赤ちゃんに贈る環境

おもちゃ 0 Comments

赤ちゃんとモビール

子どもにどんなものを見てほしいのか。

なにを良いものと感じてほしいのか。

親は子どもの環境「お家」に、その願いをこめることができます。

赤ちゃんの部屋の相談を受けて、

改めて、そう思いました。

 

床は無垢材、壁は珪藻土…なんていうこともそうですが、

もっと、身近なことで。

たとえば、家具の素材や、デザイン。

身につけるものや、食材(自然素材や有機とか、その作られ方とか)。

ほかにも、食器やお家の飾り、おもちゃなど、細々とした暮らしの道具たちの、素材やデザイン。

本や音楽などの、「すきなもの」たち。

 

わたしたちは、こんなものを「良い」と思っているのですよ。

こういう「良さ」を、あなたにも贈りたいのですよ。

そんなふうに、

わざわざ言わなくても、自分たちの暮らしを「つくる」ことで。

 

そのなかでも、

赤ちゃんにはじめのはじめに贈ることができるおもちゃは、モビールです。

ただぼんやり目の前にあるものを見るだけでなく、

子どもが「自分から見ようと思って見る」。

そんな自発的な気持ちを促してくれる、いいおもちゃです。

 

ゆっくり、ゆっくり動く、きれいな色のモビール。

それは、赤ちゃんの楽しみになるだけじゃなく、

葉っぱの不思議な模様、

雨上がりのクモの巣、

ひかえめに咲く小さな花…。

自分から、自分の目に映っているもののなかから

「見たいものに気づく」

そんな見る力を、ゆったりと応援してくれます。

 

もし、

赤ちゃんにモビールを贈るなら、

あお向けに寝ている赤ちゃんのおなかの上、

ちょうど自然に視線がとまるところに

下げてあげるといいですよ^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です