お人形と子ども

おもちゃ, 子どもとそだつ 0 Comments

お人形と子ども

お人形は、子どものそばにいてほしいおもちゃのひとつです。

自分がだっこしてもらうように、抱っこしてあげる。

自分がいつもしてもらうように、お世話してあげる。

うれしくて、楽しくて、誇らしい。

 

自分の体験したうれしいことを、
お人形で追体験して、喜びを一緒に感じたり。

自分の体験した悲しいことを、
お人形で追体験して、悲しみを一緒に感じてもらって気持ちを整理したり。

 

だから、お人形は、「モノ」ではありません。

ひとりのともだちで、ひとりの家族になれます。

そしてその体験は、とても大事なものだったりします。

 

だから、大人のかたにお願いしたいことがあります。

子どもが別の遊びをしていたりお出かけしていたり、お人形で遊ばないときのお人形の居場所を、お部屋に用意してほしいなと思います。

おもちゃ箱にボン!ではなくて、

イスに座って、またはお布団にねんねして、

ひとりの「ひと」として、友達を待っていられる場所を用意してほしいなと思います。

 

お茶碗や家具なんかも、そうですよね。

大人がまずは、大事にする^^

その姿から、子どもは自然に学びます。

お人形と子ども

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA