遊びと、友達と、あこがれ

さらにその他 , , , 0 Comments

友達と、たのしくがんばる遊び

 

子どもの送り迎えで 保育園にいくと、

子どもたちはそれぞれ

自分がやりたい遊びをしています。

 

コマやベーゴマ

一輪車

ドッジボール

鬼ごっこいろいろ

なわとび…

 

面白いなあ…と思うのは、

自分ができることで

楽しいことをしている姿だけじゃなくて、

やってみたい!

できるようになりたい!

という気持ちで

取り組んでいるのもあるということ。

 

たとえば

何度うまくいかなくても、

またはじめから体勢をとりなおして、

漕ぎ始める一輪車、

縄跳びの、あやとびやスキップとび。

ベーゴマ。

ボールの速い投げ方。

 

先生から誘われてやるんじゃなくて、

自分から、「できたい!」気持ちで。

そして

友達と一緒に、笑いながら、教え合いながら^^

 

頼もしいなあ、

憧れに向かって進む姿って、すてきだなあ、

そしてそれを

友達と楽しくがんばれちゃうって、いちばんいいよなあ…^^

 

母は、この送り迎えの時間、

子どもたちにいっぱい憧れて

すっごくいい気持ちでおります^^ 

 

 

トランスパレント紙で、窓飾り

さらにその他 , , , 0 Comments

「トランスパレント紙」という 薄くて綺麗な紙を使って

貼り絵をしました。

 

窓に飾ると、薄い色紙を光が通って

美しい色たちが 輝きます。

 

昼はおうちのなかから、太陽の光を感じて

夜は窓の外を通る人が、おうちの灯りを感じて

どちらも、とても美しい^^ 

 

トランスパレント紙で、窓飾りをつくる

こういう風景を描いたあとに、思いました。

わたしは、雪国の人なんだなあ…!

 

自分の育ったところの風景。

 

誰もがもっているけど、

自分しか知らない美しい風景が、

たくさんの人の心にある^^

 

こういうことって、なんだかうれしい。

 

友達が、親が、好きな人が、あこがれの人が、

どんな風景を心に持っているのか

すごーく聞いてみたい^^

 

 

世界一のおもちゃ

さらにその他 , , , 0 Comments

美しい木のおもちゃ「キーナーモザイク」

 

世界一美しいおもちゃ、そう思っています^^

「キーナーモザイク」

 

立方体36個をプレートに並べて、模様を作って遊びます。

ランダムに並べても美しいのですが、

秩序をもって並べると、とっても美しい柄が現れます^^

 

小さい頃は、ただ、並べる。

ぴったりくっつけて並べるのが、とっても楽しい^^

そして、それだけで、とっても綺麗なものができあがる。

それが、とっても満足(^O^)

 

大きくなったら、

いくつかを使って四角を作ってみる、

長四角を作ってみる、菱形をつくってみる、

対角線を使って、しましま模様を作ってみる、

色を交互に並べてみる、

色の順序をつくって並べてみる…。

年齢によって、いろんな秩序、いろんなアイディアを

プレートの上に描いてくれるでしょう^^

 

小さいからできない、とか

そんなことは、なんにもない。

 

ただ、並べる。

ただ、積む。

 

遊び方は、

小さい子も、大きい子も、

大人も、お年寄りも、おんなじ。

 

誰でも遊べて、

誰でも美しいものが作れるから、

誰もが、楽しい気持ちになれる。

誰もが、純粋に、遊べる。

 

「だれでも」

それが、ほんとうにすてきで、ありがたいこと^^

 

 

パパがだいすき!

さらにその他 , , , 0 Comments

パパがだいすき!

 

例外もありますが、

だいたいのパパは、子どもと遊ぶのが下手だったりします^^

難しいことをしようとするからいけない。

パパが得意な

お相撲や、くすぐりっこでいいんです。

そんな遊びをしてみると、

子どもはパパの体に取り付いていくようなことを

何度も繰り返します。

新しい愛情表現の仕方を知るのでしょうね^^

「パパがだいすき〜!」って

じゃれつき遊びを仕掛けていく。

遊びを通じて、子どもは

人とのコミュニケーションの形を

身につけていきます^^

 

 

じぶんで、できたい!

さらにその他 , 2 Comments

子どもは、なんでも自分でやってみたい

 

子どもというのは

できても、できなくても、

まずはなんでも

自分でやってみたいのです^^

そして子どもたちは

失敗をしたり、イライラしながらも、

自分ひとりで何かができたときに

はじめて、

ものすごく充実した気持ちを味わうのです^^

そういうことを、ひとつひとつできることによって、

自分に自信をもつ。

そして

そのやってみる過程が、試行錯誤の過程が、

子どもの「自立」をしっかり育ててくれる。

親の出る幕なんて、

気長に任せて、気長に待ち、気長に助言することくらい。

大人にとっては

それがいちばんの苦行なのだけれど(!)、

まあ、やらせてみましょ^^ホライライラシナイデ〜

 

 

子どもと手遊び

さらにその他 , , 0 Comments

子どもと手遊び

 

「♪ぽーにょぽーにょぽにょ さかなのこ♪

 ♪あおいうみからーあ やあってきたー♪」

 

これ、手あそびうた^^ポニョ

 

もちろん、

アルプス一万尺や、お寺の和尚さん、

おちゃらかほいも、現役です。

 

思ったのだけど、

 

こうして子どもと向かい合って、

視線を合わせて、

声を合わせて、

一緒に手を合わせてすることって、

あんまりないね^^!

 

だいたい、

正面で、

子どもと向かい合って

目を合わせて遊ぶって

あんまりしない。

 

横に並ぶことが、多い。

 

だから、

たまにこんな歌遊びをやってみると、

合う視線がこそばゆくて、

手を合わせるのもなんだか楽しくて、

なんだかうれしい。

自然にニコニコしちゃう^^

 

子どもたちが、

キャッキャしてやってる気持ちが

よくわかる(^O^)

 

歌あそび。

とーーーーーっても地味だけど、

大事にしたい遊びです^^

 

 

へいわをねがうこと

さらにその他 , , , , , 0 Comments

へいわって どんなこと? (日・中・韓 平和絵本)

 

当たり前のことしか、書かれていません。

「せんそうをしない」

「おなかがすいたら、だれでもごはんがたべられる」

こんなことを

見開きのページいっぱいに、絵とともに書いて

この絵本は、いろんな「へいわ」の形を示していきます。

ああ、こうありたいな、

世界のどの国も、こうあれたらいいな、

そう思う。

 

最後に書かれる「へいわ」、それは

「そしてね、

きみとぼくは

ともだちになれるっていうこと。」

うん、そうあってほしい。

そうありたい。

 

絵本「へいわってどんなこと?」

 

日本・中国・韓国の絵本作家が

子どもたちにおくる絵本です。

きっと、いろんな人が、いろんなことを思う。

いろんな「大人」が、いろんなことを言うでしょう。

 

だけど、

子どもたちの、いちばん近くにいる

わたしたち親が、

いちばん

希望や願いや祈りを、もたなくっちゃ^^

 

「日本は○○だから…」とか

「あの国は○○だから…」じゃなくて

 

ママは、こうありたいと思う。

パパは、こうしたいと思う。

だから、

きみにも、同じ想いでいてほしいと思う。

 

怨みや遺恨を、子どもに託すのはよくない。

だけど、

世界を愛することは、子どもに託すべきことです。

 

こういう本が、家にあること。

子供の目に見えるところに、手の届くところにあるということ。

そういうことが、

子どもの近くにいる大人ができる

ひとつの主張で、実践で、メッセージです。

 

なにも世間に向かって、声高に言わなくてもいい。

一番身近な

自分の子どもにむかって、

静かに、願いを込めて、

まずは伝えよう。

 

 

子どもとチョコの日

さらにその他 , 0 Comments

子どもはちょこほんじゅが好き

 

こないだ14日は、チョコの日でしたヽ(*^^*)ノチョコノヒ〜

なので、

「チョコフォンじゅ」^^ジュ♪

6歳さんの口は

何度言ってみても、ちょこふぉんじゅ

何度がんばっても、ちょこふぉんじゅ

あとで思い出して言ってみても

「ちょこほ…ちょこほ… ちょこふぉんじゅ!」

 

いちばん簡単で、とってもおいしい

ちょこほんじゅ、

市販のチョコレートを湯せんして、牛乳や豆乳でのばすだけ♪

とってもお勧めです^^

 

 

赤ちゃん、世界を知る

さらにその他 , , , 0 Comments

この木のおもちゃは、「シャカシャカ」

国産の安全な木で作られた、ガラガラです。

なめらかに磨かれ、

膨らみの中はくり抜かれて、小さな石が入れられています。

少し動くと、しゃらしゃら…

振ると、しゃかしゃか…

小さな、いい音が^^

 

木のおもちゃ「シャカシャカ」  国産の安全な木で作られた、ガラガラです。

 

「これにさわりたい!」

「これがほしい!」

 

赤ちゃんが、

自分の目でとらえて

選んだものに手を伸ばして

つかんだとき、

 

それは、赤ちゃんにとって

すてきなものであってほしい^^

 

気持ちいい手触りのもの

心地よい色のもの

いい音がするもの

自然のいい香りがするもの

 

そして、赤ちゃんだからこそ、

舐めても安全なもの。

口で、舌で、

「これはなにかな?」って存分に調べても

大丈夫なもの。

 

 

赤ちゃんは、生まれたて。

自分のいる世界を、

小さな体で、小さな手で、五感を総動員して

知ろうとしている。

 

だから、

身の回りにおいてあげるものには、

気持ちいい手触りのもの

心地よい色のもの

いい音がするもの

自然のいい香りがするもの

安全なもの

細やかに気を配ってあげたい。

 

「この自分のいる世界は、なかなかいいところみたいだぞ^^」

そんなふうに感じて、

この世界を期待して、大きくなってほしいな^^

 

 

 

子どもと絵

さらにその他 , , , 0 Comments

子どもと絵

 

「おっかー、くつのかきかた、おしえてあげようか^^ニコニコ」

…くつ…(°д°)クツ?

素直に、教えてもらうことにしました。

 

「こうやって、こうくにゅーっとして、こう^^ やってみて!」

「こうやって、くにゅーっとして、こう…。 どお??」

「いいね!(・∀・)ヨシヨシ」

 

きっと、今までマルの形で描いていた

ドラえもん型の足を、

新たに足らしく描くやりかたを 発見したのでしょう(*^_^*)

 

 

絵は、「形を教えない」方が、面白い^^

 

たとえば、そこでわたしが

「それじゃ靴下じゃん」とか

「あんまりくつに見えない」とか

「くつって、もっとこんな感じでしょう」とか言って、

 

「教えてあげるつもりで」

「もっと上手に描けるよう助言するつもりで」

 

もっと靴らしいものを描いてあげたとしても、

 

それは

子どもにとっては、

「あなたは未熟だ」とか

「わたしが正しい」とか

そんなメッセージしか伝わらない。

 

おまけに、

その子がこの次、「くつ」を描くとき

「くつ」といえば「この形」という

いつでも決まりきった表現になってしまうでしょう。

だって、大好きなママが、パパが、そう描いたんだもん。

 

一度形を教えてしまうと、

それが子どもにとっての「形」になってしまいます。

 

「くつ」でなくて、「うさぎ」とか「ねこ」のほうが

わかりやすいかな^^

ママやパパが最初に描いて教えた形が、

その子の「うさぎ」

その子の「ねこ」になっちゃう。

 

そんなの、つまんない!(´-ω-`)ツマンネー

自分の子どもの、

自由な感じ方を、感じたいもん^^

 

 

ぜんぜんそれらしく見えなくても、

その子は「うさぎ」を描いたのです^^

 

大人がサッサッと描ける「形」を教えなくても、

子どもたちは じきに

自分で形をとらえて表現していくことができる。

 

それまでは

「自分の見えたように」

「自分の感じたように」

子どもたちが表現する姿を、楽しみましょう^^ヨ

 

子どもとおちゃわん

さらにその他 , , 0 Comments

子どもとおちゃわん

 

6歳さんが通う保育園では

自分で土粘土をこねて、形を作って、色をつけて、

自分のお茶碗をつくります^^

 

給食の時に、自分のお茶碗で、ご飯を食べるんですって^^

 

「自分のつくったお茶碗で、ご飯を食べる」

って、

大人だって、すっごくわくわくする^^

いいなあ!

 

だけど、子どもたちにとっては

まず、形を作るのが、難しい。

自分の手より大きいものを作るんだもん、難しい^^

くぼみをつくったり、ヘリをきれいにしたり、

形を整えるのも、とっても難しい。

ガタガタしないように、座りをよくするのも、難しい。

 

「上手にできたい…!」

という 楽しみな気持ちと、

「できないかもしれない…」

という 不安な気持ち。

 

あ、うまくいった、という うれしい気持ちと、

周りの子と比べて

自分の不満な部分を気にしちゃう気持ち。

 

大きくなると、

周りのこともよく見えるから、

みんなのなかの「自分」が分かるから、

「できる」とか

「できない」を

感じて、すごくドキドキすることがある。

 

そんななかでも

「つくってみたい!」

「自分の作ったお茶碗で、ご飯を食べたい!」

「みんなで、一緒に食べたい!」

そんなあこがれの気持ちをいっぱいもって

頑張ったんだろうね(*^_^*)

 

どれもどれも、

とってもすてきなお茶碗です^^

 

 

ともだちと、一緒に

さらにその他 , , 0 Comments

子どもたちが、こまあそびをしています^^

 

いいなあ、いいなあ、こんなの!

こんな遊びを、みんなでしたいんだ^^!

自分の手を使って

がんばって紐を巻けるようになって、

巻けるようになったら

がんばってうまく回せるようになって、

回せるようになったら

いろんな工夫をして、わざを磨く。

それを

教え合って、競い合って、

友達といっしょにやる、っていうのが

いいんだ^^