あそびのなかにある、育ちのたね

ワークショップ 0 Comments

最後までやりきって、すっきり!満足!これが子どもの育ちの大事なこと^^

おもしろい!やってみたい!と思ったことに、目も、手も、頭も…!

体ぜんぶを総動員して、全力をかたむけて取り組むこと。

そうしながら、自然に集中すること。

そして「できた!」という自信や、「楽しかった」「すっきりした」という充実感をもって自分で(!)終わらせること。

 

遊びのなかでのこうした一連の体験は、子どもが自分自身を成長させる、だいじな経験です。

作業に集中することをつうじて子どもは落ち着きを取りもどし、最後までやりきる満足が、子どものさらなる意欲を育てるからです。

落ち着いて満たされた、その子本来のすてきな姿が現れてきます。

 

22日(日)のシュタイナーの濡らし絵体験も、シンプルな作業のなかに、喜びと意欲をかきたてるわくわくがたくさん詰まっています。

大人ご自身も色と遊びながら、惹き込まれるような子どもの姿をご覧になりに、おいでくださいね^^

水で濡らした画用紙に、絵筆で色を置いていきます。いろが広がり、他の色と混ざり、にじみ、模様をつくる…楽しいです^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA