かばんねこ店主ブログ
コドモト

イベント販売のはじめの一歩に

かばんねこのレンタルキッチン

「風」さんの、紅茶のクッキー
屋外イベントでの販売用に、かばんねこにて製作されました。

茶葉のいい香り、さくさくの快感、
とてもおいしい^^

7/25(日) 11-16時
ハルナマルシェ
群馬県吾妻郡榛名湖畔ダイヤパレス隣にて(野外イベント)

まな板屋さん「木のお店」で、まな板と一緒に並ぶそうですよ。
ぜひぜひ、出会ってみてくださいね^^


警戒度2になった群馬では、
近頃はマルシェなどの催しが以前の賑わいを見せるようになってきました。
かばんねこのレンタルキッチンも、お菓子作りの出番が増えてきています。

いいなあ、憧れるなあ…
わたしもお菓子作り好きだし、おいしいって褒められるんだけどなあ…

少しでも、そんなイベント出店に心惹かれる気持ちのある方は、ぜひぜひお声がけくださいね。
かばんねこのレンタルキッチンは、お菓子やお料理を仕事にしたいかたのお手伝いができます。

ご自身でお店やキッチンカーを持つ前の、チャレンジの場所に。
少しの投資で気軽にネット販売に挑戦できる、足がかりの場所に。


経験すればこそ、知れることがあります。
できること、得意なこと、苦手なこと。
身につけた方がよいこと、思いがけない必要なこと。

そして経験すればこそ、かならず失敗があり、改善があり、より良いあなただけのサービスを作れます。
利益が出るまでは時間がかかりますが、かならず喜びがあり、未来への勇気になります。

でもこのすべては、
はじめの一歩を踏み出してみなければ、絶対に出会うことはできない。

かばんねこキッチンの「菓子製造許可」は、
イベントやネットショップなどで販売するお菓子の製作ができます。
かばんねこキッチンの「飲食店営業許可」は、
かばんねこでカフェをしたり、イベントで販売するお弁当を作ることができます。

あなたのはじめの一歩の、良い場所にしてください。
かばんねこが、応援します!

今日は「あかりのいえ」かばんねこも開けています

あかりのいえイベント、なおえの部屋

午前中は「なおえの部屋」。
なんせ、お母さんになる練習なんて無しにいきなりなってしまうので。
悩むし、迷うし、決めるけど不安になるし、さらに調べたりしてまた悩む。

だって、ちゃんとしたいし、がんばりたいから。

そんなときに、頼りになるひとや場所があることが、どんなに助けになることか。

自分の子育ての軸をささえてくれるものを、得ましょう^^
なおえさんは、きっとそのひとりですね。

午後からは鍼灸カフェ。
体験するかどうか迷う方は、とりあえず来てみて。
お話をよくよく聴けたり、他のかたのをちょっと見せてもらえたり。
とーっても良いそうですよ^^

ごはんだけもおやつだけも、ぜひぜひ楽しみにおいでください。
15時までです!

良い出会いが、ありますように。

うるさいって言わないから

スピンアゲインは、くりかえしが楽しいおもちゃ

まさに、プラスチックじゃないとできないおもちゃです。
楽しい!たのしい!

ねじねじの棒に、いろんな色と形の円盤をひとつずつ乗せていくと…
くるくるスピードを上げて!回りながら落ちていきます。

1歳さんを過ぎて、安定して立ったりしゃがんだりできるころからがすっごく楽しい。
動きが楽しいから、もっとやりたくなる。
次はどうしようかなが楽しい。
思いがけないことが起こって、楽しい。
できなくて、でもやりたくて、試行錯誤する。
できて、うれしい!
もっとやりたい!
今度はこうしてみよう、がうまれる。
こうしたらどうかな、の挑戦も。
うまくいったり、いかなかったり、
だから考える、工夫する。
ああ、すばらしい^^

子どもの「楽しい!もっとやりたい!」をくれるおもちゃは、ほんとうにすてき。
自由にあそびに取り組む子どもの姿は、ときにびっくりする思いつきや工夫を見せてくれて、かなわないなと思う時がたくさんですね。

「こうやって遊ぶんだよ」
「ほらこうしたらいいよ」
そんなの、子どもが自分で見つけるから大丈夫。

大人がすることは、遊びに取り組む子どもの姿をよく見ること。
そして
「まだちょっと手が的をとらえられないから、うまくできるように棒を支えてあげる」とか、
必要そうな、いちばん少ないお手伝いだけ、お願いします。

そう思うと、思春期の頃の子どもはいいよね。
ちゃんと「うるさい」って言ったり怒ったり、知らんぷりしてくれる。

いらない手伝いを「いらない」って言えない小さい頃は、おとなが謙虚にならないとです^^

7/10(土)かばんねこも開けますね

フラ体験会

土曜日ですが、13時までかばんねこも開けますね^^
ぜひぜひ、おもちゃを試しにおいでくださいね!

店まで流れてくる、フラの気持ちいい音楽もぜひぜひ聴いて!
そして見学して、
そのまま飛び入りしちゃっても!

後回しのママたちへ

自分後回しのお母さんへ
去年のドイツのびのび研修旅行の自分みやげ

がんばった自分にご褒美…と思っても、つい甘いものひとつとか、それだけでいいことにしちゃったり。
ゆっくりしようと時間を持っても、なにか罪悪感を感じてしまったり。
家族や子どもを優先することがあたりまえすぎて、自分の気持ちを見ないのがふつうになっていたり。

かばんねこはそんなふうだったなと思います。

わたし自身がまず最初に自分を大事にしてあげなかったら、誰がいちばんに大事にしてくれるでしょうか。
「自分が犠牲になって家族につくす」のが当然なら、家族にも子どもにもそうすることを強いてしまうかも。
「わたしが〇○してあげているんだから、あなたも」みたいに。

そんなふうにしてかばんねこは、
だんなさんや子どもを、無言で責めてコントロールしようとしていました。

自分で自分のこと、まずは大事にするのをあたりまえにしましょう^^
外食で自分が食べたいものを食べてみる。
よい服を買ってすてきな自分にうっとりする。
休みの日、自分のしたいことを優先して家族の予定を決める。
「今日は疲れたからごはんはお惣菜にします」と高らかに宣言する。
小さなことから。

自分後回しがあたりまえすぎて、ストレスを感じていないと思っていたのかもしれませんね。
でも、
自分が自分の気持ちをちゃんと見て、大事にして、満たしていればこそ、家族にも子どもにも同じようにできます。
そして自分を尊重できていたら、ほかの人のことも同じように尊重しようとするし、子どもにもそうあってほしいと願うはず。自分を犠牲にしなさいなんてメッセージを、子どもに伝えたいひとはいないもの。

そうしたら
「わたしの言うとおりにしようね」みたいな、子どもをコントロールしようという気持ちもなくなります。

あれ?
趣旨からちょっとはみ出したかもしれません…


次から次からどんどん押し寄せてくる家事、子育て、仕事、いろいろ。
自分のことはどうしても後回しになってしまう、そんなママ達が少しでもリラックスできるように…と、主催者さま。

足圧整体
足裏マッサージ(アロマフットケアクリーム付)
星よみセラピー(お守りアロマ付)

ぜひぜひ、ゆるみにおいでください^^

7/12(月)10‐13時 
『リラックス&ナチュラルケアの会』


小黒三郎の節句人形、最初の荷が届きました

小黒三郎の節句人形、おひなさまや五月人形が届きました。

小黒三郎の節句人形の荷が届きました。
お雛さまや五月人形たちの箱が、ぴかぴか、ぎっしり。
やっぱりとても姿が美しい、愛らしい人形たちです。

販売ページは整えられていないのですが、
下記ページにご希望のお品がありましたらお知らせくださいね。
店頭でも通販でも、お渡しいたします。

(記載のないお品でご希望の品がある場合、来店いただけるかたのみ予約をお受けしております。)

フラ、踊ってみましょ

フラ体験会

子どもも、親子でも、大人のかたも。
フラの体験をしてみませんか?

講師の舞さんの踊りは、とってもきれい。
見とれて、あこがれて、気持ちがふわーっとなります。
無料だし、最初の出会いにぜひぜひしてください^^

やってみたいな…の、最初の一歩。
すごくどきどきするけれど、それをふみだしたら、新しい世界に出会えます。
「新しい自分」の、うれしい姿とも^^

このフラに限らず、
お母さん。
自分に楽しいこと、うれしいこと、ちゃんと贈ってあげてほしいです。
家族の、子どもの気持ちを大事にしてあげたいなら、
まずは自分の気持ちを、自分が最初にいちばんに、大事にしてあげないとね!

お任せはいいな

木のおもちゃかばんねこの棚

今日はともえさんにお願いして、
いちばん目立ち棚をひとつ作ってもらいました。

ちょっと前までは、
「わたしが並べなくちゃ、わたしが書いたポップじゃなくちゃ…」
などど天狗なことを思っていたのですが、
よかったです、その執着を手放せて。

最低限入れてほしい情報を伝える
目立つように表現してほしい情報を伝える
お客さまにこんなふうに見えたらうれしい、を伝える
遊んでみてのご自身の気づきや喜びを入れてほしい、と伝える
それだけで、
わたしには作れないポップと棚のできあがり^^

「わたしの言うとおりにお願いします」なんて、わたしの希望のとおりになるかもしれないけれど、つまらないですね。
二人のともえさんにも私と同じ、うん十年ぶんの豊かな学びと経験があって、わたしが知らないことを知っていたり、私には無い視点でものをみ見たり考えたり、びっくりアイディアがあったり、わたしとは違う「すてき」をたくさん持っています。
それを存分にもらうほうが、ずっと豊かで面白くていいなあと思いました。

「でなければならない」をたくさん抱えておばちゃんになったかばんねこです。
45年も熟成しちゃっています。
いろんな思い込みと執着を手放して、お歳ながらおとなの階段を上ろうとしています。

ともえさんたちと一緒に、かばんねこを作っていきたいです。
ぜひぜひ楽しみに、お寄りくださいませ^^
(そしてお客さまのあなたもぜひ、じゃんじゃん助言ください〰)

風を感じるおうちに

ウィンドチャイムとかもめ

今日はくもりでちょっと涼しくて、窓を開けて過ごしているおうちがたくさんでしょうね。
気持ちいい風が、ふわんと入ってきます。

かもめはゆらりゆらり、
ウィンドチャイムもゆらりゆらり、
イイ感じに風があたると
カラーン…カカン…カラカラーン…
小さな小さな、気持ちいい響きがうまれます。

子どもの頃、
お休みの日、
ゆかにゴロンと転がって、ぼんやりして
窓の外に広がる空の色がきれいでびっくりしたり、
床を伝ってくるひんやり冷たい空気を感じたり、
カーテンを膨らませ揺らす風のかたちを面白がったり、
おうちのなかで、自然がみせてくれるものを楽しく感じていました。
きっとどなたでも、そんな気持ちいい思い出があると思います。

そのひとつを、あなたにも子どもたちにも、贈りませんか^^
気持ちいい、風の音たち。
一緒にごろんと転がって、
転がらなくても、ただ家族でぼんやり。
風から、小さな気持ちいい音の響きが届きます。

みなさま、
どうぞよいお休みの日を^^

しびれるのり

エコ水のりで工作

しびれるのりです。
オランダからやってきました。
オレンジのキャップをゆるめて、
きゅっとお腹を握ったら、
キャップの先端からのりが出ます。
そしたら、
そばにくっついてるヘラのところで、のりをのばせるの!
使い終わったら、
ゆるめたオレンジのフタをまた締め直すだけ、かんたん。

子どもも使いやすいなあ…

オレンジのフタを取らないので、フタが無くなりません^^
ノリが出る穴が小さいです。どばっと出ません。
ノリづけの範囲が狭いなら出し口で、広い面ならヘラ部分でらくらくのばせます。
狭い、細かい場所にも塗りやすいです。
気づかずに倒しておいても、のりがだらーっとこぼれません。
なんと手についても、べたべたしません^^
(指をこすり合わせたらしゅーんと乾いて無くなっちゃった!)
紙だけでなくコルクやフェルトにも使えるので、工作にぴったり。

おまけにうれしい、
無香料・無毒で生分解できる
環境にやさしいエコのりさん。

何より「てんとう虫の貼り絵」のラベルのかわいさにやられました。

かわいい使いやすい安全なノリ、小さい手ってにどうぞ^^

小さないいことがある場所に

木のおもちゃかばんねこの店

先日の定休日、
お手伝いのかたの力を得て翼を得たかばんねこは
(ずーっと待っている木製ガーランドも届きやしないので、代わりに)
窓に、鳥さんたちを飾りました。

外から楽しみをもって来てくださるお客さまに
もっとわくわくしてもらえるように
窓から感じるお店の様子も楽しいものにしたい^^

ただお買い物ができる場所じゃなくて、
サンプルで遊ぶ子どものいい姿を見られたり、
それがすばらしすぎて尊敬しちゃったり、
説明ポップにふっと笑ったりほうほうと学んでみたり、
店内にこっそりいる鳥や猫やお家なんかを発見してみんなに教えたり、
隠された宝を見つけてかばんねこに有難がられたり(子どもたちが大事に隠してくれたおもちゃのパーツ)、
「今日、来てよかったなあ」と思えるような
小さないいことがある場所になれますように。

常時良きアイディア募集しております。
たのしいしかけだいすき!
好き放題、言いたい放題、教えてくださいね^^

めざとく見つけるのが大人のしごと

カラーリングのペグ遊びをやりきる

右の青い箱。
最初は左上の箱みたいに、ばらばらとペグが転がっていました。

2歳さんがそれをじーーーーーっと見て、
中央の木の台とおなじように
ペグを拾い、リングにさす…
ペグを拾い、リングにさす…
4個分をやりきって、
今度は確認するようにじーーーーっと見て
ついとその場を離れていきました。

ペグがぜんぶ、リングにおさまりました。
色もきれいに、そろいました。

やりきりました、最後まで。
そして自分の仕事に、満足しました。
そして自分で「おしまい」にしました。

おとなから見たら、ほんの4個分のことで、
ちょっぴりすぎて気づかないかもしれません。

でもかれは、
自分で考えて、
こうしようと決めて、
行動して、
最後までやりきって、
その結果に満足して、
(もっと続けることもできたかもしれないけれど)
自分でおしまいにした。

その一連の仕事がかれに与えてくれるものは
自分はできる、大丈夫、自分っていいな、という自分への信頼とか
集中力とかやりきる根気とか次への意欲とか…

こういうのはうるさくてあまり書きたくないんだけれど、
とにかく
また今日もいい感じに育ったね!
っていうこと。

子どもの頼もしい姿、めざとく見つけて喜んでいきましょうー^^
そしたら子どもは
「導いてあげなきゃお世話しなきゃいけない人」じゃなく、
どんどん対等な、ひとりの「信頼できる人」になっていきます。