるだけだから、きょうだいの行動やテレビなど集中を途切れさせるものは見えない。
(壁ってすごい!)

子どもの遊びの道具もそうだけど、遊びの環境も、工夫して整えられるんじゃない?
そう実感しました。

そして、子どもが遊び込む姿と育っていく姿に、ものすごくわくしました。

みなさんにもぜひ、出会ってほしい^^
24日の講座、ぜひぜひお子さんと、いらしてください!

11/24(土)かばんねこで、あそびとまなび『子どもが育つ「モノ」と「ヒト」』知ると変わる!お部屋の整え方・おとなの関わり方

 

自由遊びの日に

ワークショップ 0 Comments

自由遊びの日、ハロウィンにぴったり!
ねずみの紐通しのなかに、おばけを見つけましたよ^^

いつも遊びに来てくれる女の子、
じっくりじっくり、じぶんのやりたいように
おもちゃに向かう後ろ姿が、いつも頼もしいです。

積み木をぜーんぶ同じ水色にしてくれたのも、
「きっちり」がブーム中の、あの子かな。

こんな遊びのあとをみつけると、
子どもの「できた」「まんぞく」を感じて、とてもうれしいです^^

 

どの子もどの子も、
いろんな、たくさんのおもちゃがあるなかで、
やりたいことが存分にできる、
ぴったりのおもちゃに出会えるといいです。

 

できることもやってみたいこともどんどん変わっていく育ちのなか、
おとなが子どもの姿をよく見ていれば、
「今」にぴったりの良いあそびの道具や、
大人が何を手伝い、何を見守るだけでいいのか、
だんだん、わかるようになります。

 

「どのおもちゃがほしいの」って、子どもに聞きません。
大人が、子どもの姿をみて、用意するのです。

シュタイナー教育との差に

ワークショップ 0 Comments

かばんねこでシュタイナー教育・フォルメン
シュタイナー教育「フォルメン」体験、報告の続きです^^

 

このまっすぐの線を描くまでに、たくさんの、たくさんの準備がありました。
「世界は、直線と曲線でできている」
まずはそのことを自分で発見し、そのあと自分のからだで実際に体験しました。
 
具体的には、おうちのなかの直線を見つけること。
テーブルの縁、窓、ドア、絵本の縁、積み木、いろいろ。
そして、曲線も見つけました。
テーブルの角、おもちゃのタイヤ、電球、コップの縁、いろいろ。
 
そのあとには、直線の上を歩く。曲線の上を歩く。
自分のからだで実際に、直線と曲線を、じっくり感じました。
 
テーブルに戻ったら今度は、自分の指で、空中に直線を描きました。
空中ですし、はじめはふらふらと定まらなかった線も、なんども空に描くうちに、
見えないけれど太く、しっかりとした線を描いているのがわかります(ふしぎ!)。
そのあとは同じように曲線も、空中に描きました。
やはり何度も描くうちに、「いいな」とおもう曲線になっていきます(ふしぎ!)。
 
そうしたあとに、さあ、やっと画用紙がやってきました。
でも、まだまだ^^
 
画用紙の上に、指で、直線を描いてみるのです。
まんなかの、自分のいいと思うところから、下に向かってまっすぐ指を下ろす。
なんども。なんども。
何度も描くうちに、やっぱり自分の描く直線がしっかりした自分のものになっていく感覚がありました。

 

そして、ここでついに!!
「よし、いいなと思ったら、うすいレモン色のクレヨンで、描いてみてね」

自分の気持が整ったタイミングで、クレヨンを持つのです。
でもいざ直線を描いてみると、なんだか思ったのとちがう線に。うーん…
 
「一度めでなんかちがうな、ここ直したいなと思ったら、2度め、3度めって、自分のいいと思うように直していってみてごらん。」
自分がいいなと思うところまで、なんどもなんども、やり直せる…!

 

そうして、これでよしと思えたら、
今度は自分の好きな色で、はっきりとした線を描いていく。
今度もやはり何度でも、自分の納得のいく線ができるまでやりなおしていい。
 
そんなふうにして、「じぶんの」直線ができあがりました。
じっくり時間をかけて、ひとつずつ納得しながら描きあげた、「わたしの」直線。
なんだか、じーんと、うれしい。

同じように、つぎは曲線を描いてきました。
やはり満足のいった、「わたしの」曲線ができあがりました。

かばんねこでシュタイナー教育・フォルメン

「わたしの」直線と、曲線。

かばんねこでシュタイナー教育・フォルメン

線を描く前に、指で線を意識しながら何度も描く。そのうちに「よし、描こう」と思えるときがやってきました。

かばんねこでシュタイナー教育・フォルメン

自分の線ができあがるまでは、何度も、何度でも線を重ねてやりなおしていい。

かばんねこでシュタイナー教育・フォルメン

自分の直線と曲線が描きあがったら、好みの色で、思うように色をつけました。うれしい。

これが、シュタイナー教育・1年生の最初の「フォルメン」の授業なのだそうです。
直線と曲線をだけを、からだで存分に体験して、描く。
「これからたくさんの直線と曲線を使っていろんなかたちを描いていこうね!」という導入のために、直線と曲線、それだけにじっくりじっくり、1時間をかけるのです。

 

そこに込められた想いや願いの豊かさに、圧倒されました。
そして日本のほとんどの学校の、絵の時間の扱いの軽さを憎みました。
描き方も画材の扱い方もなにも教えず、ただ「これを描く」というゴールだけ与えられて、放り出される。
そして、うまいへたで分けられる。
描く楽しさや、喜びをどこに見出せるというのでしょう。

 

わたしたちは、そんなふうに「指導」される前は、絵を描くのがすきだったはずです。
自由に、思うように描いて、自分で満足して、誰かにも見せて、ニコニコしていた。
いつから、どうして苦手に、嫌いになってしまうひとが周りにはこんなにたくさんなのか…。
それを思うと、とても悔しいし、残念でなりません。

 

だから、今回のフォルメンに出会えたことは、とてもうれしかったです。
やりなおしていいよ。途中で軌道修正しながら何度でも描き直して、自分の満足のいくところまでやりきってごらん。
そんなふうに、「いくらでもやりなおしができるし、何度でもやりなおしていいんだよ」という経験を、何度もさせてもらったから。

 

シュタイナー教育では、こういうことを、いろんな場面で何度も繰り返し体験させてくれるのでしょう。
そのたくさんの経験は、子どもが自分を信じる力を強くし、人生をつくる力を応援してくれるものです。
わたしたち親が、子どもに育てたいとおもっているもの。

 

こんな教育があるということに、出会ってみませんか。
これからもかばんねこでは、りえ先生に来てもらっていろんな教室を開いていきたいと思っています。

かばんねこでシュタイナー教育・フォルメン

子どもも一緒に。並んで描く^^

かばんねこでシュタイナー教育・フォルメン

『たとえば子どもに「猫を描いて!」って言われたらどうしたらいいんですか?保育園で、形を教えるなと言われたんです』というかばんねこの質問に応えて。

 

次の教室では、ブロッククレヨンを使って、
・子どもと一緒に描く方法
・かたちを描くことについて(キャラクターや動物など)
・絵が苦手と感じている大人のかたへ
・ブロッククレヨンを買ってみたけどうまくつかえていない
そんな声に応える会にしようと思っています。

もちろん、シュタイナー教育という背景は、存分に^^
またお知らせしますので、ぜひぜひ!

 

シュタイナー教室、始まりの儀式がすき

ワークショップ 0 Comments

かばんねこでシュタイナー教育 フォルメン

今日は「シュタイナー教育のお話&フォルメン体験」でした。
始まりはいつものシュタイナーの会と同じ。
ろうそくの灯りをともして、小さなベルの音とともに静かに始まります。

 

このはじまりの儀式のとき、いつもふしぎな気持ちになります。
ろうそくの揺れる灯り、りえ先生のゆっくりとした動作、ベルの高く澄んだ音とともに、
自然と誰もが動きを止めて、体と一緒に心も、しんと静かになってしまうよう。

 

集団で何かを始めるときに、こういう儀式があるというのはとてもいいなと思います。
先生の大きな声や笛での号令でなく、みんなが声を張りあげて挨拶するのでもなく、
自然に目や体や気持ちが何かに注目して、場が整うとともにみんなの気持ちの準備も整う、そんな感じ。

 

みんなの準備が整ったら、ひとりずつ、先生と握手をしてあいさつをします。
体も顔も互いにしっかり向かい合って、名前を呼び合って、握手であいさつ。
あなたはここにいてもいい、あなたはあなたのままでいい、そんなふうに毎回しっかり「じぶん」だけを見て、認められる。

 

小さなことだけれども、こういうことが日々繰り返されることがとても大事なことなのだろうなと感じます。
わたしたちは、誰かに認めてもらってはじめて、自分の価値を信じられるから。
そして認められる体験を何度もするからこそ、「自分ていいんだな」っていう自分への信頼…自信がもてるから。

 

わたしは毎日こんなふうに、子どもの顔をしっかり見る瞬間があるだろうか?
たがいにまっすぐに向き合い声をかけあい、触れ合う瞬間があるだろうか?
そんな反省も、ちらっとよぎります^^

 

そのあとは
みんなで詩の暗唱、そして歌を歌って、
(この詩や歌のまた美しいこと!そういうものがあたりまえに与えられる教育なのだなと改めて感動する)
ちょっとした緊張というか高揚感と、しずかな落ち着いた気持ちで、さあ、はじめましょう。

 

だけど始まる前のことだけでこんなに書いちゃったので、
フォルメンそのもののことは、また明日書きます!

 

 

 

 

シュタイナー教育に出会いたかったあなたへ

ワークショップ 0 Comments

かばんねこでシュタイナー教育・フォルメン

かばんねこでシュタイナー教育・フォルメン

かばんねこでシュタイナー教育・フォルメン

ここにある3枚の絵は、シュタイナー教育のなかの「フォルメン」

小学生の例です。

この美しい模様のなかに、どんなひみつがあるのでしょう^^

 

かばんねこも、子どもを育てるときにシュタイナー教育がすごく気になって、本を読み漁ったりしました。

おうちで実践できたことは少ないけれど、考え方やあり方、子どものとらえ方がとてもぴったりして心地よくて、肩の力が抜けたような気がします。

みなさんにはぜひぜひ、ご自身のからだとこころでシュタイナー教育に出会ってほしいです。

フォルメンを実際に描いてみて、シュタイナー教育の本質を体験してみませんか?

10/16(火)シュタイナー教育ってどんなもの?お話&フォルメン体験会

みつろうねんどで、小物入れ

ワークショップ 0 Comments

かばんねこで、みつろうねんどの小物入れ

小さな花畑。裏側にはちょうちょ^^

ひまわり保育園の支援室・てんとうむしさんのワークショップがありました。
みつろうねんどでグラスを飾って、小物入れ作り。

 

ハチの巣からできる蜜ろうは、手の温かさでやわらかくなります。
透明感のある色たちは、ガラスへの飾りにぴったりです。

 

丸めたり、好きな形にカットしたり、のばしたり…。
迷いながら始めたデザインは、作業がすすむうちにどんどん自由に、楽しそうにすすんでいきます。
いい顔がたくさんの、すてきな手仕事の時間になりました。

かばんねこで、みつろうねんどの小物入れ

この子は、あの子ではないか^^

かばんねこで、みつろうねんどの小物入れ

男の子のおかあさんならでは

かばんねこで、みつろうねんどの小物入れ

混色をすると、花びらのグラデーションが美しい

かばんねこで、みつろうねんどの小物入れ

シンプル、かわいい^^

大人になると、こんなふうにじっくり表現をたのしむ機会はなかなかありませんね。
でも、こんなふうに手軽に扱える美しい素材があると、イメージをかたちにしていく作業はとても楽しいし、気持ちもすっきり。

 

おうちで、いい場所に飾ってもらえたかな^^
かばんねこでも、またやりましょう。

かばんねこで、みつろうねんどの小物入れ

鮮やかな色たちをちりばめて、花火かな?

かばんねこで、みつろうねんどの小物入れ

シンプルな水玉も、こんなに可愛い仕上がり

かばんねこで、みつろうねんどの小物入れ

びんの蓋にも^^

かばんねこで、みつろうねんどの小物入れ

みつろうねんどをガラスの上でぎゅーっとこすりつけるようにすると、薄く伸びて淡い透明感が出ます

どんぐりたち。金の帽子がすてき^^

思い思いの器を選んで、どんなふうに飾ろうかな?

知は、心の動きとともに

ワークショップ 0 Comments

小さな子どもほど、知識は感情を通して知らされることが大切です。
楽しさやわくわくや、感動…、
いろんな心の動きとともに。

それを体現しているもののひとつが、シュタイナー教育の「フォルメン」という方法なんだろうなと思います。

大人自身がまず、体験してみませんか^^

 

9/19(水)大人が感じるシュタイナー教育「フォルメンを体験しよう」