子どもといっしょに、ゆっくり育とう。

   かばんねこのブログ

シュタイナー教室、始まりの儀式がすき

ワークショップ 0 Comments

かばんねこでシュタイナー教育 フォルメン

今日は「シュタイナー教育のお話&フォルメン体験」でした。
始まりはいつものシュタイナーの会と同じ。
ろうそくの灯りをともして、小さなベルの音とともに静かに始まります。

 

このはじまりの儀式のとき、いつもふしぎな気持ちになります。
ろうそくの揺れる灯り、りえ先生のゆっくりとした動作、ベルの高く澄んだ音とともに、
自然と誰もが動きを止めて、体と一緒に心も、しんと静かになってしまうよう。

 

集団で何かを始めるときに、こういう儀式があるというのはとてもいいなと思います。
先生の大きな声や笛での号令でなく、みんなが声を張りあげて挨拶するのでもなく、
自然に目や体や気持ちが何かに注目して、場が整うとともにみんなの気持ちの準備も整う、そんな感じ。

 

みんなの準備が整ったら、ひとりずつ、先生と握手をしてあいさつをします。
体も顔も互いにしっかり向かい合って、名前を呼び合って、握手であいさつ。
あなたはここにいてもいい、あなたはあなたのままでいい、そんなふうに毎回しっかり「じぶん」だけを見て、認められる。

 

小さなことだけれども、こういうことが日々繰り返されることがとても大事なことなのだろうなと感じます。
わたしたちは、誰かに認めてもらってはじめて、自分の価値を信じられるから。
そして認められる体験を何度もするからこそ、「自分ていいんだな」っていう自分への信頼…自信がもてるから。

 

わたしは毎日こんなふうに、子どもの顔をしっかり見る瞬間があるだろうか?
たがいにまっすぐに向き合い声をかけあい、触れ合う瞬間があるだろうか?
そんな反省も、ちらっとよぎります^^

 

そのあとは
みんなで詩の暗唱、そして歌を歌って、
(この詩や歌のまた美しいこと!そういうものがあたりまえに与えられる教育なのだなと改めて感動する)
ちょっとした緊張というか高揚感と、しずかな落ち着いた気持ちで、さあ、はじめましょう。

 

だけど始まる前のことだけでこんなに書いちゃったので、
フォルメンそのもののことは、また明日書きます!

 

 

 

 

「こんなふうにしてみたい!」に応えてくれる

おもちゃ 0 Comments

虹のカウンティングブロック

枠のなかに積み木を置いていくうちに、
「ぴったり入れてみたい」って思ったんだね^^

 

ぴったりうまくいったり、
「あれ?これじゃない」って入れ替えたり、
その試行錯誤が、とても楽しい。

 

その、いい顔!

 

そこに現れる静かな興奮を感じるのが、
わたしたち大人の楽しみですね^^

 

「こうしてみたい」「ああしてみよう!」

その意欲に応えてくれるおもちゃが子どものそばにあることの、ありがたいこと。

かばんねこも、たくさんその喜びをもらってきました。

虹のカウンティングブロック

縦にぴったりは、こんなふうに美しい階段に^^

シュタイナー教育に出会いたかったあなたへ

ワークショップ 0 Comments

かばんねこでシュタイナー教育・フォルメン

かばんねこでシュタイナー教育・フォルメン

かばんねこでシュタイナー教育・フォルメン

ここにある3枚の絵は、シュタイナー教育のなかの「フォルメン」

小学生の例です。

この美しい模様のなかに、どんなひみつがあるのでしょう^^

 

かばんねこも、子どもを育てるときにシュタイナー教育がすごく気になって、本を読み漁ったりしました。

おうちで実践できたことは少ないけれど、考え方やあり方、子どものとらえ方がとてもぴったりして心地よくて、肩の力が抜けたような気がします。

みなさんにはぜひぜひ、ご自身のからだとこころでシュタイナー教育に出会ってほしいです。

フォルメンを実際に描いてみて、シュタイナー教育の本質を体験してみませんか?

10/16(火)シュタイナー教育ってどんなもの?お話&フォルメン体験会

物語がはじまるゲーム

やっぱりゲームだ 0 Comments

ハムスター秘密基地

トロッコに乗って、麦を倉庫に届けたよ!

ハムスターが、トロッコに乗ったりエレベーターに乗ったり地中観覧車?に乗ったりしながら、冬眠のためのご飯を集めるゲーム。
トロッコもエレベーターも、自分の手で動かしてハムスターを運ぶんだよ^^

 

こんなふうに物語が始まりそうなゲームも、子どもたちはとってもだいすき。
お人形遊びが好きな子はきっと、ハムスターを動かしながらのひとりおしゃべりが止まりません。

 

いつも来てくれる子とお母さんと、かわいいゲームができて、うれしかった!
帰ったら、お父さんとやるんですって^^

 

他のお客さまがみえるときはなかなかご一緒できませんが、希望があればできるだけ一緒にゲームをしたいなと思っています。

だって、かばんねこにあるゲームたちのいちばんの楽しみどころを知ってるのは、わたしよ!
それをちょっとでも体験して、子どもにもおとなにも、わくわくしてほしいものね^^

棚を変えました!今日は休み、明日8日(祝)営業します。

さらにその他 0 Comments

今日の日曜日はお休みをいただいております。
明日、8日(月祝)は営業いたしますので、ご予定くださっていたかたはぜひぜひです^^

 

季節がかわって、かばんねこの真ん中の棚も様変わり。
一緒に、まわりの棚もちょこちょこ変わりました。

 

かばんねこに来てくださるみなさんが、楽しく過ごせるといいな、気持ちよくいられるといいな、おもちゃをゆっくりじっくり選べるといいなと思いながら、いつも棚を考えます。
小さな店ですのでなかなか難しいところもありますが、気づいたところから少しずつ工夫していきたいです。

 

 

 

みつろうねんどで、小物入れ

ワークショップ 0 Comments

かばんねこで、みつろうねんどの小物入れ

小さな花畑。裏側にはちょうちょ^^

ひまわり保育園の支援室・てんとうむしさんのワークショップがありました。
みつろうねんどでグラスを飾って、小物入れ作り。

 

ハチの巣からできる蜜ろうは、手の温かさでやわらかくなります。
透明感のある色たちは、ガラスへの飾りにぴったりです。

 

丸めたり、好きな形にカットしたり、のばしたり…。
迷いながら始めたデザインは、作業がすすむうちにどんどん自由に、楽しそうにすすんでいきます。
いい顔がたくさんの、すてきな手仕事の時間になりました。

かばんねこで、みつろうねんどの小物入れ

この子は、あの子ではないか^^

かばんねこで、みつろうねんどの小物入れ

男の子のおかあさんならでは

かばんねこで、みつろうねんどの小物入れ

混色をすると、花びらのグラデーションが美しい

かばんねこで、みつろうねんどの小物入れ

シンプル、かわいい^^

大人になると、こんなふうにじっくり表現をたのしむ機会はなかなかありませんね。
でも、こんなふうに手軽に扱える美しい素材があると、イメージをかたちにしていく作業はとても楽しいし、気持ちもすっきり。

 

おうちで、いい場所に飾ってもらえたかな^^
かばんねこでも、またやりましょう。

かばんねこで、みつろうねんどの小物入れ

鮮やかな色たちをちりばめて、花火かな?

かばんねこで、みつろうねんどの小物入れ

シンプルな水玉も、こんなに可愛い仕上がり

かばんねこで、みつろうねんどの小物入れ

びんの蓋にも^^

かばんねこで、みつろうねんどの小物入れ

みつろうねんどをガラスの上でぎゅーっとこすりつけるようにすると、薄く伸びて淡い透明感が出ます

どんぐりたち。金の帽子がすてき^^

思い思いの器を選んで、どんなふうに飾ろうかな?

積み木は、子どもの育ちとともに

おもちゃ 0 Comments

虹の積み木 グリムス

はじめは、こんなセットのなかから、カラーの積み木を8個だけ出して^^

「積み木をあげたくて」とかばんねこにみえるお母さんお父さんがいらっしゃいます。
手を動かして遊ぶことを大事と感じたり、想像を形にして遊ぶ体験を与えてあげたいという願いを感じて、うれしく感じます。

 

積み木は、しっかりモノを持ってお口で調べたり指で確かめたりする赤ちゃんの頃から小学生時代まで、関わり方を変えてずーっと仲良しでいてくれる、良いおもちゃです。
かばんねこも、ぜひぜひおうちにあってほしいなと思っています。

 

ただ見てのとおり、積み木はとーっても「じみ」なおもちゃです。
ただの四角いものがたくさんある。色がついてたりするけど、なんかいっぱいある。
子どもにとってみたら、そんな感じかもしれませんね。

 

大人は遊び方を知っていて良いものと感じるから贈ってあげたいなと思うけれど、積み木は自分から働きかけなければ動かないし、すぐにぱっと分かる面白みもありません。
なので、積み木だからと親が夢いっぱいに大きな積み木セットを用意しても、子どもが遊ばない(遊べない)ということもあります。

 

大人もそうですよ、きっと。
たとえば、いろんな食材…お肉、魚、キャベツ、大根、ブロッコリ、卵、りんご、牛乳、豆腐をいきなり目の前に出されて、「さあ料理しなさい」と言われても、何から手をつけていいやら、どんなものを作っていいやら、混乱します。
でももし、キャベツと卵だけだったら、「こうしてみよう」「あれから始めよう」が、もっと簡単にできるはず。少なくとも、混乱はしないのではないでしょうか^^

 

子どもも同じです。
立方体に直方体、円柱の長いのに短いの、三角の大きいのに小さいの…。そんな積み木たちをいーっぱい目の前に出されても、モノが多すぎて、積んでみようか並べてみようか、なんていう以前に、どれから触ったらいいやら、イメージなんてぜんぜん湧かないかもしれません。
だからかばんねこは、はじめは「立方体だけを、8個」おすすめしています。
そしたら、選択肢が少ないからこそ「あれを持とう」「これをとなりに…」なんて、具体的な行動につながりやすい^^

 

積み木は、大人が子どもの様子を見ながら、すこーしの配慮とともに、子どもに手渡してゆくことが大切になってきます。
(最初の8個からどんなふうに増やしていくのか、白木とカラーはどんなふうに扱えば良いのか、いろんな形は揃えたほうが良いのか…いろいろな疑問は、またあとで書きますね。)

 

積み木を使って、建物や飛行機、動物、ひと、公園やおうち、いろんなものを想像豊かに作って遊ぶ子どもの姿はとてもすてきで、頼もしさも感じられて、ちょっと誇らしい気もします。
でもなにより、子ども自身が楽しそうに、いきいきと遊び込む姿が、親としてとてもうれしい^^
手指を使ってできることも、イメージをかたちにしてゆくやり方も、どんどん変わり育っていく喜びもあります。

 

かばんねこに、ご相談くださいね。おうちにある積み木や、好きなことも、お知らせください。
積み木をどんなふうに子どもに用意していけばいいのか、一緒に考えます。
親はどんなふうに関わるのがよいのか、ヒントをお伝えすることもできます。
ぜひぜひ、お手伝いさせてくださいね^^

かばんねこでの積み木ワークショップの様子。こんな機会も、また作っていきたいです^^

今日開けてます!とコーヒー焙煎講座のお誘い

お店のこと 0 Comments

かばんねこは今日の日曜日、やってます^^
(運動会できました!)
24日(月祝)25日(火)はすみません、お休みです。

***********
コーヒーを自分で焙煎からしちゃう講座、空きがありますよ。
焙煎したコーヒーのお土産と一緒に、いい香りをおうちまで連れてかえりませんか^^
お子さんとご一緒も大丈夫です。

かばんねこで、コーヒー焙煎講座

小さな人形のあそびは

おもちゃ 0 Comments

自由遊びの日、雨の日だったけれど、遊びにきてくれてありがとう!

ドールハウスのあそびは2歳半か3歳くらいから始まりますが、大きくなるごとに遊び方は変わってきます。

はじめは家具だけなど、身近なちいさな場のあそび。
お人形をうごかして、ひとりごとを言いながら遊ぶ時期もあります。

写真の食事の光景をつくってくれた女の子。
お部屋ぜんぶを使って、いろんな場ができていました。
お人形を動かして、頭のなかにはどんな物語が生まれていたのでしょうね^^

自分の生活を再現して楽しみ、日常のできごとを再体験して自分の感情を感じあじわう遊びでもあります。

うーんと没頭して、あそんでほしいな^^

**********
明日の小学校の運動会が開催されたら「日曜日」営業
延期になったら「月曜日の祝日」営業
明日あらためて、お知らせします(_ _)

こちらにも小さな家族の様子が^^

自分の背丈くらいまで大きいものを作るって、それだけでわくわくする!

サボテンを倒さずにぜーんぶ挿せた!ので、とってもうれしそうでしたよ^^

おもちゃの定位置

お店のこと, おもちゃ 0 Comments

2歳さんくらいから触ってほしい「しごと」の木のおもちゃ

「しごと」ができるおもちゃは、2歳さんくらいから触れる高さのところに置いておきます。

子どもが真剣な顔で手を動かして作業して(遊んで)いる様子は見ていてとても頼もしくて、うれしい。

かばんねこにくると、いつも最初に遊ぶおもちゃが決まっている子もいます。
同じおもちゃだからこそ、訪れるごとに、その子の遊びの様子が育ち変わっていくのがとてもよくわかる。
それもやっぱり、すごくうれしい!

かばんねこはひそかに、ちいさなお客さまのお母さん気分であります。

いっぱい、あそびにおいでね^^

知は、心の動きとともに

ワークショップ 0 Comments

小さな子どもほど、知識は感情を通して知らされることが大切です。
楽しさやわくわくや、感動…、
いろんな心の動きとともに。

それを体現しているもののひとつが、シュタイナー教育の「フォルメン」という方法なんだろうなと思います。

大人自身がまず、体験してみませんか^^

 

9/19(水)大人が感じるシュタイナー教育「フォルメンを体験しよう」

ページトップ(新)