子どもといっしょに、ゆっくり育とう。

   かばんねこのブログ

はりこーシカのパンダ

さらにその他 0 Comments

ピンクにした絵付けのひとが、にくい。
このピンクが、マトリョーシカのパンダたちから転がり出てきたときの衝撃はもう、もう。

全員後ろ向きにしたり、
円陣を組ませてみたり、
あたまにのせてみたり、
寝かせて並べてみたり、
いろいろやりましたが、
どんなふうにしても、どうにもこうにもかわいい。

張り子のパンダ、よいです。
全国発送いたします。

かばんねこは開けています

さらにその他 0 Comments

かばんねこはいつもどおり開けています。
換気をしたり、おもちゃを拭いたりするけれど、いつものように。

いつもの暮らしがちょっと変わって、おうちで過ごすことが大事だけれど、それでも子どもの「あそび」の楽しみと育つ姿は変わりなくて、頼もしいですね。

だからかばんねこは、いつもとかわりなくおもちゃを紹介できるように、わたしと家族が元気でいるようにしますし、工夫します。

いろいろ不安はあるけれど、情報を入れて対策をばしっと決めたら、せっかくのおうち時間、あそびの道具のちからを借りることをおすすめします。
子どもたちが小さかったころ、かばんねこ自身がおもちゃたちに助けられたし、楽だったから。

おもちゃも、アナログゲームも。
どんなのがいいかな、お声がけくださいね^^

ぼんやりしよう

おもちゃ 0 Comments

3分・4分・5分の砂時計。
眺めているだけの時間が、とてもよいです。


測る時間が違うのに、なんで砂の量がおんなじくらいなんだろうね?
それも考えてみると面白い^^

子どもたちにはいま、時間がたくさんだけど、
それを頑張って埋めようとしなくても大丈夫。

ぼんやりとする時間、
雲や木々の動く様子や水の流れなど、なにかに見入ってあたまが空白になる時間、
そんなときに、わたしたちのあたまは
いろんな感情をととのえたり情報を整理したり、じぶんにとってとても大事なことをしてくれます。
気持ちも落ち着くし、みんなに持ってほしい、とてもいい時間です。

高校生の兄ちゃんには、部活に行く電車のなかででもぼんやりせよと命じていますが、まあいろいろ忙しいご様子。

この砂時計、贈ってみますか。

ひとりもくもくあそびに

さらにその他 0 Comments

かばんねこの椿やツツジも、雪を乗せて大変そうです。
中学生が小さいときは一生懸命払ってあげていましたが、今日はどうかな^^

ああでもないこうでもないと周りの車を前後させて、アイス屋さんの車を渋滞から出してあげるゲーム、ラッシュアワー。
かばんねこも好き!
1番はもちろんかんたんかんたん。
2番3番…とスイスイのスイ。
でも40番に向かってだんだん、難しくなっていきますよ。

そのうちに聞こえていた鼻歌は止まり、
目は真剣度を増し、
姿勢はぐいぐいまえのめり、
うなりごえが聞こえてくるでしょう。

だから、できたときの嬉しさは、格別。
どんどんもっと難しいのに挑戦したくなる^^

まだまだ続くながいお休みにも。
おすすめします。

おうちを飾る

おもちゃ 0 Comments

子どもたちの健康と育ちを願うお品にしては、かわいすぎやしないか。

かばんねこで、金太の後ろ姿をご覧になってください。
赤い腹掛けだからね、おしりがね、出てるんです。
おうちに連れて帰りたいことうけあい。

かわいいものや好きなものを見て、ふっと頬といっしょに気が緩む一瞬は、とてもいいですね。
おうちに、そんな場所があるといい。

たとえば雑貨や花、お気に入りのもの…、
好きなお茶カップでも、ハンカチの柄でも、子どもの絵でも。
かばんねこなら、好きな本やおもちゃかな。

ちょっと気持ちが疲れちゃうこの春。
しまい込んでないで、飾ってみるといいですよ。
ふと心がうごくものが、目にはいるように。

たとえばほら、金太のおしりとか。

すきなアナログゲーム

やっぱりゲームだ 0 Comments

向こう側にある自分のチーズに向かって、いざすすめ!

自分のねずみちゃんを進めたり相手をバリケードでじゃましたり、ところが自分が進めなくなったり、わちゃわちゃ…


かばんねこの子どもたちも大好きでした。
いつものゲームだけじゃなく、自分でつくったルールでねずみたちを動かしてみたり、バリケードで仕切りを作ってドールハウスにしてみたり。


5歳さんとか1年生くらいから、2-4人で遊べます。家族のゲームにぴったりです。おまけに長く長く活躍します。

「しまったー」とか「ぐわはははあ!」とか「ふくろのねずみだー」とか「わっ意外に難しい言葉知ってた」とか、おしゃべりもはずむはずむ^^

あそびを待って

子どもをおもう 0 Comments

東京おもちゃ美術館 good us での連載が続いています。
子どもってほんと、たいへんだねえ…
でもいつでもすぐに大人を許してくれてる。
ありがたい。

子どもにはまじめに謝れ!っていうくせに、
自分が子どもに謝るときはごめんごめんって軽く済ませるとか、あったなあー

かばんねこは、定休日。
日曜日から開けます^^

*************

【連載】わくわく遊んで大きくなるために おもちゃ屋さんの「あそび相談室」

相談6:「なかなか遊びをやめません!」

2020.02.14

もう帰る時間なのに遊びをやめない子どもたち。どうしたらいいの?おもちゃ屋さんのあそび相談室、第7回目。

ちょうどいい遊びの道具に出会う

おもちゃ 0 Comments

縦に並べると「高さ」が変わって、
横に並べると「長さ」が変わって、
それが、楽しい思いつきを誘ってくれる^^

横に並べてみたもの。
1,2,3,4,5…10まで
長さの違うパーツを使って作ったんだって。
最後までやりきって、まんぞく^^

縦に並べてみたもの。
思うようにやってみて、出来上がってから
「あ、ちょうちょみたい!」って気づいたん。
こんな偶然も、楽しいね。

子どもたちがよい遊びの道具と出会うと、
とてもすてきな姿を見せてくれます。
できあがりを見せてくれるいい顔だけじゃなくて、
取り組んでいる姿から、ほんとにイイ^^

アナログゲームは簡単で、面白いのからどうぞ

やっぱりゲームだ 0 Comments

なんともいい顔のラマ、出てくるとうれしいような悔しいような。

流れに乗って、ぱっぱかカードを出していくのが面白い^^
数字の数え方は
「1.2.3.4.5.6.ラマ!」
運の要素が強いけど、自分でやめ時を決めるのが悩ましくも楽しいところ。
うまくいったら、超爽快^^

ルール簡単、だけど面白いアナログゲーム、いろいろあります。
大人も「おつきあい」気分が飛んじゃうよ!

ながい春休みに、音楽とあそぶ

おもちゃ 0 Comments

オルゴールの楽譜。
自分でパチンパチン、穴をあけて作っています。

縦軸がドレミファソラシドの順番で、横軸が音の長さ。
どんなふうに穴をあけていったらいいか、パズルみたいで面白い。

すきな曲をうつしてもいいし、
楽譜なんてわかんない!なら、適当にパチパチ穴を開けてもいい。
「たかはしみき」とか「ありがとう」とか、開けた穴で文字をつくってもいいよ。
自分の名前は、どんなメロディーになるかな?
どんな曲が聞こえてくるか、偶然の楽しみがあります^^

そうやってできあがった楽譜を、はじめてオルゴールに通してみたときの音!
とってもうれしくて、何度もくりかえしてしまいます。

中学生や高校生のみなさんにもおすすめ。
上の写真、楽しくパッチンしているのはかばんねこの中学生です。
このあと、伴奏も入れていました。

オルガニートといいます。
木箱は楽譜たちを入れるだけのものじゃなくて、音をきれいに響かせてくれるだいじな「音響箱」。
音響箱のすきなところに、オルガニートをドライバーで据え付けてくださいね。


ハッピーバースデイの穴あき楽譜つきで、すぐに試せます。
あとは、まっさらな楽譜3枚とパッチン穴開けがついています。
とってもいい音を届けてくれますよ。

全国発送しています!

かばんねこドイツおもちゃの旅3幼稚園 ものづくりのへや

ドイツおもちゃの旅 0 Comments

絵を描いたり、工作をしたり、
ものづくりのおへやを見学しました。

ここには、クラスごとではなく、
「今日、ここでなにかを作ることを選んだ」子が来ます。

写真の右にある
ひとつのテーブルに、6つのイス。
これが、席のぜんぶです。

担当の先生のもとで、少ない人数で、
しずかに、何にもじゃまされずに、
子どもたちは「じぶんの選んだこと」に、取り組むのですね。
 

窓をのぞく3方の壁には、画材やものづくりの道具がいっぱい!
こちらは画材かな
  

工作の素材に…
 

ビーズやおはじき、シールにいろいろテープ、
木の実、貝殻…。
ほんといろいろ。
  

工具もたくさん!
ペンチやのこぎり、 いろんな素材や大きさのとんかち、
水平器やいろいろ定規、
コテなんかも
  

ネジやくぎなど細かな道具もたくさん!
やりたいこと、いいアイディア、道具たちを駆使して、とことんできそう。
  

万力まである!
  

道具たちはすべて種類ごとに分けられ、整理されています。
だから何がどこにあるか、とてもわかりやすい。
そして取り出しやすく片付けやすいようにでしょうね、余裕をもって置かれています。
  

そしてすべてに、名前と、そのモノの絵を描いて表示してありますよ。
すべては、子どもたちが使いやすいように、わかりやすいように。

なにがどこにあるのか、
そしてその道具はどんなかたちなのか。
なんという名前なのか。

そして実際に使うことで、
どう使うのか、
そしてどんなふうに役に立つのかを知り、
「つかう」ことと同時に「危険」や「安全な使い方」を学んでゆくのです。

危ないから、幼いからと安易に道具から遠ざけるのではなく、
その道具の良さ、どんなふうに役にたってくれるのか、
それを伝えることのほうに重きを置く。
だけど
危ないことになり得るからこそ、きちんと使い方を教えるのです。
  

担当の先生のもとで、絵を描く。
いっせいにはじめて、いっせいに終わったりしません。
あなたのペースですすめ、あなたが終わりと思ったときが終わり。

テーマは朝の会で言っていましたね。
冬のスポーツ、冬のあそびです^^
  

ドイツの小さなおもちゃたち

ドイツおもちゃの旅 0 Comments

ドイツおもちゃの旅で
かばんにぎゅうぎゅう詰め込んで帰ってきた、小さなおもちゃたち。
いろんなところで、なにこれ!かわいい!ほしい!と大興奮しなから集めてきました。


ただ今、かわゆくお店にならんでいます。
きゅーんとしちゃった子がいたら、ぜひおうちに連れていってくださいね。


そしていま、後悔しています。
かばんねこらしく、かばんをもっと持っていけば…

ページトップ(新)