かばんねこ店主ブログ
コドモト

レンタルスペースも少しずつ

がんばってるママたちへ
『リラックス&ナチュラルケアの会』

レンタルスペースで、新しいイベントが^^
ママたちが心を開放してゆっくりできる、良い時間になりますように。

コロナのいろいろがあるけれど、
子どもたちの元気には、お母さんの心の余裕がいちばんだいじ。
まずはお母さん自身が自分を大事に、たいせつに。

5/17(月)
10-13時
がんばってるママたちへ
『リラックス&ナチュラルケアの会』



******
昨日のお手伝い募集の記事では、思いがけなくたくさんのかたからお声がけをいただきました。
ありがとうございます^^
今日は所用があったためすべてお返事ができていないのですが、かならずお返事をいたします。
どうぞ、よろしくお願いいたします…!

春のアンブロシウスドールと、やっと勇気を出す

春のアンブロシウスドール

春のアンブロシウスドールたちが来てくれました。
かわいいお花たちの真ん中、いい顔で立っているのは風と虹です。

じつは、
しばらく記事なども書かずずーんとしていたのですが、
おもちゃ屋をどうしていきたいのか、うろうろ中でした。

けれど、やっぱり自分だけでささっとは決められないですね。
ずっと縁をくださっているかた、
初めておいでになって喜んでくださる方、
日頃お声がけくださり今後もかかわっていきたい保育園さん、
そしてかばんねこがあって良かったと言ってくださるお声などもほんとうにありがたいことで、これからも役にたつことができたらとやっぱり願ってしまいます。

ひとりで仕事をしたくてやってきたけれど、
できずにため込んでいることがたくさんで
あれもやらなきゃこれもやらなきゃが負担になってきました。
もっと学びたいことがあるし、アイディアをかたちにしたいし、そちらに時間を使いたい。

お手伝いしてくださるかたを得たいです。
とりあえず午前中のみ、月水金ようび
パソコンが使えることが必要で
できれば写真をきれいに撮ってくれるとうれしいです。
ご興味あるかた、お声がけくださいますとうれしいです^^

気持ちいい素材で

ひょうたんマラカス

ひょうたんのマラカス
自然の手触りそのままです。
さらさら、するする、気持ちいい。

お米が入っています。
しゃらしゃら、しゃかしゃか、小さないい音がします。

そして、中身を抜くから当然なのだけど、
軽い!のがなんだかふしぎ。

自然素材そのものの心地よさです。
ぜひぜひ、赤ちゃんに贈りたい!

赤ちゃんは、
見て、聴いて、触って、嗅いで、味わって…、
五感で自分のいる世界を知っていきます。

だから、どの子もどの子も
ああ、気持ちいい
ああ、いい音
ああ、いいにおい
ああ、きれい
そんなふうにして、
「ああ、ここ好き!」
って、安心していられるといい。

だからね、やっぱり、
おとなの方自身が、心地いいもの。
感じて、選んでほしいです^^

明日はあかりのいえ

あかりのいえ

明日は「あかりのいえ」
10-15時、お好きなときにおいでくださいね^^

おいしいごはんとおやつと、
かわいい雑貨に黒保根のいい野菜、
いい香りのイベント
そしてあかるい優しい人たち。

かばんねこも開けていますよ^^
いろんな楽しみと喜びに会いに、おでかけくださいね。

 どこでままごとしようか?

ままごとキッチン木遊舎

今日はおひさまが気持ちいいから、窓のところで。
今日はおばあちゃんが遊びに来てるから、おばあちゃんの座っているそばで。
今日は妹にじゃまされたくないから、高いテーブルで。
お母さんの夕ご飯作りと一緒に仕事がしたいから、台所で。
「汚れたらすぐに拭くよ」という約束で、タオルを持ってお外で。

どこで、あそびましょう^^?
そんな「ここであそびたい!」に応えてくれるキッチンです。

持ち運びやすいように持ち手がついていて、
後ろにある引き出しはキッチン棚に変身してくれます。
引き出しに食材や道具を詰め込んで、好きなところに運びましょう。
ここで!と決めたら、
引き出しを抜き出してキッチンの上に立てて…、さあお料理しましょ!

思い出します、
かばんねこの秋田の実家には、すぐ近くに空き地がありました。
ままごとの具材になる草花がたくさん。
小枝や石ころ、土や砂も。
家の前には蛍が来る用水路があって、水汲み場がありました。
だから、
そのへんで拾った空き缶や使わなくなったお皿でままごとをしていました。

なんでもない遊びです。
ただの日常です。
けれど、すごく、覚えています。
きっと、
「とてもいいこと」だったのだろうなと思います。
だから子どもたちにも、その楽しみを渡したかったですね。

不器用なだんなさんにキッチンを作らせ…ってもらって、
不器用だからいろいろ変なところがあったのを、作らせた手前ぐっとこらえ…なくもなかったけれど、
子どもたちはそんなことはお構いなしに、よく遊びました。

もうままごとは卒業してしまったけれど、
かれらが親になったときに
ままごとが、子どもに渡したい遊びのひとつになってくれているといいな。

あなたは、どんな遊びが心に残っているでしょう。
子どもたちに、その喜びを贈りたい遊び。

ご相談くださいね。
かばんねこがお手伝いできたら、うれしいです^^

小黒三郎さんの節句人形が入りました

小黒三郎節句人形が入りました

小黒三郎さんの5月の節句人形が入りました。
円武者三段飾り(小)
かぶと童子と熊・金太
この2点です。

荷が届くたびに、どの子が届いたのかな…とわくわくしながら開けています。
お探しのかたに出会ってもらえるといいです。

子どもの成長を祝うものなのだから、
子ども自身が見て触れてうれしくて、遊んで楽しいものを。

子どもたちがいろんなふうに並べて、組んで、積んで、
思うように遊ぶ姿がとてもすてきです。

そうして、おとなの皆さんには
新しい5月を迎えるたびに、ぐんと大きくなっている子どもの姿をみつけてほしいなとおもいます。
毎年毎年、あ、去年と遊び方がちがうな、こんなこともできるんだな、頼もしいなと…
小黒三郎さんの節句人形がくれる喜びとともに迎える
5月でありますように。

はりこーシカたちとなやむ

かばんねこのはりコーシカたち

群馬4月のおひなさまにさよならして、こいのぼりたちが主役になりました。
はりこ―シカは、ぱあっと元気な色とかわいらしさが魅力です。

かばんねこのひそかなおすすめは、金太郎とくまとうさぎのセット。
腹かけの背中がわ…金太郎のおしりが…
かわいいっ!のです。
ぜひぜひ、背中がわのほうからのぞいてみてくださいね。
(そのためにオープンな置き方をした)

小黒三郎さんの組木の節句人形は、
ただいまは小さい子たちのみあります。
5月までにはまだ何度か荷がとどくでしょうから、その度に届いたものをお知らせしますね。

来期の段飾りなどのご予約については、近郊の来店のかたのみ取り扱っています。
全国からご希望の電話やメールをいただきますが、取り扱える数が限られているためその全てにお応えすることができません。
縁をくださる地域のかたの役に立てることが、かばんねこの最初からの願いです。
ですので、やはり心苦しいのですが、そうさせていただいています。

と、ここまで書いて、なんかスイッチがはいりました。
選ぶこと、決めること。

何を選んで、何を選ばないのか。
何を良しとして、なにを良しとしないのか。
何をして、何をしないのか。
「できるできない」でなく「するかしないか」。
お店を続けるなかでも、このコロナのばたばたのなかでも、悩んで選んで決めてきました。
選んでやってみて、失敗したなあと後悔することもあります。
そのすべての責任はわたしにあって、次のために学ばないといけない。

子どもを育てるときもそうだったなと思います。
選ぶ、決める、選ぶ、決める…
ほんとに責任重大で
親であることに謙虚でいないとなあと、もうおしまいの頃なのに、変わらず冷や汗が出る思いでいます。

で、
この文、どうやって締めたらいいでしょうか
今日はまとまりません、だらだらです

体験と知恵とこころを使う遊び

かばんねこのままごとスペース

店が広がってうれしくなった場所のひとつは、おままごとの棚です。
み、見やすくなった…ですよ!

野菜や果物も、市場の棚のように並べてみました。
小さなカゴに、わくわくと選んでみてくださいね。

子どもたちはとりあえず、この左側にある小さなおうちに入りますね。
キッチンと赤ちゃんが眠るベッドがある、小さなスペースです。
でも、それしか目に入らないようになっているからでしょうね、すっと世界に入ります。

お料理を作って、赤ちゃんのお世話をして、もりつけて…。
ちゃぶ台に運んで、お母さんやお父さんにごちそうして、洗い物。
あかちゃんのおんぶもして、ミルクものませて、ああ忙しい。

「いいにおいがしてきたよ」
「あ、ちょっとまってね、すぐだっこするから」
かわいいおしゃべりもとてもすてき。

おうちの方が、おっしゃることがあります。
「おうちでは遊ばないのにここではすごく遊ぶんです」

不思議ですね、でも、そういうことはあります。
もちろん、いつもと違う場所だからというのもあるでしょうね。
でももしかしたら、
キッチンの置き場所を変えるだけで、
道具の置き方を工夫するだけで、
「まるごと野菜や果物」だけの食材に「チェーンリングやフェルトのような見立てる素材」を増やすだけで、
足りないかもしれない道具を増やしてみるだけで、
多すぎる道具や具材を整理するだけで、
調理器具や食器の大きさを変えてみるだけで…、
遊び方が変わるかもしれません。

かばんねこに、ご相談くださいね。
ままごとは、くらしのまねごと。
手を動かすこと、想像すること、おしゃべりすること、考えること、工夫すること、いろんなことを同時にすすめること、ひとをおもうこと、いろんな知恵と経験とこころを総動員するあそびです。

たくさんたくさん遊んで、おおきくなってほしいですね^^




新しいチャレンジをレンタルスペースで

だんだんと、イベントに使っていただける機会もふえてきました。

レンタルスペースには、
・ダイソン空気清浄機
・講師用のアクリルパーテーション
も増やしてみました。
主催者さん、お客さまの安心の材料になってくれるといいです。

4月からは、
レンタルスペースにて新しく
フラ教室の親子クラス【16:30-17:20】
パン教室
が始まったりします。
1日カフェあかりのいえも再開しました。

わくわくとすてきな夢を抱いて、
キッチンにて「販売用の菓子製造」をされるかたもみえています。

気持ちいい、輝くような季節。
あたらしいチャレンジの、良い場所になれますように。
かばんねこのレンタルスペースに、ぜひぜひお手伝いさせてくださいね^^

にじの恩物をどうぞ

にじいろガーベ

かばんねこの新しいおもちゃ、
にじいろガーベ。

自然界の完全なかたち「球」がモチーフになっています。
ドイツの教育学者フレーベルが「神の贈りもの」としたおもちゃです。
日本では「恩物」と呼ばれていますね。

やわらかい球を、
握ったり放したり、
紐をつまんで持ってみたり、
ゆらしたり、ひっぱってみたり。

かごから出したり、入れてみたり。
投げてみたり、拾ってみたり。
紐どうしをくぐらせて、球をつなげてみたり。
どこかいい出っ張りに、ひっかけてみたり。

コットン100%の毛糸で編まれた、ふんわりやわらかい球たち。
ぜったいに大活躍してくれる編みかごもついています。

子どもたちは、どんなふうにこのおもちゃに働きかけるでしょう。
大人たちは、このおもちゃでどんなふうに赤ちゃんと触れ合うでしょう。

わらべうたといっしょにゆらしてみるだけでも、きっと赤ちゃんはわくわくと、じーっと見つめてくれるでしょうね。
赤ちゃんと暮らすかたに、ぜひぜひ出会ってほしいです。

お店が新しくなって、ちょうどぴったり、迎えられました。
赤ちゃんの棚のまんなかで、みなさんをお待ちしています。

にじいろガーベ








かばんねこひろがった⑤

かばんねこ店リフォーム

おもちゃをあっちにやったりこっちにやったり、
並べたり降ろしたり、
こちらの部屋の方もすこしずつ変わってきています。

お客さまからのすてきな縁で入れることができた、
赤ちゃんのための新しいおもちゃも、はやく場所をきめてお披露目したいです。
色がぱっとして、手触りが良くて…。
来週には、ぜひ紹介させてくださいね。

新しいエアコンもついたよ!
空気清浄機能つきです。
ので、お客さまの安心の材料になってくれるかな。
(そして同じくらい大事なこと、これで夏もちゃんと涼しくなる…!)

「あかりのいえ」イベントも再開します!
またあの、あかるい穏やかな会に会えますね。

レンタルスペースは
廊下部に空気中のウイルスを不活化させてくれる漆喰壁を増やしました。
そしてこちらにも空気清浄機を入れる予定。
そして、講師のためのパーテーションも。
レンタルスペースの方も、ぜひお役立てくださいね。

これからもどうか、縁をくださるかたの役にたっていけますように…!


かばんねこひろがった④

かばんねこ店リフォーム

ままごとの場所ができました。
この場所が小さいひとたちの良い場所になるだけじゃなくて、
大人のかたにとっても、よい気づきの場所になってくれるといいです。

子どもたちの遊びこむ姿は、きっといろんな「ヒント」を教えてくれると思います。
「あ、この道具があるといいみたい」とかはもちろん、
「大きなままごとキッチンがあればもちろん良いけど、それがあれば遊びが充実するというものではないんだな」
「ままごとのスペースは【生活の場所をつくる】ということなんだな」って。

お家にあるのが小さなおもちゃのキッチンでも、
子どもが立って作業するのにいい高さに置いてあげていたり、
お鍋やフライパンと一緒にちゃんとお玉やフライ返しがあったり、
食材があるだけじゃなくて、ごはんを作った後に「はいどうぞ」「いただきます」ができる、茶碗やお皿やコップ、フォークやお箸がある。
おぼんもあるといいね!
そしてそれらをおうちの食器棚のように、きちんと整えて置ける棚がある。
食器を洗うスポンジやふきんもあるといいですね。
エプロンとかもね。

「ちいさなおうち」をつくる感じです。
ままごと道具が他のおもちゃたちと一緒におもちゃ棚に並んでいるんじゃなくて、小さいスペースでもいいのです、「ここはおうちですよ」の場所をつくる。

かばんねこの「小さいおうち」が、子どもにとっても大人にとってもよい場所になりますように。
天井を低くすることの良さも…感じられるといいな^^