親の願いって‥‥

子どもたちは遊びを通じて大きくなります
見て、触って、聞いて、
嗅いで、味わって…、

 

子どもたちは遊びを通じて
身の回りの世界を感じ、
知りながら大きくなります。

子どもが自分を信じられることが、「自信」
小さいころから
思い切り遊び込むことを受容されてきた子は、
遊びを通じて
たくさんの「もの」や「ひと」と触れ合い、
たくさんの経験の知を
自分の身体と心に蓄えています。

経験の知恵は、自分の体、自分の心に
大きな信頼をおくことにつながります。
自らを信じること、「自信」です。

自分を信じることができる子は、自分と同じく他者も大事にできる
自分を信じることができる子は、
自分の身体や心を愛し、
そして大事にすることができます。

自分を愛することができる子は、
他者を愛し、大事にすることができます。

そして、他者を想う気持ちは、
社会の役に立とうとする気持ちを育みます。

他者を想い、社会の役に立とうとする気持ち
他者を想い、社会の役に立とうとする気持ちを
自然に持つことができた子は、
あたりまえですが、周りの人たちに愛されます。

そうして人々とつながり、
お互いに大事にし、大事にされて、
豊かな人生をつくることができるのでしょう。

子どもには、豊かな人生を送ってほしい 私たち親は、子どもたちに
「豊かな」人生を送ってほしいと望みます。
それは、
子どもたちが人とのつながりを得て
互いに信頼し、助け合いながら、
今もこれからも
日々を笑顔で過ごしていけること、
そういう豊かさをイメージしているのではないかなと
よく思います。

かばんねこも、ひとりの親だから、かばんねこは、ひとりの親として、
子どもたちが
「子ども時代を子どもとして」生きることを
一番に考えます。

遊びを通じてたくさんのことを感じ学ぶこと、
遊びを通じて他者とつながることが、
子どもたちの身体を育て、こころを育てるからです。

みなさんと同じ、ひとりの親として、子どもたちがいい顔で過ごせる毎日を願っています。

ページトップ(新)