ぬらし絵しよう^^

さらにその他 0 Comments

nurasie.jpg

 

ぬらし絵の講習会に参加してきました^^

 

「ぬらし絵」というのは

画用紙を水につけて濡らし、

その上に絵の具で色を載せていく

絵の技法です^^

 

水のようにサラサラした絵の具を筆に取って

紙の上にそっと置くと、

色はゆっくりと広がり、にじんでいきます。

ゆっくりと色が動き、他の色と混ざりあい、変化します。

 

普通の「絵を描く」感覚と、全然違う(゚o゚!

はじめから、形を意識しないで

絵を描くことができるんです。

 

画用紙が水で濡れているから

描いた線や点はにじみ、広がっていきます。

だから

例えば、「りんご」のまあるい輪郭線を描くことができない。

例えば、「人」の顔の輪郭を描くことができない。

だから、ただ、りんごっぽくまあるく描く。

なんとなく顔の形っぽく色をのせてみる。

 

「輪郭を描くことができない」というのは

何かを「それらしく描かなくちゃいけない」ということから

解放されることのようです^^

 

純粋に、鮮やかな色が

広がり、にじみ、まざりあう様子を

楽しんでいました。

 

「絵を描く」ことを、楽しんでいました。

 

自分がどんどん解放されるような、気持ちよさ^^

ただただ気持ちいい、わくわくするような集中^^

 

「絵を描く」って、すごく楽しいことなんだ!

そんな体験ができる。

そんな、

絵を描き始めの頃の子どものような、

楽しい、わくわくの気持ちで

画用紙に向かえる。

 

上手・下手

そんなことにとらわれずに、

純粋に色を楽しみ、

線を引くことを楽しみ、

形を楽しみ、

色が混ざり合い、変化する様子を楽しむ。

 

これ、

子どもたちもそうだけど、

ママたちに、

やらせてあげたいな^^

 

「できる、できない」

「上手、下手」

 

そんなことにとらわれないと

こんなにも楽しく、

幸せな気持ちで

自分を表現できるってこと

 

それを子どもたちに教えてあげるのは

やっぱりママだから^^

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA