じぶんで、できたい!

さらにその他 , 2 Comments

子どもは、なんでも自分でやってみたい

 

子どもというのは

できても、できなくても、

まずはなんでも

自分でやってみたいのです^^

そして子どもたちは

失敗をしたり、イライラしながらも、

自分ひとりで何かができたときに

はじめて、

ものすごく充実した気持ちを味わうのです^^

そういうことを、ひとつひとつできることによって、

自分に自信をもつ。

そして

そのやってみる過程が、試行錯誤の過程が、

子どもの「自立」をしっかり育ててくれる。

親の出る幕なんて、

気長に任せて、気長に待ち、気長に助言することくらい。

大人にとっては

それがいちばんの苦行なのだけれど(!)、

まあ、やらせてみましょ^^ホライライラシナイデ〜

 

 

“じぶんで、できたい!” への2件のフィードバック

  1. 木仙人 より:

    こんばんは コドモトさん
    しっかりコドモトさんの背中を見て育っているんですよ(^^)

  2. コドモト より:

    木仙人さま、いつもありがとうございます^^!
    >しっかりコドモトさんの背中を見て育っているんですよ(^^)
    ありがとうございます(*^_^*)
    でもきっと、おこりんぼのところも
    へなちょこのところも、いっぱい見ているでしょう(^_^;)
    なんとかがんばって、大きくなってもらいます^^♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA