ぜひぜひ出会ってほしい、おままごと具材たち!

おもちゃ 0 Comments

明日20日(水)お休みをいただきます。
かわりに21日(木)いつもは定休日ですが、営業いたします。
どうぞ、あそびにおいでくださいね^^

**************

 

売り切れていた、ちくちくのへや・かもさんの「鳴きバナナ」たくさん入りました^^

かもさんのフェルトのままごと具材は、とてもかわいい。

丁寧な針目も、何度も試行錯誤してたどり着いただろうその形も、どれもほんとうにすてきです。

ちくちくのへや 鳴きバナナ

ちくちくのへや 鳴きバナナ

ちょうどいいところを握ると、きゅっきゅっと、鳴きます。赤ちゃんのにぎにぎにもぴったり!

ちくちくのへや かもぱん

ちくちくのへや かもぱん

ふわっふわの食パンに、クリームパン、あんぱん、いろいろ!

ちくちくのへや かもいちご

ちくちくのへや いちごちゃん

いちごは、お母さんの手によってちびさんの髪飾りになって、かばんねこに遊びに来てくれたりします^^

ぜひぜひ、手にとってこの質とかわいさを感じてみてほしいです。どんなにか、時間や手間をかけて練られたものか、わかります。

でもなにより、ほんとうにほんとうにかわいいので、単純にほしくなっちゃうのだけど^^

あっ!おにぎりもあります!(写真を失敗した。ああー)

***********************

まいにち育つ、こどものために。
こどもと育つ、おとなのために。

木のおもちゃの専門店・
レンタルスペース&キッチン
かばんねこ

電話 0277-46-6644
(10-17:30 木土祝お休み。留守電OK!)

お問い合わせフォーム(どしどしどうぞ)

かばんねこのイベントはこちらをみてね

************************

1歳半ころの育ちのあそび「道具」

おもちゃ 0 Comments

1歳さんに、モノといれもの 

入れ物に、いれたい!

1歳半ころになると、子どもたちはだいぶ自由に手を使えるようになります。

それがとってもうれしいんでしょうね^^どんどんいろんなモノに触り、手に取り、指先を使ってかかわっていきます。

写真のように、モノを入れ物にいれる。出す。だいすきです^^

 

道具を使い始めることも、このころの育ちですね。

手首の力もコントロールできるようになるので、ハンマーのおもちゃはとってもぴったり。

まずはボールをコンコンして落とすような「的」の大きいものがいいですね。

1歳半ころ、ハンマーという「道具」をつかう木のおもちゃ パロ

1歳半より前なら、手でぎゅっと押して玉を落とします。道具を使う前に、自分の手に直接力を加えてあそびます^^

でも、上手にたたくく位置を調節できるようだったら、下の写真の杭のように、狙いを定めてたたかなければいけない「的(まと)」の小さいものがきっと楽しいでしょう。

1歳半の道具の木のおもちゃ、ハンマーベンチ

1歳半ころ、手の延長としての「道具」を使えるようになります。

できることを夢中になってあそぶ、子どもにぴったり。

ぜんぶ杭を打ってしまったら、板を裏返すとあらふしぎ、またはじめから遊べます^^

 

子どもは、自分のできることを総動員しておもちゃに向かい、「真剣に」遊びます。

そして、同じことをなんどもやってみるその繰り返しのなかで、なにかに気づいたり、新しいことがぽっとできたり、少しづつ少しづつ、自分で自分を育てていきます。

具体的な「モノ」に自分からかかわることで、自分のいる世界を知り、自分のできることを増やしていくのです。

ほんとうに、頼もしいですね^^

 

ぜひぜひおもちゃたちに、子どもたちが育つお手伝いをしてもらってくださいね!

***********************

まいにち育つ、こどものために。
こどもと育つ、おとなのために。

木のおもちゃの専門店・
レンタルスペース&キッチン
かばんねこ

電話 0277-46-6644
(10-17:30 木土祝お休み。留守電OK!)

お問い合わせフォーム(どしどしどうぞ)

かばんねこのイベントはこちらをみてね

************************

おひさまと風と、あそびましょう^^

おもちゃ 0 Comments

晴れましたね^^

ということで、シャボン玉です。

 

おやすみの日に、お庭や窓から。

おでかけ先の公園で、いろんなところで。

おひさまの光を受けて、シャボン玉がぴかぴかと輝きながらふんわりただよう様子は、見ていてとっても楽しいものです。

ふうふうと一生懸命に吹き口に向かう子どもの顔も、とてもかわいい。

たまたま通りがかったりして、おもいがけなくシャボン玉がとんできたりすると、子どもだけでなく大人にとってもうれしいものだったりしますね^^

 

かばんねこがだいすきなのは、くまのシャボン玉。

頭のぼうしを取ってくまのおなかをきゅっと押すと、くまのなかから吹き口が登場!そのままふうーっとできます。

ふうふうするためにくまをまっすぐに持つので、ちびさんが吹くことに夢中になってもシャボン液がジャーっとなりません(あるある…)。

 

シャボン玉は、笛とおんなじで、お口をいっぱい使うので、おしゃべりをする筋肉のちからを楽しく応援してくれる道具でもあります。

シャボン玉で、おひさまと風と、あそびましょう^^

赤ちゃんに人気のおもちゃ

おもちゃ 0 Comments

赤ちゃんの木のおもちゃベルハーモニー

赤ちゃんの木のおもちゃ ベルハーモニー

赤ちゃんが、必ずといっていいほど手をのばしてくれるおもちゃです。

鮮やかな色にまずは、心ひかれるのかもしれません。そして手をのばして触れてみたら、カランコロン、カタンコトン、木のベル同士がぶつかりあういい音がします。わあっというこころの声が聞こえるようです。

それからは、もう夢中です^^
ベルをつかもうとがんばってみたり、ベルの間に手を入れて自分で音を出してみたり、リングの取っ手をしっかり掴んで大きな音を鳴らしてみたり。

赤ちゃんが自分から手を伸ばしてくれるって、やっぱりいいおもちゃだなあと嬉しくなります。

 

赤ちゃんがおもちゃの面白さに誘われて、それに自分からかかわって遊ぶことは、手をのばし、触り、動かして…、必ず「手を動かすこと」がついてきます。

これはなんだろうな、触ってみたいな、そんなわくわくのきっかけから、子どもはどんどん手をのばし、どんどん手を使うようになります。そうして、そんなふうに実際に「見て・触れて・聞こえて・匂いがかげて・味わえる」具体的な「モノ」をつうじて、赤ちゃんは自分の身の回りのものごとを知っていきます。

手は第二の脳といわれます。
ものを「わかる」ために、手を動かす。赤ちゃん自身がやりたくてしかたがない、大事なしごとです。

おもちゃはそんな赤ちゃんに、いつでも、どんなときも、どんなふうにも、そしていつまでもつきあってくれる、ぴったりの安全な道具です^^

まずは色が鮮やかで、ちびさんが手をのばしたときに、しっかり握れるものがよいですよ。

 

ちくちくのへやのおままごと道具

おもちゃ 0 Comments

ちくちくのへや 鳴きバナナ

ちくちくのへや「鳴きバナナ」はいりました^^

かばんねこはさっそく、バナナの切り口の青いとこと、房のさきっぽの茶色いとこにやられました。

おまけにかばんねこのリクエストで、バナナが鳴きまキュ。

バナナにあるあるシールがまた心をかき乱します。

いちごちゃんといっしょに、ぜひぜひどうぞ^^

ちくちくのへや いちごちゃん

かもパンもね。

食パンなんて、お人形のベッドにもなる優れものです。

ちくちくのへや かもぱん

赤ちゃんに贈る環境

おもちゃ 0 Comments

赤ちゃんとモビール

子どもにどんなものを見てほしいのか。

なにを良いものと感じてほしいのか。

親は子どもの環境「お家」に、その願いをこめることができます。

赤ちゃんの部屋の相談を受けて、

改めて、そう思いました。

 

床は無垢材、壁は珪藻土…なんていうこともそうですが、

もっと、身近なことで。

たとえば、家具の素材や、デザイン。

身につけるものや、食材(自然素材や有機とか、その作られ方とか)。

ほかにも、食器やお家の飾り、おもちゃなど、細々とした暮らしの道具たちの、素材やデザイン。

本や音楽などの、「すきなもの」たち。

 

わたしたちは、こんなものを「良い」と思っているのですよ。

こういう「良さ」を、あなたにも贈りたいのですよ。

そんなふうに、

わざわざ言わなくても、自分たちの暮らしを「つくる」ことで。

 

そのなかでも、

赤ちゃんにはじめのはじめに贈ることができるおもちゃは、モビールです。

ただぼんやり目の前にあるものを見るだけでなく、

子どもが「自分から見ようと思って見る」。

そんな自発的な気持ちを促してくれる、いいおもちゃです。

 

ゆっくり、ゆっくり動く、きれいな色のモビール。

それは、赤ちゃんの楽しみになるだけじゃなく、

葉っぱの不思議な模様、

雨上がりのクモの巣、

ひかえめに咲く小さな花…。

自分から、自分の目に映っているもののなかから

「見たいものに気づく」

そんな見る力を、ゆったりと応援してくれます。

 

もし、

赤ちゃんにモビールを贈るなら、

あお向けに寝ている赤ちゃんのおなかの上、

ちょうど自然に視線がとまるところに

下げてあげるといいですよ^^

コマがやってきたー!

おもちゃ 0 Comments

ひもごまいっぱい!

今日は14時までの営業でした。

すみません、また明日から、お待ちしています!

 

さてさて

ひもごまが、いーーーーーーっぱい、入りました^^!

巻いたひもがズレにくいように、ひもを巻くコマ裏に、らせんの溝が彫ってあります。

大きさも「大」「小」と2種類ありますから、小さな手にも、握りやすくて回しやすくて、うれしい!

そしてうまくいったら、すっごくうれしい!!

 

もちろん溝のない、ふつうのひもごまもあります。

色が6色、お好きなのを選んでくださいね^^

 

ちなみに…

かばんねこはこの溝があるコマで、はじめてコマを回せたのです!

うれしいよー!!

 

あ、手回しコマも、いろいろありますよ^^

小黒三郎さんの節句人形・組木のちいさなお雛さま、ございます

おもちゃ , 56 Comments

小黒三郎さんの節句人形・お雛さま

小黒三郎さんの節句人形・お雛さま

以下の記事にて在庫のあるもの以外、2018年の入荷はありません。

2019年分のおひなさま、また2018年2019年五月人形の予約も、いったん中止させていただいております。

お探しの方には、申し訳ありません…!(2018・2.26追記)

***********************

小黒三郎さんの組木の節句人形、ちいさなお雛さまが届いています。

素材も、かたちも、色も、かわいくて美しい。

子どもたちにも大人のみなさんにも、いっぱい触って、いろんなように飾って、あそんで、「お祝い」を楽しんでほしいなと思います。

 

※以下は在庫のあるものです。随時更新しています(税抜価格)。

KH265円びな(小)7,500円

KH282梅の花坐りびな(小)7,200円

KH228ハートびな(小)6,500円

KH233バラの花びな・ぼんぼり付き(小)6,500円

KH216桃の花びな(小)3,000円

KH204さかずきびな(小)2,800円

KH218ちょうびな(小)2,200円

KH214椿の花びな(小)2,000円

KH116貝びな 5,500円

KH201花びな(小)2,000円

KH523ウマノアシガタの花びな 1,800円

 

※以下はご予約を承ります(税抜価格)。

申し訳ありませんが、工房の製作のすすみにより、節句を過ぎてのお渡しになることもございます。

KH312銀杏びな(大)17,000円

KH112銀杏びな 11,000円

KH117円びな 11,000円

KH265円びな(小)7,500円 

KH280薔薇の花びな・枠付き 11,000円

KH128ハートびな 9,300円

 

もしお気持ちに沿うものがありましたら、下記にてお問い合わせくださいませ。

お役に立てましたら、嬉しく思います^^

電話 0277-46-6644
(10-17:30 木土祝お休み。留守電OK!)

お問い合わせフォーム

 

お店では、おもちゃをこんなふうにご案内しています

おもちゃ 0 Comments

気がつけば、サンタさんが来てくれる日まで、あとすこし!

そして気がつけば、クリスマスプレゼントのおすすめを全く紹介していないおもちゃ屋さんがここに…。

 

ということで、今日ご案内してみるおすすめは、「パターンブロック」。

たくさんのいろんな形のパーツを使って、模様づくりを楽しむおもちゃです。

 

パターンブロック

パーツのひとつひとつの形が、数学的にしっかり計算して作られているから、

自分の好きなように、適当に並べていくだけで、美しい幾何学模様が生まれます。

 

そのひみつは、

基本となる一辺の長さが2.5センチ。

そして基本の角度が、30度・60度・90度・120度だから!

 

まあ、難しいことは後から知ればいいのです。

こんなふうに、

ぴったりそろう気持ちよさと、すっきり整う面白さ。

それをいっぱい体験するうちに、子どもはその遊びの道具から、いろんなことに気づいていくでしょう。

 

もちろん、お勉強としてじゃない。

けれど、難しいことはわからなくても、

手を動かして、考えて、いろいろ試して、また考えて…、

そうやって、あそびに集中するうちに出会う子どもたちの知りたい!分かりたい!の知のわくわくを、存分に満たしてくれるおもちゃです。

 

パターンブロック

いろんなかたちで、同じ形を作れたよ!どうやったか、得意そうに教えてくれる^^

 

厚みがあるので、並べるだけではなくて、積むようにしても遊べます。

模様だけじゃなく、子どもたちは絵を描くようにしても楽しみます^^

 

パターンブロック

 

積木でもいろんな形を使いこなせるようになる、3歳さんくらいからおすすめしています。

もちろん学童期の子にも、大活躍してくれますよ。

知る楽しさや分かるわくわくは、子どもが自身の力で、楽しく、めいっぱい体験するべきものですからね。

 

ほんとうにこれはね、すっごくおすすめ!大人もスキです^^

というか、かばんねこもすごく好き。

かばんねこの子どもたちも、いっぱい遊びました。

あそびの楽しみとともに、手を動かす楽しさ、かたちができていくわくわく、なにかに気づく面白さ、そんな喜びをいっぱいもらった遊びの道具です^^

 

パターンブロック

 

好きなように並べて、積んで、形や色をの楽しみを、いっぱい感じてくれるといいな^^

指先をしっかり使って、力を加減して、形を整えるように調節して並べる楽しさも、子どもたちはすきです。

そんな手の仕事をさせてくれる、よい遊びの道具でもありますね。

 

 

みんなだいすき、汽車ポッポ

おもちゃ 0 Comments

木のおもちゃ 汽車の手押し車 

汽車のいい音が聞こえるときは、かばんねこで、子どもが遊んでいます^^

押して歩くと、ポッポッポッ

乗って足こぎ、ポッポッポッ

 

木のおもちゃ 汽車の手押し車

 

大人のかたも、手押し車を見るつもりで何気なく動かして、

「ポッ」という音に「わっ」とびっくりして、

子どもと同じに、いい顔を見せてくれます^^

 

おもちゃたちに出会える場所を作ることができて、ほんとうによかったです。

 

木のおもちゃ 汽車の手押し車

 

そして明日は!

新しい看板がつきます。

もう、「通り過ぎちゃいましたよー」とは、言わせませんっ!

 

あそびの道具で、変わるもの

おもちゃ 0 Comments

お人形遊びに

 

お人形の新しいおんぶひもと、お手玉が届きました^^

おもちゃコンサルタントの作家さんが、かばんねこのすきな鳥柄を多くして作ってくれました。

子どもの体と、どんな大きさのお人形さんにもぴったり。

どれもそれぞれにかわいくて、しあわせです。

 

お手玉も、星模様と、やっぱり鳥柄。

ちいさくプリントされた鳥もまた、かわいくてたまりません。

なかに入っているペレットのしゃらしゃらした手触りと音も、心地よいです^^

 

お人形とおんぶひも

 

おんぶ紐は、昔ながらのおぶい方ができます。

子どもの背中に人形のおなかがぴったりくっついておんぶできるので、お人形が子どもの背中でぶらぶらしないし、とても気持ちがいい。

体どうしがぴったりくっつくとおんぶが安定するので、そのままお料理を作ったりお掃除したり、他の家事もスムーズにできます。

赤ちゃん人形のおしりをたまにぽんぽんしたりして、お世話もじょうず。

 

子どもにとっても、赤ちゃん人形とぴったりくっつく安心感も大好きだし、ぴったりして重心がぐらつかないから、体も疲れないし、心地よい。

お世話する子どももお人形も、安心で、心地よくて、おんぶがだいすきになっちゃいます。

 

いつも自分がしてもらっているように、お人形をお世話してあげる。

どの子もだいすきな遊びです。

豊かに遊べるように、ぴったりの良い道具を用意してあげたいですね。

 

ひものかけ方も、子ども自身が手を使って、上手にできるようになりますよ。

赤ちゃんをおんぶひもごと背中に背負ったら、

紐を胸の前で✕印に交差させて、

手探りで赤ちゃんの脚の付け根のところにある輪に紐を通して、赤ちゃんのおしりを安定させます。

さいごに、その紐を自分のお腹の前に持ってきて、ぎゅっと結ぶ。

ゆっくり、丁寧に、何度も見せてあげることで、

ちょうちょ結びまで、しっかりできるようになります。

 

もちろんそれは、「おんぶひも」があることで、

手を使い、ちょうちょ結びをする機会が、たくさんになるからです。

 

小さな子がだれでもするお人形遊びのなかに、

こんなあそびの道具がひとつあるだけで、

子どもが手を使う機会が、ぐんと増える^^

 

単なる「遊び道具」だけれど、その道具を選ぶだけで、

子どもの遊びは良くも悪くも、変化します。

 

あなたは子どもに、どんなあそびの「道具」を用意してあげたいですか^^

クリスマスのご相談も、承りますよ(わっ宣伝だ!字なんか薄くして、いやらしいわねー)

 

お人形と子ども

おもちゃ, 子どもとそだつ 0 Comments

お人形と子ども

お人形は、子どものそばにいてほしいおもちゃのひとつです。

自分がだっこしてもらうように、抱っこしてあげる。

自分がいつもしてもらうように、お世話してあげる。

うれしくて、楽しくて、誇らしい。

 

自分の体験したうれしいことを、
お人形で追体験して、喜びを一緒に感じたり。

自分の体験した悲しいことを、
お人形で追体験して、悲しみを一緒に感じてもらって気持ちを整理したり。

 

だから、お人形は、「モノ」ではありません。

ひとりのともだちで、ひとりの家族になれます。

そしてその体験は、とても大事なものだったりします。

 

だから、大人のかたにお願いしたいことがあります。

子どもが別の遊びをしていたりお出かけしていたり、お人形で遊ばないときのお人形の居場所を、お部屋に用意してほしいなと思います。

おもちゃ箱にボン!ではなくて、

イスに座って、またはお布団にねんねして、

ひとりの「ひと」として、友達を待っていられる場所を用意してほしいなと思います。

 

お茶碗や家具なんかも、そうですよね。

大人がまずは、大事にする^^

その姿から、子どもは自然に学びます。

お人形と子ども