子どもといっしょに、ゆっくり育とう。

   かばんねこのブログ

ぴったりのものを贈る。たべものも、くつも、おもちゃも。

子どもをおもう 0 Comments

サンタさんの夢は、子どものときだけに贈ることができる、大切な時間です。
サンタさんは、その子にいちばんぴったりのものを贈ってくれるはず。

 

いちばん近くで子どものことを見ているお母さんは、子どもが好きなことや今できること、ちょっとがんばればできそうなことを、誰よりも知っています。
だから、子どもにとっていちばんぴったりのものを、贈ることができます。

 

「こういうことができてほしいから」よりも
「こういうことができてきたから」
「流行っているから」よりも
「今、こんなことに夢中だから」
「文字や数に興味をもってほしいから」よりも
「文字や数をたずねたり、数えたり読んでみたりしているから」

 

親の願いからではなくて、子どもの姿に寄り添って、選んでほしい。
できること、やってみたいことを繰り返して遊ぶうちに、子どもは自分の力でしっかり育ちます。

 

だから、あれこれと先んじて与えなくても、子ども自身がもつ「育つ力」を信じて待つ、それだけでいいのです。

 

ただ、
子どもの「これがほしい!」ということばは、子どもの本当の欲求なのかどうかは、考える必要があります。
子どもがもつ情報は、ほんの狭い世界からもたらされるものです。

 

テレビCMやちいさな友達の世界のなかで選ばれた「これがほしい」と、あんなモノもあるこんな世界もあると知っている大人が、その子をしっかり見て贈るものとの差は、びっくりするほどちがいます。

 

子どもの言う通りに従うことは、思いやりではなく、ただのサボりです。

 

だから、小さな子ほど、子どもに「なにがほしいの」と聞いてはいけません。
子どもののために食べ物を選んだり、くつをしっかり合わせて選ぶように、ご自身の価値をしっかり感じながら、子どもに贈るおもちゃを選んでほしい。

 

サンタさんのおしごとは、悩ましくも楽しい、限られた子供時代だけの、すてきなお仕事です。
ぜひぜひ、ぴったりの贈りものに出会えますように。
かばんねこも、お手伝いできたらうれしいです^^

 

写真は今日、男の子がじっくり取り組んでいたミニボールゲーム。
ああいいな、どんな想像かなとうれしくなってしまう。

明日も19:30まで開けていますよー^^

明日はカプラ!

お店のこと 0 Comments

あしたは、カプラで遊ぼう!の日です^^
子どもだけじゃなく、やってみたい大人もおいで!

あとは「カプラチャレンジ」
カプラをつかって、難しい積み方に挑戦だー!

ちびさんはちびさんなりに、
大きい子は大きい子なりに、
大人も自由におもうままに、
あそんでみようー^^

 

あ、土日は19:30まで営業です!

12/15(土)カプラで遊ぼう!ナイアガラの滝つくるぞー!

 

 

ビー玉あそびから、知ることもたくさん!

おもちゃ 0 Comments

小さい子は、ビー玉の転がるおもちゃがとってもすきですね。
1歳にならない子も、ビー玉のゆくえをじーーーーーっと見ている、真剣な顔。すてきすぎる^^

けれど、
お口にいれちゃうと危ないから、かならず大人と一緒でないと遊べないの。
とっても残念。

なら、でっかい玉ならどうだ!

でっかい玉のクーゲルバーン!

玉は、しっかり握ってしっかり放せる、5センチほどの大きいサイズです。
1歳さんころには、ココと決めた場所にしっかりモノを置いて手を放すことができるから、あそびもスムーズ!
誤飲の心配もありません。

 

スタートの場所から、途中から、
ひとつの玉で、たくさんの玉で、
つるんとした玉で、ギザギザの玉で、
そしておうちにあるいろんな大きさの玉で。
いろんなように、試してみるでしょう。

 

積み木なんかも、転がしてみようとします(「転がるかたち」をまだ知らない頃とか)。
そして結局転がらずに、だけどレールの端から端まで積み木をずらーーーーっと並べる遊びになったりするのですが、これも楽しい。
「これは転がるかな?」「こうしたらどうなるかな?」
そんなちょっとした好奇心が、だけど1歳さんの「知りたい!やってみたい!」意欲が、いろんな遊びに発展するのです。

レールだけを使って、こんなあそびも!

レールは自由に組むことができますし、組んだものは簡単に崩れないようになっています。
だから、力加減がまだまだの1歳2歳さんも、しっかり遊べます。

もちろん上の写真のようにレールを単体で使うこともできますから、大人のお手伝いやアイディアで、いろんなことに挑戦できるでしょう。

 

よいおもちゃには、いろんな遊びが展開できるおおらかさがあります。
たいていはとてもシンプルなつくりで、使いやすく、修理もしやすい。

 

またそのシンプルさは、子どもが身の回りの「あたりまえ」を知るためのものでもあります。
「ものは上から下に動く」「玉のかたちのものは転がる」「かくかくしたのは転がらない。でも、積める」
そんな「あたりまえ」に出会いながら、経験の知は増えていきます。

 

シンプルなつくりだから、目で見て、自分の手を動かして、しくみがわかる。理屈がわかる。
電気で動くもの、画面上で操作をして遊ぶものにはない、育つ子どもたちのための「良さ」があるのです^^

 

小さな成功体験の積み重ねも、おくりもの

おもちゃ 0 Comments

2歳さんからあそべる、クマのメモリーゲーム。はじめのはじめは、おんなじくま集めから^^

たとえば、神経衰弱のあそび。
ぜひぜひ体験してほしい遊びだけれど、最初の導入に失敗すると「もうやりたくない!」「にがて…」になっちゃう。

 

あそびのなかで小さな成功体験を積み重ねていけば、できたからうれしいし、できるから楽しいし、できたから自信になるし、もっとやりたい!と意欲がわきます。

それがうまくいっているときは、おもちゃが子どもの育ちをぐぐーんと応援してくれる、大活躍の道具になっているとき。

「集中してものごとに取り組めるように」とか「考える力を育てたい」とか、大人が子どもに求めることは、遊びの過程にちょっと目を配ったり配慮してあげるだけで、ちゃーんとあとからついてくる。

 

だから、小さい子に贈るかたには、遊びをすすめていくやりかたをお伝えしています。
神経衰弱のおもちゃだけじゃないですよ、ぜんぶのおもちゃのね^^

 

もうすぐサンタさんから、きっとぴったりの、よいおもちゃが届くはず。
そこに大人のちょっとした目と配慮がプラスされれば、そのおもちゃは子どもにとって、ほんとうに楽しい、うれしい、よい贈りものになります。

ぜひぜひ、お手伝いさせてくださいね^^

「どうやって遊ぶんですか?」よりまずは、触って!

おもちゃ 0 Comments

 

どうやって遊ぶんですか?と大人のかたに聞かれることが多い、虹の積み木。

でも、子どもたちの手にかかれば、あーらふしぎ^^

どんな遊びかたも、どーんとおおらかに受け止めてくれる、
曲線と色の美しい、良いおもちゃです。

ちょっと触っているうちに、「こうしてみたらどうなるかな?」を試してみるうちに、なんだか夢中になっちゃう。

小さい子も、大きい子も、自分のできることをフルに使って、自由に、思うように、存分に関わっていけます。

かばんねこで、どうぞ触ってみてくださいね^^

色のなかま集め

車のトンネル

交互に積んでみた!

大人の作品

想像あそび

ドールハウスにも^^

小学校高学年の子が、じっくり、丁寧に

少しずつずらして、色を楽しむ

「サンタさんはいないの?」

子どもをおもう 0 Comments

かわいいツリーができていました!

「サンタさんはいないの?」
上のきょうだいや友達からサンタクロースなんていないと教えられて、下の子の信じている気持ちがゆらいでしまう。

毎年お客さまから、そんなお話があります。

 

やっぱり、正直に伝えるに限ります。
大事なのは「何を」正直に伝えるかということ。
サンタさんはいないよ、っていうバカ正直ことじゃなくて!!!

 

友達はもう、しょうがない。
いちばん信頼している家族が守ってあげれば十分です。
小さな子にとっては家族の言うことが、ほんとうだから。
だから「上の子」に、正直に伝える。

 

あなたは、サンタさんを信じていたときがあるでしょう。
サンタさんが来てくれること、どう感じていたの?
わくわくして、ずっと楽しみで、プレゼントがあったときは、本当にうれしかったでしょう。

 

それは、
お母さんやお父さんが、あなたのサンタさんの夢を大事にしたからです。
一緒にサンタさんの話をして想像したり、絵本を読んで一緒にわくわくしたり、プレゼントの手紙を書いたりしたでしょう。
あなたがサンタさんのことを想像したり、楽しみに待つ「うれしい気持ち」を、わたしたちは大事にしたかったのです。
あなたが、とっても幸せそうだから。

 

その喜びを、お母さんとお父さんは、あなたにあげたのと同じように、下の子にもちゃんとあげたい。

 

だから、
あなたはもうサンタさんの夢をおしまいにしたかもしれないけれど、勝手に小さな子の夢をおしまいにすることは、してほしくない。
あなたがサンタさんの夢をわたしたちに大事に守ってもらったように、今度はあなたが、小さい子のサンタさんの夢を大事にしてあげてほしい。

 

そんな伝え方は、いかがですか^^
ちなみにかばんねこの高校1年生の兄ちゃんには、サンタさんが来ます!
「サンタさんに何お願いするのー?」
「うーんマフラーと手袋かなー」
ほうほう…

お手伝いします!

おもちゃ 0 Comments


サンタさんのお手伝いをしています。
ダンボールや無地の袋に入れてみたり、
車のトランクまで運んでみたり^^

 

筆談でこっそりやりとり、楽しいです。
なんでも、どーんと言ってみてくださいね!

 

今日の営業は19:30までです^^

 

****************

歯車のおもちゃ、楽しいです。
色もそうですが、「木の手触りと重み」がとっても気持ちいい^^

 

遊びの楽しさもそうだけど、素材の心地よさは、五感をめいっぱいつかって生きる子どもたちにはとても大事なことと感じています。

 

ぜーんぶくっつけてみたら、どうなるかな?
重ねてみたら、どうなるかな?
軸をなくしてみたら、どうなるかな?
楽しさの中で、いろんなこと、試してみて!

 

ちょうどぴったりの道具に出会う

おもちゃ 0 Comments

明日から、土日祝営業します^^
(お休みは木曜だけ)
土日祝に限り、19:30まで開けますね。

 

さて
今日きてくれたちびさん、2歳さん?
大きなビーズのひも通しを、ひもの通すところが無くなるまで、じっくり遊んでくれました。

 

日頃はこういう遊びをしていないとのこと、
ママも「できるんですね!」とうれしそうにひも通しを買っていかれました。

 

ちょうどいいときに、ちょうどいい遊びの道具に出会えること。
子どもが楽しさとともにぐぐっと育つ、うれしい機会です。

 

ぜひぜひ、よい道具とのいい出会いを求めて、おいでくださいね。
お子さんへの贈りものに、親のみなさんが「いちばんいいな」と納得して選ばれるものに出会えますよう、がんばります。

 

**********

はじめてのひも通しは、大きいビーズ。
しっかり握りやすいので、安定します。
穴も大きくて、達成感が得やすいです^^

 

最初は、穴の長さが短いものからね。
穴の長さが長いものがあるけれど、難しめのものは試行錯誤のしどころ!
ひも通しに慣れてきたら、ぜひぜひ穴の長いものを増やしてあげてください。
右手左手それぞれに、手指の調節や力加減をしっかり体験することができます。

 

自分の仕上げた「しごと」が、目で「長さ」としてはっきりわかるのも、ほんとうにうれしいこと!

動かないで!

おもちゃ 0 Comments

廃盤になっていた「動かないで」が戻ってきてくれて、とってもうれしい^^

「どうしてもほしいんです!」と求められて、サンプルにしていた子も旅立っていったほど、楽しいゲームです。

 

むずかしいルールはありません。
大きいかったり小さかったりの3種のコマを、バネで挟まれた枠からひとつずつ抜いていきます。
バネで挟まれていますから、ひとつ抜けたぶん、仕切りが動きますよ。
そのときに、他のコマが動かなければOK!
少しでも他のコマが動いたり、カチャッとか鳴ったりしたら、ダメー(^O^)アウトー

名前のとおり、「うごかないで!」って言っちゃうもん。
簡単なしくみのゲームだけど、くっつきあうコマの配置をよく見きわめる必要があります。
大きいコマほど得点も高いから、目先の利益にも惑わされたり。
繊細で、大騒ぎのゲームです。

 

かばんねこ家でも、大活躍でした。
家族のゲームに、ぴったり、たのしい!
クリスマスの贈りものに、ご覧になってみてくださいね^^

子どもを育てる「モノ」と「ヒト」から

ワークショップ, 子どもとそだつ 0 Comments

オーボールは、いろんなふうに遊べるんだよ!シフォンをつけて、流れ星。どんなふうに投げるかで、シフォンの動きが変化する。

土曜日は、かばんねこのたぶん4周年講座でした。
テーマは『子どもが育つ「モノ」と「ヒト」』。
東京から「遊び環境コーディネーター」の横尾泉さんにおいでいただき、おもちゃとあそびと育ちのお話をしていただきました。

オーボールにチェーンをつけて、ガラガラに。チェーンが偶然に外れる体験から、「外す」ための発見と試行錯誤がはじまる。

なにより気を引き締めたくなったのは「わたしたちは、大人も子どもも望むと望まざるとにかかわらず、いろんな情報と刺激にさらされている」お話。
そう、やっぱりスマホ、タブレット。デジタルゲーム、ユーチューブ。

 

ちょっと画面を触るだけで、すぐに面白いことが起こる。それに反応して操作すると、またすぐに刺激が返ってくる。刺激→反応、刺激→反応…。

 

楽しいし、刺激が続くから子どもも飽きずに、あっというまに時間が過ぎる。
おとなを煩わせることなく、ひとりでしずかに遊んでいてくれる。
面白いよね、楽しいよね。でもそれって、「集中して遊んでる」っていうのかな?
繰り出される刺激に目や気を奪われているだけじゃない?
そしてほんとうなら、4歳ならできていた、5歳ならできていたことが、できない。
本来なら遊びのなかで体験してきていることを、満足に経験していないのかもしれない。
保育園の活動のなかでも、十分に発達してしかるべきところまで至っていない、そんな事例が多くなっているのだそうです。

 

そうしてそんなデジタルな遊びの世界に慣れてしまうと、たとえば積み木のように自分から働きかけなければなにも変わらない、自分の手や頭を動かさなければ面白い世界には行けない、そんな一見「地味」な遊びには戻ってこられなくなってしまいます。
どうやって遊んだらいいのか分からない、やろうと思ってもできない、困ったときの解決策が模索できずみつけられない、だからつまらない、そんなふうに。

 

本来なら、たとえば積み木をひとつ積んで、もうひとつ積んで、すこしずつできることをやっていってみたら、すっごく面白い世界が待っていた!そんな喜びと、楽しみと、達成感をいっぱい感じられるあそびの世界です。
大人も子どもに体験してほしいと願っている遊びと育ちの豊かな世界に、出会えずに、体験できずに、深められないままに、大きくなってしまう。

お話を聞きながら、子どもの遊ぶ様子をみる。よい遊びの道具の「良さ」に出会えたかな^^

だから、
0・1・2歳の頃が、とっても大事!
ただ手に持つだけ、ただ動きを見るだけ、ただ箱に入れるだけ、ただ並べるだけ、ただ積むだけ…。
そんなことを、子どもたちは「ただ楽しいから」やっている時期。

 

押したら玉が動いた、「楽しい!」
積み木を3個ならべたら長くなった、「うれしい!」
大きい順番にしてみたらきれいにならんだ、「おもしろい!」
箱にぴったりおさまった、「きもちいい!」
いい音が鳴った、「すき!」
子どもたちは自分の手を動かして、そこで起こったことをひとつひとつ体験し感じながら、その経験をじぶんのなかに落とし込んでゆくのです。
そうしていろんなことを試し、うまくいったりいかなかったりしながら、いろんな経験の知もたくわえていく。

 

大人はすぐに「このおもちゃで遊んだら○○できるようになりますか?」「これをやったら集中力がつきますか?」そんなふうにすぐに結果を求めてしまうけれど、
でも本当は、そこに行き着くまでの「過程」こそ、大事にするべきことです。

 

子どもの遊んでいる「過程」を大事に見て、子どもができるように上手に配慮したり、起こったことを一緒に喜んだり残念がったり、子どものうれしさや悔しさに共感したり。
そうした「過程」を大事に受け止めていれば、大人が求めている「結果」は、きちんとついてきます。

 

「知る」ということは、「慣れる」ということでもあります。
どうか01.2歳の「初めて」がたくさんのうちに、子どもにいろんなモノに出会わせてあげて。

箱は、大活躍のあそびの道具。この木製のスタックボックスは、丸い穴がすべての箱にあいていることがすごくイイ!赤い子が、窓から外を見ています。物語がうまれるよ^^

駐車場のお知らせ

ワークショップ 0 Comments

いよいよ明日は、かばんねこのたぶん4周年講座です。
参加される方にとって、楽しい時間、よい体験、うれしい学びになってくれますように。

 

かばんねこも、お店で、ブログで、しっかり学んだことをお客さまにきちんと届けていけますように。
これからも努力いたしますので、どうぞ、よろしくお願いいたします!

 

☆明日の営業は講座があるため、15時から18時です。

 

☆駐車場のお知らせ
講座に参加されるかたのお車は、第2駐車場に詰め込みになります。
先生に質問などでお帰りをゆっくりにしたかったり、ちょっと歩いてもいいかたは、下記「忠霊塔広場」にお車をとめてくださいますようお願いいたします。

3連休の営業は

お店のこと 0 Comments

明日23日(金)は祝日ですが、開けますよー!

 

ツリーの準備に、
お部屋のクリスマス飾り、
アドベントカレンダーの準備、
お手伝いします。
サンタさんの下見もね。

お店に無いものはお取り寄せもできます。が、お早めに!

 

11/23(祝)10-18時営業
11/24(土)講座のため15時-18時営業
11/25(日)10-18時営業

 

サンタさんに何を頼もうかな?って、
みんなでおいでね^^

サンタさんの飾り、向きで表情がかわります^^

木彫りのカットが美しい、素朴な壁飾りです

トナカイが、いけてます

ツリーのオーナメントもいろいろ

今年のクリスマスの棚です

アドベントカレンダーは、12/1が始まりですよ!

 

ページトップ(新)