かわいいかわいい、木のブローチ

おもちゃ 0 Comments

木のブローチ

かわいい、かわいい、木のブローチ!

 

木のブローチが、じみーに人気です^^

かわいいかわいいと、ちいさい女子もおおきい女子も、楽しそうに選んでくれる姿がかわいい。

 

 

帽子につけて、かばんにつけて、おでかけに。

小さい贈りものに。

大きい贈りものの、小さいおまけに。

 

 

ハリネズミや馬、ひよこにうさぎ、恐竜、いろいろですが、

今日は、

ゾウさんのなかに、かばんねこを紛れ込ませてみました^^

 

 

***********************

まいにち育つ、こどものために。こどもと育つ、おとなのために。

木のおもちゃと手仕事屋かばんねこ

℡ 0277-46-6644(10-17:30 木土祝お休み)
お問い合わせ(どしどしどうぞ)

かばんねこのイベントはこちらをみてね

木のおもちゃの専門店に、子どもと、お孫さんと、遊びにおいで!
キッチンと、おもちゃと絵本のあるレンタルスペースでイベントを開こう

*************************

ぱちん!の気持ちよさが育ててくれるもの

おもちゃ 0 Comments

ジョージラック パズル ねこ 2歳3歳~大人まで

大きい・小さい、色の変化が育ててくれるもの。そして、ぱちんとはまるパズルの気持ちよさが育ててくれるもの。

 

これ、かばんねこがだいすきなパズルです^^

何が良いって、おんなじデザインのねこさんが5匹、おしゃれに5重パズル!

 

 

大人の目にも美しかわいいデザインで、大人自身が「ああ、良いな、持ちたいな。家にあるといいな」と感じるものが子どもの道具としてあることが、とてもうれしいなとおもうのです。

 

 

そして、それぞれのねこさんが、黄色の小さい子から順々に、パチンパチンと枠に収まってゆく気持ちよさ!

子どものあそびのなかには、「ぱちん」とか「ぴたっ」とか、そんな音が聞こえてくるような場面がたくさんあります。

パズルや形合わせ。長さがぴったりの積木。ペグとペグさしの穴、モザイクあそび…。

 

 

あるべきものがあるべき場所におさまることは、誰にとっても気持ちのいいことです。

とくに子どもにとって、この気持ちよさは、とっても大事。

 

 

それは、

ぱちん、ぴたっ、という気持ちよさと一緒に、「できた!」という成功感を感じられるから^^

 

 

いろんなことが「まだ」できない小さな子にとって、それはとても貴重でうれしい体験です。

そして「できた!」の喜びは、子どもの自己肯定感をわくわくと育み、次への意欲をかきたててくれます。

 

 

「こんどはどうしようかな^^」「ああしてみたらどうだろう^^」「これもつかってみよう^^」

 

 

できたから、またできるものね。

できなくても、できた経験があるから、ちょっとがんばれるものね。

 

 

わくわくと取り組む顔が、とてもかわいい。

いっぱいあそんで、自分でなにかに気づいたり、分かったり、

いろいろ体験して、大きくなってほしいなと願う瞬間ですね^^

 

 

***********************

まいにち育つ、こどものために。こどもと育つ、おとなのために。

木のおもちゃと手仕事屋かばんねこ

℡ 0277-46-6644(10-17:30 木土祝お休み)
お問い合わせ(どしどしどうぞ)

かばんねこのイベントはこちらをみてね

木のおもちゃの専門店に、子どもと、お孫さんと、遊びにおいで!
キッチンと、おもちゃと絵本のあるレンタルスペースでイベントを開こう

*************************

つるんとたまごのマラカスとシェイカー

おもちゃ 0 Comments

マラカス シェイカー

 

今日のかばんねこは、13時でおしまいです_(._.)_

予定ではありましたが、知らずにいらしてくださった方には申し訳ありません。

 

 

つるんとたまごマラカスとシェイカーは、かばんねこの人気者です。

 

赤ちゃんも、小さい子も大きい子も、大人のみなさんも、

シャカ!と振ったらまあふしぎ、みんながニコ^^

 

 

シャカニコシャカニコ、

いい音といい顔で、いつもかばんねこも楽しくなっちゃいます。

 

 

技術いらずの気軽な楽器は、のびのび音を出せるから、ほんとに楽しいね^^

 

 

***********************

まいにち育つ、こどものために。こどもと育つ、おとなのために。

木のおもちゃと手仕事屋かばんねこ

℡ 0277-46-6644(10-17:30 木土祝お休み)
お問い合わせ(どしどしどうぞ)

かばんねこのイベントはこちらをみてね

木のおもちゃの専門店に、子どもと、お孫さんと、遊びにおいで!
キッチンと、おもちゃと絵本のあるレンタルスペースでイベントを開こう

*************************

 

おんなじおもちゃでも、遊びはぜんぜんちがう

おもちゃ 0 Comments

にじのつみき

 

☆ 明日25日(火)は、10:00-13:00の営業です。都合により、申し訳ありません!

 

虹のつみき^^

大人の方に「どんなふうに遊ぶんですか?」って聞かれますが、どんなふうにでも!

(そして子どもは「どうやるの?」って訊かないで、触りはじめる。大人と子どもの楽しい違い^^)

 

 

写真のちびさんのように、車や電車のトンネルをいっぱい作っても良いし。

虹のひとつひとつをお部屋に見立てて、ドールハウスの遊びも良いし。

虹をどんどん重ねて、どんどん大きくなっていく気持ちよさも良いし。

さかさまにして、ゆらゆらシーソーみたいに揺らして遊ぶのも良いし。

 

ただ並べるのだって、ただ積むのだって、曲線と大きさの違いがあるから、それだけで楽しい。

それに、例えば「ただ並べる」だって、子どもによって、いろんなじぶんのルールがあるのです。

虹をぴったりくっつけるのか、一定の間隔をあけるのか、大きい順にならべるのか、色を意識して順番を決めるのか…、

いろんな「こうしてみよう」が、子どもひとりひとりの遊びのなかに、あるのです。

 

 

で、

それに気づくことができたら、親はすごくうれしい!

「あっ!あんなことしてる…❤」って^^

 

 

かばんねこも「子どものあそびに現れた、じぶんルールや、工夫や、試行錯誤の跡」を、よく写真に撮っていました。

「あそびのなかで、自分でいろいろ気づいたり分かったりしてるんだな」って感じて、うれしくって^^

 

 

にじのつみき

 

それに、見て見て!

さっきの小さい子と、この小学生の子の、あそびの違い^^

 

 

大きくなると、こんなふうに、なにかをつくりあげる構成あそびが楽しくなりますね。

イメージのままに並べたり、何かを意図して積んだり、

きれいな曲線と色たちで、いろんなデザインが現れてくるでしょう。

 

 

かばんねこでは、こんなふうに、

自由に遊べるサンプルのおもちゃが、たくさんあります。

 

お子さんと一緒に遊んで、お子さんのあそびの様子をじっくり見て、

今、この子ができることはなにかな?

今、なにをすることが楽しいのかな?

この子が楽しく取り組めるのはなにかな?

いろいろ感じながら、ぴったりのおもちゃを選んであげてください。

おもちゃコーディネーターのかばんねこが、お手伝いしますから、

子どもに訊かずに、子どもに任せずに、子どものそばにいる、あなたが^^

 

***********************

まいにち育つ、こどものために。こどもと育つ、おとなのために。

木のおもちゃと手仕事屋かばんねこ

℡ 0277-46-6644(10-17:30 木土祝お休み)
お問い合わせ(どしどしどうぞ)

かばんねこのイベントはこちらをみてね

木のおもちゃの専門店に、子どもと、お孫さんと、遊びにおいで!
キッチンと、おもちゃと絵本のあるレンタルスペースでイベントを開こう

**************************

 

おんなじお話を、なんどもなんどもなんども!

おもちゃ 0 Comments

三びきのやぎのがらがらどん
がらがらどんの、おはなし組み木^^

橋がしっかりしているので、

小さいヤギのカタコト小さな足音も、大きいヤギのガッタンゴットン大きな足音も、

ヤギたちを動かしながら、しっかり表現できます。

 

 

3びきのヤギのがらがらどんや、おおきなかぶ、3びきのこぶた、3びきのくまなど、

繰り返しの楽しい物語は、お話あそびにぴったりですね^^

 

 

子どもたちは、何度も何度も、おとなにお話をせがみます。

何回も聴いてるのに、どうしてまた同じお話?!飽きないの??

話すこっちはもう飽き飽きしてて、なんだかぐったりしちゃうけれど、

何でしょうね、あの子どものわくわく顔は^^

 

 

子どもたちは何度も飽きずにおんなじお話を聞いて、

自分でも、絵本をめくったり、

こんな組み木のおもちゃを動かしたりして、

なんどもなんども、おんなじお話の世界を楽しみます。

 

 

「いつもおんなじ」の安心や、

繰り返しの言葉のリズムの楽しさ、

「知ってる!」うれしさ、

何度も何度もお話を体験することで、気づくこと。わかること。

 

 

きっと、何十年もいろんなことを体験していろいろ知っている大人には、

「もうわからない」「もう気づけない」、たくさんの楽しさがあるのでしょうね^^

 

 

まあいいじゃないですか、10年も20年もさせられるわけじゃなし、

今日も「また~?」って言いながら、

おつきあい、いたしましょう^^

 

(うちの4年生も、お布団に入ってから、たまに…。あれ?10年経ったぞ!)

 

3びきのやぎのがらがらどん

がらがらどんの組木。やぎとトロルの周りにある縁の部分が、橋になりますよ^^

 

***********************

まいにち育つ、こどものために。こどもと育つ、おとなのために。

木のおもちゃと手仕事屋かばんねこ

℡ 0277-46-6644(10-17:30 木土祝お休み)
お問い合わせ(どしどしどうぞ)

かばんねこのイベントはこちらをみてね

木のおもちゃの専門店に、子どもと、お孫さんと、遊びにおいで!
キッチンと、おもちゃと絵本のあるレンタルスペースでイベントを開こう

**************************

 

その子ができることを、できるように。したいことを、したいように。

おもちゃ 0 Comments

指先でつまむ木のおもちゃ、ミニボールゲーム

小さい子なりに、大きい子なりに、その子ができることで、しっかり遊ばせてくれるのです^^

 

こんにちは^^かばんねこです。

この小さなボールのおもちゃは、子どもたちに、とっても人気なのです。

 

 

木のボールは小さいので、モノをお口に持っていっちゃうちびさんにはおすすめできませんが、

たとえば、

3歳さんは、指先を上手に使えるので、指で小さな木玉をつまんで、ボードの穴にしっかり入れることを楽しみます。

ただつまんではボードの穴に入れる、つまんではボードの穴にいれる…、そんな作業が楽しい!

慣れてくると、ボードの端から順番に木球を入れていったり、同じ色の木玉を集めたり、赤・青・赤・青…と自分のルールを決めて、順番のあそびを発明するでしょう。

 

 

4歳さんなら、隣にあるピンセットのような道具も、扱えますね。

「道具を使ってつまむ」「道具をつかって的(まと)のところに放す」という作業、それ自体をわくわくと楽しんでくれるでしょう。

道具をしっかり持つ、道具でモノを持つ力加減を知る、道具を使って作業する…。

手指の延長にある道具を、しっかり扱える喜びを、いっぱい感じてくれるでしょう。

そうしてもちろん、色で分けたり、順番にしたり、自分で思い描いたルールをボードの上に再現していく楽しみを、しっかり見つけてくれると思います。

 

 

5歳さんなら、もう道具の扱いはお手のものかもしれません^^

道具を、自分の手指のように、しっかり扱える得意さを実感できるでしょう。

つまむ・放す、という作業自体よりは、木玉でつくる絵や、色でつくるデザインの方に気持ちが向いていくと思います。

「数」の不思議も、あそびながら知っていけるでしょうね。

 

 

小学生時代からは、ボードに現される絵やデザインたちが、どんどん高度になっていくでしょう。

おつきあいでやってきたおおきいお兄さんやお姉さんも、もちろん遊びます。

大人の方も、「あーこれができるまで待って!」なんて言っているくらいです^^

 

 

良いおもちゃというのは、年齢や技術に関わりなく、その子ができることをちゃーんとできるような、受け止める余裕があるのだなと感じます。

だからこそ、どんな年齢の子も、大人も、楽しい^^

 

ミニボールゲーム

花火ですって^^

 

***********************

まいにち育つ、こどものために。こどもと育つ、おとなのために。

木のおもちゃと手仕事屋かばんねこ

℡ 0277-46-6644(10-17:30 木土祝お休み)
お問い合わせ(どしどしどうぞ)

かばんねこのイベントはこちらをみてね

木のおもちゃの専門店に、子どもと、お孫さんと、遊びにおいで!
キッチンと、おもちゃと絵本のあるレンタルスペースでイベントを開こう

**************************

 

張り子のこいのぼりと一緒にやってきたのにゃ

おもちゃ 0 Comments

はりこーシカ ねこ

張り子のマトリョーシカだから、はりこーシカ。ねこさんも登場!

 

こないだかばんねこに来てくれたのは、張り子のねこさんたち。

なんとなんと、ぽこぽこと座布団ねこのなかに納まっちゃう、マトリョーシカ!

 

今日のお天気がお天気なので、写真が暗いのがとっても残念ですが…

 

かわいいー

かわいいなー

 

写真の柄ねこさんタイプの他に、白猫さんタイプ(オーソドックスな招き猫のアレ)もかわいいです。

 

後ろのびっくり顔さんも、かわいいー

かわいいなー

 

ねこさんたちに夢中のかばんねこですが、こいのぼりのはりこーシカも、ちゃーんとかわいくいますよ。

 

張り子のこいのぼり、はりこーシカ

どんなふうに飾りましょ^^それを考えるのも楽しい、こいのぼりたち。

 

青い鯉にミニ鯉たちをぽこぽこと入れて、蓋をポンと閉める。

蓋をポンと開けて、ミニ鯉たちをぽこぽこと出す。

子どもたちも、おとなのわたしたちも、楽しくなってしまいます^^

 

張り子の和紙のさらさらとした手触りと、ふっと軽い心地よさ。

ころんと心惹かれるかたちに、絵の具の線の、かわいいのびのびさ。

 

ぜひぜひ、会いに来てくださいね^^

お部屋を彩る小物に、玄関の季節の飾りに、節句を迎える子どもたちのお祝いに。

 

じつはお値段も、かわいいのですよ。

 

 

***********************

まいにち育つ、こどものために。こどもと育つ、おとなのために。

木のおもちゃと手仕事屋かばんねこ

℡ 0277-46-6644(10-17:30 木土祝お休み)
お問い合わせ(どしどしどうぞ)

かばんねこのイベントはこちらをみてね

木のおもちゃの専門店に、子どもと、お孫さんと、遊びにおいで!
キッチンと、おもちゃと絵本のあるレンタルスペースでイベントを開こう

**************************

 

 

持ちかたを整えてくれる鉛筆だけど、このデザイン!

おもちゃ 0 Comments

グルーヴ 鉛筆 持ち方
「鉛筆の持ち方がダメだから…」

でも、子どもたちだって、好きで鉛筆の持ちかたを注意されたいわけじゃないですよね。

きれいな字が書けたらいいなと思うし、「この字よく書けた」と思えたら、とってもうれしい。

(大人だって、できればうるさく言いたくないよ!)

 

だから、

できるだけがんばらずに、意識せずに、持ち方を整えてくれるえんぴつを、大人が用意してあげたらいいのです^^

 

 

新学期に向けて、おすすめします。

このすてきな鉛筆。

デザインかと思いきや、この水玉が、効くのです^^

 

 

低学年の子にぴったりの、2Bもありますよー

黄色のドイツの六角えんぴつも^^

 

 

***********************

まいにち育つ、こどものために。こどもと育つ、おとなのために。

木のおもちゃと手仕事屋かばんねこ

℡ 0277-46-6644(10-17:30 木土祝お休み)
お問い合わせ(どしどしどうぞ)

かばんねこのイベントはこちらをみてね(かばんねこからのお知らせ)

おもちゃの店に、子どもと、お孫さんと、遊びにおいで!
キッチンと、おもちゃと絵本のあるレンタルスペースでイベントを開こう

**************************

 

野菜そのもの、リアルなままごと素材たち

おもちゃ, 子どもをおもう 0 Comments

ままごと食材 ERIZI エリツィ

 

おいしそうな野菜たちが、たくさん届いています。

お母さんたちが手にとって、わあ~すてき~!かわいいー!と、うっとり^^

 

 

1789年創業という、ドイツの老舗木のおもちゃメーカー「エリツィ社」。

鮮やかな色と、まるで本物のような食材たちには、子どもだけでなく大人のファンのかたも多いです。

 

 

こういった、大根ドーン、人参ドーン、といった「食材まるごと」のままごと素材たちは、

3歳から4歳前後のチェーンリングやビーズや小さな積木を食材に見立てるようになる前、

「おなべに野菜まるごとは入ってないよね…」とまだ気づかないころ…、

野菜って、こんなのだよね、おいしいよね、って子どもが知っていく頃。

お母さんのまねごとで台所に立つままごとが好きになって、

だけど、

「おなべににんじんをいれましょう」って、「人参まるごと」が、食材として活躍する頃。

そんなときに手渡したいのが、まるごとの野菜たちなんです^^

 

 

もちろんミニトマトやさくらんぼやさやえんどうは、

大きくなっても、ずっと活躍してくれます。

 

 

ままごとは、小さい頃ほど性差に関係なく、女の子も男の子も大好きで、ぜひ、させてあげたい遊びです。

だって、いつも身近で見ている、大好きな人が、していることだから。

「あこがれ」だから、まねっこしたい^^

 

 

木でできている食材たちは、手触りも自然のものですし、さらさらとした摩擦が心地よいです。

木でできているために適度な重みがありますから、「しっかり持っている」ことを、ちゃんと感じられます。

ほんものの食材に近いんだろうなあと感じます。

 

 

プラスチックのものは、手触りがつるんとしていて、小さな汗かきさんの汗も吸ってくれません。

発色もきつく、のっぺりとした色彩です。

持ったときに軽すぎるのも、リアルさがなくてちょっと心もとない。

 

 

同じ手渡すなら、自然の食べ物にちかい素材で、

そして野菜たちと同じく、ひとの手で丁寧に作られたものを、手渡したいなと感じます。

 

 

小さいときほど、子どもは五感でいろんなことを感じながら、ものごとを知ってくから^^

 

 

***********************

まいにち育つ、こどものために。こどもと育つ、おとなのために。

木のおもちゃと手仕事屋かばんねこ

℡ 0277-46-6644(10-17:30 木土祝お休み)
お問い合わせ(どしどしどうぞ)

かばんねこのイベントはこちらをみてね(かばんねこからのお知らせ)

おもちゃの店に、子どもと、お孫さんと、遊びにおいで!
キッチンと、おもちゃと絵本のあるレンタルスペースでイベントを開こう

**************************

キッズバレイ「おやここ」さんの記事。よく見ることと、おもちゃと、あそび。

おもちゃ, おおきくなる子ども 0 Comments

キッズバレイ おやここの記事

 

キッズバレイさんのポータルサイト「おやここ」に載せていただいた記事を紹介します。

おかあさんの役に、立ってくれるといいです^^

 

さて、明日22日(水)は、15時からの営業となります

どうぞ、よろしくうっかりしないでください♪

 

記事はこちら↓です。

キッズバレイ・おやここの記事
「なにかをじっくり見ることの良さ」って、あまり気にしたことはないですね。

けれど、「よくモノを見ている」ひとというのは、たしかにいます。

同じものを見ていたはずなのに、自分が気づかなかったことを見ている、知っている。

びっくりするし、尊敬しちゃいます。

そういう力って、どんなふうに身につくのでしょうね。

 

 

よく思うのは、「じっくり見ることの楽しさを感じながら大きくなったひとなのかな」とか、

「よく見ることの良さを知ったひとなのかな」ということです。

小さい頃から、あるいは、大きくなってからでも。

 

 

「じっくり見ることの楽しさを感じながら大きくなった」というのは、もちろん暮らしや自然体験やあそび…、生活体験のなかでです。

お母さんの縫い物やお料理を飽きずに眺めている、葉っぱが風で揺れる様子を面白がってみている、同じおもちゃで繰り返しあそぶ…、そんなふうに。

 

 

ただこのなかでも、子どもがいつでもすきなときに自分の意志で体験できるのは、「あそび」だけです。

それも、何度でも、いつまででも。

 

 

そして、「目で追って動きをじっくり見てあそべるおもちゃ」や、「変化していく動きを追うのがおもしろいおもちゃ」たちは、その期待に違わず、モノをよく見ることの面白さと良さを、何度でも何度でも、好きなだけ、いっぱい体験させてくれます。

大人の欲に即していうと、モノをよく見る力に通じたり、しっかり見ることで何かに気づく力に通じたり…っていう感じ。

子どもたちにとっては、おもちゃの動きが楽しくて目で追って遊んでいる、それだけなんだけれど。

 

 

おもちゃでいえば、たとえば、ゆらゆらゆれるモビールがあります。

まず、赤ちゃんの目線の先に「いつも同じおもちゃが見える」ことは、ママの顔とおんなじくらい、赤ちゃんに安心感を与えてくれます。

鮮やかな色が赤ちゃんは大好きなので、パッとした色で親が美しいなと思うものがいいです。

そして、空気の動きにあわせてゆらーりゆらりと動いてくれるモビールは、ただぼんやり目の前にあるものを見るだけでなく、子どもが「自分から見ようと思って見る」。そんな自発的な気持ちを促してくれます。

 

 

ひとりあそびの、はじめのはじめ。

自立の、はじめのはじめのはじめ。

 

 

そうして、じっくり見ることの楽しさをいっぱいいっぱい感じられたら、じっくり見ることは、子どもにとってあたりまえのことに…習慣になります。

そうして、自分から、自分の目に映っているもののなかから、「見たいものに気づく」「大事と思うものに気づく」、そんなことができるようになっていく。

そんな「見る力」を、その子の興味や楽しみに合わせて、じっくりゆっくり応援してくれるのも、おもちゃたちの力なんです。

 

もし、赤ちゃんにモビールを贈るなら、あお向けに寝ている赤ちゃんのおなかの上に…ちょうど視線がくるところに、下げてあげるといいですよ^^

 

 

 

やってみて「わかる」ひとたちだから

おもちゃ 0 Comments

積木のワークショップ

子どもたちの積木。いろんなところに、いろんな物語がかくれているんだろうな^^

 

昨年の11月に、かばんねこで、こんな積木のワークショップをしたのです。

で、かばんねこは、またやりたいのです。

そしたらなんと、「わたしもやるー」というお仲間降臨^^

ひとりじゃなあと思っていたので、とってもうれしい。

やるぞー!春やるぞー!

 

ということで、ひとまず落ち着いて。

 

積木。

しっかり持って、放す。置く。並べる。積む…。

そんなことができるようになったちびさんから、10歳くらいまで。

子どもたちには、いーっぱい遊んでほしい、あそびの道具です。

 

子どもは、大人じゃない。

えっあたりまえですよー、ねえ。

そう、あたりまえ、「子ども」なんです。

だから、大人みたいに「聞いて分かる」のは、まだ、難しい。

子どもは、「やってみて、分かる」ひと^^

 

自分の手で、ああやって、こうやって、いろいろやって、何かに気づいたり、分かったり。

そうして、うまくいったり、失敗したり、だからこそ工夫もできるようになる。

「やってみたからこそ、わかった」のだから。

 

わたしたちお母さんも、自分でいっぱい経験したから、お料理のコツやうまくいくやり方が、分かるようになったのですよね。

「こうすれば、こんな具合になるから、塩はこのくらいでいいね」って、予想できたり^^

 

おなじように、

子どもたちも、自分でいっぱい経験するからこそ、「こうするとうまくいくだろう。だからココをこうすればいい」っていうのが、分かるようになる。

だから、子どもたちには、いろいろ試して、試行錯誤できる、自分だけのもの…「おもちゃ」が、必要なのです^^

 

それで、積木。

「小学校に上がるから、もうつみ木はいいよね」って、早々にさよならしないでほしい。

「やってみて分かる」子どもたちにとっては、学校にあがってからが、積木の醍醐味!

つみ木あそびほど、「数や量」が、「分数」が、「最大公約数」が、「角度」が、分かる世界はないんだから^^

 

子どもたちは赤ちゃんの時、なんでもお口にいれて、お口でモノを知っていましたね。

お口よりも手のほうが自由に使えるようになってからは、手で触って、モノを知っていましたね。

もっと大きくなったら、手でいろんなことを試して、いろんなことを知っていくようになりました。

 

「やってみてわかる」子ども時代。

ぜひぜひ、子どもが自由に使える、いろいろ試行錯誤できるあそびの道具を、そばにおいてあげてほしいです。

 

積木

かたちで分けて。きっちり並べて。分類するだけで、並べるだけで、いろんなことを、知っていきます。

 

***********************

まいにち育つ、こどものために。こどもと育つ、おとなのために。

木のおもちゃと手仕事屋かばんねこ

℡ 0277-46-6644(10-17:30 木土祝お休み)
mail (お問い合わせもどしどしどうぞ)

 

☆かばんねこのイベント、遊びにおいで~!赤ちゃんも、パパさんも、ご一緒に

3/12  10-14「efef整体」体験会
おつきあいのお子さんは、おかあさんのそばで、遊びながら過ごせますよ。

 

3/19(日)10-12 色と光にときめくローズウィンドウ講座…ペーパーアートのステンドグラス
自分だけの色で、形で、美しい薔薇窓を作りましょう。春の窓に、家族の喜びに、ご自身の楽しみに^^

 

3/13(月)10:00- 大人おままごとの会⑦「シュークリームといちごのマカロン」
大人気の、かもちゃん先生の手作りの会です。シュークリームは、どうやって焼き色をつけるんでしょう^^

 

3/21(火)10:30-  アイシングクッキー体験しましょ
お子さんと一緒にご参加くださっても、大丈夫。どんなふうに、あのすてきなクッキーは作られるのでしょう。

 

2/17・3/17(金)ちかさんの、わらべうたベビーマッサージ(①1歳まで・②1歳から)
ゆっくり、じっくり、赤ちゃんといい時間。ちかさんが、想いをこめてつくりあげてくれます。

 

☆かばんねこが子どもと大人のためにできること、いろいろ。

おもちゃと遊びの専門店 (0歳から100歳まで!)
キッチンと、おもちゃと絵本のあるレンタルスペース
③美しい素材で、ワークショップいろいろ(子ども・大人)
④アナログゲームの面白さ、白熱の体験会!(4歳から100歳まで!)
⑤子どもの育ちと遊びの講座(年齢や発達にあわせて・積み木などテーマ別)
⑥おもちゃのプランニング(子ども・療育・お年寄りのために)
⑦遊びの空間プランニング(子ども・療育・お年寄りのために)

詳しくは、お問い合わせください^^ドシドシ

**************************

 

じっくり、みるあそび

おもちゃ 0 Comments

メリーゴーラウンド

赤ちゃんに、子どもたちに、みるあそび。

 

「ひとつのものを、じっくり、はじめからおわりまで、見る。」

子ども時代にしてほしい、とっても大事な体験です。

それを、存分にさせてくれる、メリーゴーランド^^

 

お馬さんのおしりを、そっと押してみると…、

お馬さんたちが、くるん、くるん…。

真ん中の芯棒に、鮮やかなリボンが巻きついたり解けたりして、回ります。

それもとってもきれいで、目を奪われます。

おすわりのちびさんから小さな子どもたちに、手渡してあげたいおもちゃです。

 

単純なしくみなので、どんなふうに遊ぶのかは、子どもに任せられます。

おすわりの頃からのちびさんなら、メリーゴランドがくるんくるん回る様子を、じーっと見つめてくれるでしょう。

そして、手ってをのばして、触ってみるでしょうね。

偶然に、良い具合にお馬さんに力が伝わってくるんと回る様子を、喜ぶでしょうね。

そしてだんだんに、上手に回して遊ぶでしょうね。

 

どうなっているのかな?なんでこうなるのかな?

ちょっと大きな調べたがり屋の子どもたちは、いろんなことを試してみるでしょう。

強く押してみたり、そっと押してみたり、

リボンを引っ張ってみたり、お馬さんを持ち上げてみたり。

どこまでもリボンを巻きつけてみたらどうなるのか、試してみたり。

それも、単純なしくみでシンプルに作られているから、存分にできることです。

 

そして、小さい子も、大きい子も、大人のみなさんも、

メリーゴランドが回る様子を、じーっと、じっくり、見つめるでしょう。

 

「ひとつのものを、じっくり、はじめからおわりまで、見る。」

それって、とっても大事な体験です。

 

自分で「これを見る」と決めること。

気持ちをそらされずに、見つめ続けること。

「さいごまで」見ること。

 

遊びのなかには、生きていくうえで大事な、いろんな力を応援してくれる機会が、たくさんあります。