ビー玉あそびから、知ることもたくさん!

おもちゃ 0 Comments

小さい子は、ビー玉の転がるおもちゃがとってもすきですね。
1歳にならない子も、ビー玉のゆくえをじーーーーーっと見ている、真剣な顔。すてきすぎる^^

けれど、
お口にいれちゃうと危ないから、かならず大人と一緒でないと遊べないの。
とっても残念。

なら、でっかい玉ならどうだ!

でっかい玉のクーゲルバーン!

玉は、しっかり握ってしっかり放せる、5センチほどの大きいサイズです。
1歳さんころには、ココと決めた場所にしっかりモノを置いて手を放すことができるから、あそびもスムーズ!
誤飲の心配もありません。

 

スタートの場所から、途中から、
ひとつの玉で、たくさんの玉で、
つるんとした玉で、ギザギザの玉で、
そしておうちにあるいろんな大きさの玉で。
いろんなように、試してみるでしょう。

 

積み木なんかも、転がしてみようとします(「転がるかたち」をまだ知らない頃とか)。
そして結局転がらずに、だけどレールの端から端まで積み木をずらーーーーっと並べる遊びになったりするのですが、これも楽しい。
「これは転がるかな?」「こうしたらどうなるかな?」
そんなちょっとした好奇心が、だけど1歳さんの「知りたい!やってみたい!」意欲が、いろんな遊びに発展するのです。

レールだけを使って、こんなあそびも!

レールは自由に組むことができますし、組んだものは簡単に崩れないようになっています。
だから、力加減がまだまだの1歳2歳さんも、しっかり遊べます。

もちろん上の写真のようにレールを単体で使うこともできますから、大人のお手伝いやアイディアで、いろんなことに挑戦できるでしょう。

 

よいおもちゃには、いろんな遊びが展開できるおおらかさがあります。
たいていはとてもシンプルなつくりで、使いやすく、修理もしやすい。

 

またそのシンプルさは、子どもが身の回りの「あたりまえ」を知るためのものでもあります。
「ものは上から下に動く」「玉のかたちのものは転がる」「かくかくしたのは転がらない。でも、積める」
そんな「あたりまえ」に出会いながら、経験の知は増えていきます。

 

シンプルなつくりだから、目で見て、自分の手を動かして、しくみがわかる。理屈がわかる。
電気で動くもの、画面上で操作をして遊ぶものにはない、育つ子どもたちのための「良さ」があるのです^^

 

小さな成功体験の積み重ねも、おくりもの

おもちゃ 0 Comments

2歳さんからあそべる、クマのメモリーゲーム。はじめのはじめは、おんなじくま集めから^^

たとえば、神経衰弱のあそび。
ぜひぜひ体験してほしい遊びだけれど、最初の導入に失敗すると「もうやりたくない!」「にがて…」になっちゃう。

 

あそびのなかで小さな成功体験を積み重ねていけば、できたからうれしいし、できるから楽しいし、できたから自信になるし、もっとやりたい!と意欲がわきます。

それがうまくいっているときは、おもちゃが子どもの育ちをぐぐーんと応援してくれる、大活躍の道具になっているとき。

「集中してものごとに取り組めるように」とか「考える力を育てたい」とか、大人が子どもに求めることは、遊びの過程にちょっと目を配ったり配慮してあげるだけで、ちゃーんとあとからついてくる。

 

だから、小さい子に贈るかたには、遊びをすすめていくやりかたをお伝えしています。
神経衰弱のおもちゃだけじゃないですよ、ぜんぶのおもちゃのね^^

 

もうすぐサンタさんから、きっとぴったりの、よいおもちゃが届くはず。
そこに大人のちょっとした目と配慮がプラスされれば、そのおもちゃは子どもにとって、ほんとうに楽しい、うれしい、よい贈りものになります。

ぜひぜひ、お手伝いさせてくださいね^^

「どうやって遊ぶんですか?」よりまずは、触って!

おもちゃ 0 Comments

 

どうやって遊ぶんですか?と大人のかたに聞かれることが多い、虹の積み木。

でも、子どもたちの手にかかれば、あーらふしぎ^^

どんな遊びかたも、どーんとおおらかに受け止めてくれる、
曲線と色の美しい、良いおもちゃです。

ちょっと触っているうちに、「こうしてみたらどうなるかな?」を試してみるうちに、なんだか夢中になっちゃう。

小さい子も、大きい子も、自分のできることをフルに使って、自由に、思うように、存分に関わっていけます。

かばんねこで、どうぞ触ってみてくださいね^^

色のなかま集め

車のトンネル

交互に積んでみた!

大人の作品

想像あそび

ドールハウスにも^^

小学校高学年の子が、じっくり、丁寧に

少しずつずらして、色を楽しむ

お手伝いします!

おもちゃ 0 Comments


サンタさんのお手伝いをしています。
ダンボールや無地の袋に入れてみたり、
車のトランクまで運んでみたり^^

 

筆談でこっそりやりとり、楽しいです。
なんでも、どーんと言ってみてくださいね!

 

今日の営業は19:30までです^^

 

****************

歯車のおもちゃ、楽しいです。
色もそうですが、「木の手触りと重み」がとっても気持ちいい^^

 

遊びの楽しさもそうだけど、素材の心地よさは、五感をめいっぱいつかって生きる子どもたちにはとても大事なことと感じています。

 

ぜーんぶくっつけてみたら、どうなるかな?
重ねてみたら、どうなるかな?
軸をなくしてみたら、どうなるかな?
楽しさの中で、いろんなこと、試してみて!

 

ちょうどぴったりの道具に出会う

おもちゃ 0 Comments

明日から、土日祝営業します^^
(お休みは木曜だけ)
土日祝に限り、19:30まで開けますね。

 

さて
今日きてくれたちびさん、2歳さん?
大きなビーズのひも通しを、ひもの通すところが無くなるまで、じっくり遊んでくれました。

 

日頃はこういう遊びをしていないとのこと、
ママも「できるんですね!」とうれしそうにひも通しを買っていかれました。

 

ちょうどいいときに、ちょうどいい遊びの道具に出会えること。
子どもが楽しさとともにぐぐっと育つ、うれしい機会です。

 

ぜひぜひ、よい道具とのいい出会いを求めて、おいでくださいね。
お子さんへの贈りものに、親のみなさんが「いちばんいいな」と納得して選ばれるものに出会えますよう、がんばります。

 

**********

はじめてのひも通しは、大きいビーズ。
しっかり握りやすいので、安定します。
穴も大きくて、達成感が得やすいです^^

 

最初は、穴の長さが短いものからね。
穴の長さが長いものがあるけれど、難しめのものは試行錯誤のしどころ!
ひも通しに慣れてきたら、ぜひぜひ穴の長いものを増やしてあげてください。
右手左手それぞれに、手指の調節や力加減をしっかり体験することができます。

 

自分の仕上げた「しごと」が、目で「長さ」としてはっきりわかるのも、ほんとうにうれしいこと!

動かないで!

おもちゃ 0 Comments

廃盤になっていた「動かないで」が戻ってきてくれて、とってもうれしい^^

「どうしてもほしいんです!」と求められて、サンプルにしていた子も旅立っていったほど、楽しいゲームです。

 

むずかしいルールはありません。
大きいかったり小さかったりの3種のコマを、バネで挟まれた枠からひとつずつ抜いていきます。
バネで挟まれていますから、ひとつ抜けたぶん、仕切りが動きますよ。
そのときに、他のコマが動かなければOK!
少しでも他のコマが動いたり、カチャッとか鳴ったりしたら、ダメー(^O^)アウトー

名前のとおり、「うごかないで!」って言っちゃうもん。
簡単なしくみのゲームだけど、くっつきあうコマの配置をよく見きわめる必要があります。
大きいコマほど得点も高いから、目先の利益にも惑わされたり。
繊細で、大騒ぎのゲームです。

 

かばんねこ家でも、大活躍でした。
家族のゲームに、ぴったり、たのしい!
クリスマスの贈りものに、ご覧になってみてくださいね^^

存在感のあるツリーです

おもちゃ 0 Comments

RSグローバルトレード社のクリスマスツリーです。
葉の色が緑のグラデーションになっていて、枝もたっぷり。まるで本物の木のよう。
葉がぽろぽろ落ちないのもうれしい^^

 

ツリーをお求めくださったかたには、美しい木製オーナメントをさしあげています。

かばんねこには150センチのツリーを飾っています。
ぜひぜひ、ご覧になってみてくださいね^^

オーナメントも、たくさん^^

 

表現できる道具

おもちゃ 0 Comments

アーチレインボウ

アーチレインボウで、あそんだ、あそんだ、
きれいだった!

 

小学生の「やってみよう!」は、
小さい子とはまたちがう良さと美しさがありますね。

アーチレインボウ

対称や間隔、順番、細かなところに面白さをみつけて組んでいきます。

シンプルで美しくて、自由な表現を手軽に気軽にさせてくれる、いい積み木です。
なんにも気構えをせずに、ただ並べて、ただ積んで、思いついたことをやってみる。
それだけで、十分に「自分の」表現があらわれてくる。

評価もなにも関係ない、純粋なあそびのなかで生まれる表現は、とてもいきいきしています^^

アーチレインボウ

おんぶだっこひもと、手をつかうこと

おもちゃ 0 Comments

かわいい「おんぶだっこひも」が、たくさん入りましたよー^^!

かばんねこのおんぶだっこひもは、昔ながらのひもタイプ。
だから、赤ちゃんと自分の体がぴったりくっついて、しっかり「おんぶしてる感」「だっこしてる感」があります。

 

ご飯をつくったり、かがんだり立ったり、いろんな家事をしても赤ちゃんやひもがズレにくいから、ままごと遊びも充実します。

そして大事なことは「手を使う」こと!
ひもを輪っかに通したり、お腹の前でしっかり結んだり、じぶんの感覚と手を存分に使うことができます。

 

「じぶんでできる」「うまくできるようになった」それを、子どもが自分でしっかり感じることができる。

あそびの道具は「どんなものを用意するのか」で、いろんな喜びや豊かさがうまれてきます^^

 

ひかりと遊ぶ

おもちゃ 0 Comments

サンキャッチャー

サンキャチャーに、紙をあてて遊ぶ^^

 

今日は太陽の光がうれしかったですね!
かばんねこのサンキャッチャーも、きれいな虹をたくさん産んでくれました。

 

紙を近づけたり遠ざけたり、
湾曲させてみたり反らせてみたり…。

 

ひかりが、虹が、踊る!踊る!!

 

サンキャッチャーはこんなふうに、ただ眺めるだけでなく自分からどんどん関わって、自由にひかりと遊ぶことができます。

 

自然の不思議と、美しさと、あそぼうー^^

 

「こんなふうにしてみたい!」に応えてくれる

おもちゃ 0 Comments

虹のカウンティングブロック

枠のなかに積み木を置いていくうちに、
「ぴったり入れてみたい」って思ったんだね^^

 

ぴったりうまくいったり、
「あれ?これじゃない」って入れ替えたり、
その試行錯誤が、とても楽しい。

 

その、いい顔!

 

そこに現れる静かな興奮を感じるのが、
わたしたち大人の楽しみですね^^

 

「こうしてみたい」「ああしてみよう!」

その意欲に応えてくれるおもちゃが子どものそばにあることの、ありがたいこと。

かばんねこも、たくさんその喜びをもらってきました。

虹のカウンティングブロック

縦にぴったりは、こんなふうに美しい階段に^^

積み木は、子どもの育ちとともに

おもちゃ 0 Comments

虹の積み木 グリムス

はじめは、こんなセットのなかから、カラーの積み木を8個だけ出して^^

「積み木をあげたくて」とかばんねこにみえるお母さんお父さんがいらっしゃいます。
手を動かして遊ぶことを大事と感じたり、想像を形にして遊ぶ体験を与えてあげたいという願いを感じて、うれしく感じます。

 

積み木は、しっかりモノを持ってお口で調べたり指で確かめたりする赤ちゃんの頃から小学生時代まで、関わり方を変えてずーっと仲良しでいてくれる、良いおもちゃです。
かばんねこも、ぜひぜひおうちにあってほしいなと思っています。

 

ただ見てのとおり、積み木はとーっても「じみ」なおもちゃです。
ただの四角いものがたくさんある。色がついてたりするけど、なんかいっぱいある。
子どもにとってみたら、そんな感じかもしれませんね。

 

大人は遊び方を知っていて良いものと感じるから贈ってあげたいなと思うけれど、積み木は自分から働きかけなければ動かないし、すぐにぱっと分かる面白みもありません。
なので、積み木だからと親が夢いっぱいに大きな積み木セットを用意しても、子どもが遊ばない(遊べない)ということもあります。

 

大人もそうですよ、きっと。
たとえば、いろんな食材…お肉、魚、キャベツ、大根、ブロッコリ、卵、りんご、牛乳、豆腐をいきなり目の前に出されて、「さあ料理しなさい」と言われても、何から手をつけていいやら、どんなものを作っていいやら、混乱します。
でももし、キャベツと卵だけだったら、「こうしてみよう」「あれから始めよう」が、もっと簡単にできるはず。少なくとも、混乱はしないのではないでしょうか^^

 

子どもも同じです。
立方体に直方体、円柱の長いのに短いの、三角の大きいのに小さいの…。そんな積み木たちをいーっぱい目の前に出されても、モノが多すぎて、積んでみようか並べてみようか、なんていう以前に、どれから触ったらいいやら、イメージなんてぜんぜん湧かないかもしれません。
だからかばんねこは、はじめは「立方体だけを、8個」おすすめしています。
そしたら、選択肢が少ないからこそ「あれを持とう」「これをとなりに…」なんて、具体的な行動につながりやすい^^

 

積み木は、大人が子どもの様子を見ながら、すこーしの配慮とともに、子どもに手渡してゆくことが大切になってきます。
(最初の8個からどんなふうに増やしていくのか、白木とカラーはどんなふうに扱えば良いのか、いろんな形は揃えたほうが良いのか…いろいろな疑問は、またあとで書きますね。)

 

積み木を使って、建物や飛行機、動物、ひと、公園やおうち、いろんなものを想像豊かに作って遊ぶ子どもの姿はとてもすてきで、頼もしさも感じられて、ちょっと誇らしい気もします。
でもなにより、子ども自身が楽しそうに、いきいきと遊び込む姿が、親としてとてもうれしい^^
手指を使ってできることも、イメージをかたちにしてゆくやり方も、どんどん変わり育っていく喜びもあります。

 

かばんねこに、ご相談くださいね。おうちにある積み木や、好きなことも、お知らせください。
積み木をどんなふうに子どもに用意していけばいいのか、一緒に考えます。
親はどんなふうに関わるのがよいのか、ヒントをお伝えすることもできます。
ぜひぜひ、お手伝いさせてくださいね^^

かばんねこでの積み木ワークショップの様子。こんな機会も、また作っていきたいです^^