子どもとあなたと、おもちゃと遊びと。

子どものいい顔^^

子どもの発達を知れば、子どものことが分かります。
新生児、3ヶ月、6ヶ月、1歳、2歳、3歳 …
いま、あなたのお子さんには、どんな力が育っているでしょう。

少しの間でいいです、子どもをよく見ながら、一緒に遊んでみてください。

そのうち、
あ、小さな物もつまめるんだな、指が器用になってきたな、だったら指を使うおもちゃが楽しいかな…?

そんなふうにして、
親指が開いてきたら 握って遊ぶおもちゃ、
大きい・小さいが分かる頃には 大きさの違うはめ絵パズル、
想像遊びの友達には お人形さん…
…って、
「今の子どもの育ち」と「今後の子どもの育ちを助けてくれるもの」が、だんだん分かってきます。

子どもと遊んでいるうちに、自然に子どもの姿が見えてくるから、分かるんです。

また、子どもの「今」の姿が見えてくると、
どんなふうに声をかけたらよいか、
どんなサポートが必要なのか、
何ができて何が難しいことなのか…、
そんなこともだんだん分かってきます。

そうなってくると、
自然に親子のコミュニケーションもスムーズに、
もっと心が通じて、互いに信頼を寄せ合うような、
仲良しになれます。

なぜかというと、
目の前の子どもが今、
何ができて何ができないのか、
何が分かっていて何が分かっていないのかを知っているから。
そしてそれを知ればこそ、今までよりわかりやすく言葉かけをしたり、手伝ったりできるからです。

それに、そんなふうに分かってくると、
無駄に子どもを叱ったりしてイライラすることがなくなっちゃうし。
子どもも、大人から無理な要求やお叱りを受けずにすむし。
子育てが「楽」で、「楽しい」んです^^

なにより、おもちゃで子どもたちと楽しく遊びながら!っていうのが、いちばんのミソです。
子どもも私たちも大人も、いい顔で、ニコニコ楽しくいられるのがいちばんですものね!

子どもの育ちに寄り添った良いおもちゃを通じて、子どもと周りの大人のみなさんが、楽しくいい顔で毎日を過ごしてくれることが、私の喜びで、願いです。

ページトップ(新)