足で育つ子どもたち。

さらにその他 , , , 0 Comments

足で育つ子どもたち

 

子どもの足が変!…って、言われています。

 

土踏まずがない。

重心がかかとのほうにあって、姿勢がおかしい。

足の指が浮いていて、足の指で地面を掴むようにして歩けない。

なんとなく、ふらふらしていて、ふんばれない。

体の左右が、肩の位置など右と左で高さがずれている。

走り方がぎこちない。

すぐに転ぶ…。

 

でもこれ、じつは、20年くらいまえからずっと言われていること。

そして最近、すごく多くなってきている。

 

 

そのことを聞いてわたしがいちばんに思い出したのは、

いろんなところで見る親子の風景です。

 

3歳とか、もう大きいのに、

ベビーカーに乗ってる子。乗せられている子。

 

「靴下を脱いじゃだめ!」と、

暑くて、または気持ち悪くて、きゅうくつで、

脱ぎたいのに脱がせてもらえない子。

(冬だって、どんなに冷たい床だって、

子どもたちは元気だったら平気なのにね。)

 

はだしで外歩きなんて、汚い!危ない!

と、問答無用で禁止されている子。

 

そんなあ…ヽ(;▽;)ノ

それじゃあ、せっかくの足も、体も、育たないじゃん…

 

素足で、自分の足で

あったかさや、冷たさや、熱さ、

デコボコ、すべすべ、柔らかさ、硬さ、

気持ちよさや、気持ち悪さや、痛み…。

いろんなことを感じるから、刺激をいっぱいもらうから、

子どもの体も脳みそも育つんじゃないか(`・ω・´)

 

自分の足と、足の指で

しっかり地面をつかんであるくから、

子どもの体も脳みそも育つんじゃないか(`・ω・´)

 

どんなに人の足に歩きやすい靴だって、

足を守ってくれる靴下だって、

素足で歩くことがもたらしてくれるものには敵わない。

 

せっかくの赤ちゃんの

生まれたての足、歩きたての足。

はだしの気持ちよさを、

足でいろんなことを感じる楽しさを、

自分で歩く喜びを、

いっぱい感じさせてあげてほしいです。

そして、

自分の足で立って、歩いて、

自分の体を感じながら大きくなる、そんな喜びも^^

 

 

「子どものからだを守る」ことと、「子どものからだを育てる」こと。

親である自分にとっても、子どもにとっても、

いちばんいいやりかたを

見つけていけるといいですね。

 

いつでも、悩みはつきものですが^^♪

 

男子たるもの

さらにその他 , 0 Comments

男子たるもの、こうでなくちゃ

 

だいたい、兄ちゃんというのは、どこの家でも

こんな感じですか?

 

このあと、案の定 大々的に転びまして、

こんどは地べたを転がりまわっていました。

「べつにいたくねーし!(;_;)ネーシ」

 

男子たるもの、まあ、こうあるべき…でしょうヽ(*^^*)ノネ!

 

 

ままごとから、子どもの希望を感じる

さらにその他 , , , 0 Comments

ままごとから、子どもの希望を感じる

キャンプごっこ。

何かを探してて、ランタンを見つけたんですね^^

 

去年のことなのに、

こんなふうにままごとにして遊ぶっていうことは、

キャンプは、「楽しくて、もう一度したいこと」なんだなあ^^

 

こんなふうに、子どもたちは

「何度でも体験したい幸せなこと」や、

「こうだったらいいな、という自分の期待や願い」を

遊びのなかで表現します。

ままごとで、積み木やブロックで、絵で…。

 

そんなふうにして気づくことができた

子どもたちの願いは、

できれば、ぜひ、叶えてあげたいです。

叶えられないことでも、

できるだけ感じてやれるようになりたいです。

願いが叶わないこともあるけれど、

叶えられないけれど、わかっているよ、と伝えたい。

 

どんなときでも

「お母さんなら、お父さんなら、大丈夫」って

周りの大人に期待をもって、

いつでも受け入れてもらえることを感じながら

大きくなってほしいし、

やっぱり

そういう「受け入れられる人」になってほしいから^^  

 

 

    

つかまり立ち、伝い歩きの赤ちゃんおもちゃ^^

さらにその他 , 0 Comments

つかまり立ち、伝い歩きの赤ちゃんおもちゃ

 

赤ちゃんは、

いっぱいハイハイをして背筋や首が育ち、

つかまり立ちをするようになって

さらに背筋と腹筋が育っていきます。

 

そして、伝い歩き^^♪

 

つかまり立ちや伝い歩きを繰り返すうちに、

赤ちゃんの体の中で、

どんどん「歩く」準備が、整えられていきます。

足の筋力や背筋力、バランス感覚…。

 

こんなときにうれしいのは、

ちょうどいい高さの手すりや棚や壁。

そして、いろんなところで遊び回る、上のきょうだい。

(追いかけていって、同じことをしようとします…)

 

そして、『壁に取り付けられるおもちゃ』です^^♪

 

「立った姿勢のまま遊ぶ」って、

「同じ姿勢を保つ」ってこと。

遊びながら、体を育てることもできます^^♪

 

だけど、

「歩く」ことを、どうか焦らないでください。

ハイハイも、つかまり立ちも、伝い歩きも

自分の力で しっかり たっぷり やるからこそ、

「歩く」体ができるのです^^

 

 

   

日々の小さな解決を、子どもに任せる

さらにその他 , 0 Comments

日々の小さな解決を、子どもに任せる

 

学校の集金があるけど、今日は集金袋がないんだね。

なんか袋つくってくれない?

めんどくさがりの母が投げてみたら、

6歳さんは、とたんにわくわく顔(*∩∀∩*)ヤルー♪

折り紙の本を持ち出しました。

 

「箱がいいな〜^^♡…でも、箱じゃランドセルでつぶれちゃうしい…」

あれこれページを繰ってなやんでいましたが、

結局「おさいふ」に落ち着いたようです^^

 

「これなら開け口もテープで貼れるし、いちばんいいね^^!」

と、大満足^^♡

(めんどくさがりの母も、大満足(≧∇≦*)ハッピー♪)

 

こんな小さなことも、

子どもにどうするのか任せてみると、面白いですね^^

「○○してちょうだい」「○○してね」って

大人が決めたり教えたりして やらせるより

「まかせたよ〜^^」ってお任せしてみれば、

子どもは自分で考えます。

 

うまくいけばうれしいし、自信になるし、

うまくいかなかったら、次の時にもっといいやりかたを考えられる。

 

めんどくさがりの母にも、一石二鳥〜ヽ(*^^*)ノハッピー♪

 ↑

単にめんどくさいから投げてみたらうまいこといっただけヽ(*^^*)ノハッピー♪♪

 

   

モノを「区別」して「分ける」子ども

さらにその他 , , , 0 Comments

子どもがものを区別して分けるのはどうして?

 

3才くらいから、子どもたちは

ものの特徴に従って、区別することを始めます。

 

大きいお皿はこっち、小さいお皿はあっち、などのほかに、

太い・細い、長い・短い、…など、形を区別して、分けます。

また、

色を分けて、さらに色の濃さも分けて区別したりします。

つるつる・ザラザラなどの手触りも。

 

どうして、子どもたちはこんなことするんでしょう^^?

 

ものを比べて、分けることは、

何かに「秩序」をもたせることです。

例えば、上の写真のように、

いろんなものが混ざり合ってごちゃごちゃしているものを、区別して分ける。

どんぐりは、この入れ物。

おはじきは、あの入れ物。

同じどんぐりでも、ちいさいものは、こっちの入れ物…。

 

ばらばらのものに、秩序をもたせて整える。

こうすると、すっきりしますね^^

混沌としたものが、整理される。

 

小さな子どもたちの暮らしは、

はじめて出会うものがいっぱいです。

毎日毎日、初めてのものも含めて

いろんなものを見、聞き、触り、感じています。

情報が、いっぱいです^^

その混沌とした子どもの心のなかを、

かれらは整理していく必要があります。

 

だから、

上の写真のように、モノを区別して分けることは、

心のなかのいろんな情報を整理する、練習のようなものです^^

 

自分の外にあるモノを、手を使って区別し、

集合したり、分類したりすることを通じて、

子どもは自分の内にいっぱいためこんだ

いろんな印象や感じたことを、秩序をたてて整理していくのです^^

 

わたしたち大人も、してますね。

「あーこれ、あれと似てる色」

「あのときと感じがちがう…」

「これは、○○○だね!」

情報が整理されているから、何かに出会った時に、こんなふうに「分かる」。

 

こういう作業はやがて、

分析・集合・比較・対応などの機能として発展していく

「知性」の働きと結びついていきます。

 

子どもたちはまさに

遊びながら、自分のいる世界を感じて、学んでいます^^

 

家族の一人として、役に立つ

さらにその他 , 0 Comments

家族の一人として、役に立つ

 

母は、包丁研ぎの音がきらいです(>_<。)ノオ!

あの音を自分で出すくらいなら、切れない包丁で

鶏肉の皮なんかをゴリゴリするほうがいいです。

 

というわけで、愛息登場(^O^)ヨッ!

 

なんでも、やらせてみるものです。

鶏肉は、無事に「ゴリ」くらいで切れましたヽ(*^^*)ノワー

愛息よ、ありがとう…^^♡

 

こういうことを通じて思ったりすることがあります。

 

「子どもを頼りにするものがある」って、いいな^^

10歳さんも、

これはオレがやってあげないとダメなんだよな〜 (´∀`)マッタクマイルヨ…♪

…って、なんだかニヤニヤしてる^^

 

自分は家族の役にたっている。

自分は家族に頼りにされている。

「お世話されるだけ、保護されるだけの子ども」じゃないんだゼ(`・ω・´)!

 

そういう実感って、大人も子どもも関係なく、イイよね (*゚▽゚*)ワクワク

 

 

木のおもちゃと手仕事屋 かばんねこ をつくります

さらにその他 , , 0 Comments

木のおもちゃと手仕事屋かばんねこ

 

「木のおもちゃと手仕事屋 かばんねこ」を、作っています^^

 

だんなさんの築30年の家、和室と客間を使わせていただきます。

今週、リフォームの作業に入りました ヽ(;▽;)ノヤットデス!

 

お客様に見えないところは、自力で作ってみます。

ここは、おもちゃのストックをする場所。

つい1週間前まで、ほとけさん(仏壇)が入っていました(^人^)カンシャ

 

明日は、木がいっぱいの庭に、庭屋さんが入ってくれます。

道路からお店が見えるように、木を半分切ってもらいます。

でも、今までどおり

鳥が来てくれるように、花のある木を残したい(^O^)

 

ゆっくり、亀の歩みですが、

来てくれるかたのことを思いながら、お店を作りたいです。

 

絵本は、何のために用意していますか^^?

さらにその他 , , , 0 Comments

絵本は、「読んでやるもの」

 

子どもにとって 本は、「読んでやるもの」です。

自分で読めるようになることなんて、

ぜんぜん大事なこと じゃない。

 

親が、自分のためだけにしてくれる時間、

ママやパパの声や体温のいい気持ち、

お話のわくわくや楽しさを一緒に感じるうれしさ^^

 

そんな「いいこと」をいっぱい感じることのほうが

ずっと大事だし、本も好きになるよ^^♡

 

はじめてのしゅくだい

さらにその他 , , 0 Comments

はじめてのしゅくだい

 

6歳さん、はじめての宿題は「ほんよみ」

部屋の隅で、ごにょごにょやっています。

 

「きかないでー!(`・ω・´)プー」

 

だってねえ、大きな声で3回読んで、

おうちの人に丸をつけてもらいましょう、って書いてあるよ〜

…と、いじわるしてみました(・∀・)ホレホレ

 

 

お人形さんとぬいぐるみと、お世話遊び

さらにその他 , , , 0 Comments

お人形さんと、お世話遊び

 

お人形さんやぬいぐるみは、はじめ

子どもたちの、お世話あそびの「赤ちゃん」です。

 

抱っこしたり、おんぶしたり、寝かせたり、ご飯をあげたり…。

だから、

それにふさわしい「体のつくり」が、とっても大事^^

 

例えば、

*だっこやおんぶのときに感じる、適度な重さがあること。
(よしよし…って揺すってあげるときに、重みを感じないのはつまんない!)

*ねんねやお座りなど、手足や腰が、自由に動くこと。

*抱き心地がいいこと。
(柔らかすぎてぺったんこになったり、硬くて痛かったら、だっこしたくない! )

*汚れたら洗濯ができること。

*頑丈なつくりであること(^O^)ヤッパネ 

 

だから、

赤ちゃんの時に与えるお人形やぬいぐるみは、

ママやパパが、ちょっと気にしてあげてください^^

1歳2ヶ月とか3ヶ月とか、それくらいから、

いっちょまえに お世話遊びが始まります^^

 

自分がママやパパにしてもらっているように

「赤ちゃん」を 大事にお世話して、

自分が得ている満足を お人形さんにも与えて、

自分の満足を、もう一度 体験しています(〃ω〃)

 

「お世話遊び」。

子どもの、とっても幸せなあそびです。 

 

お客さんの気持ちに、寄り添ってくれるお店

さらにその他 , , 0 Comments

オーダーメイドケーキ専門店 プティブーレ

 

退職したばあちゃんの、お祝いのケーキです^^

すてきなケーキ屋さんが、

わたしと子どもたちの気持ちを

心いっぱいに、ケーキに表現してくれましたヽ(*^^*)ノ

 

ケーキ屋さんが、

誰かのことを想って注文している

そのお客さんに寄り添って、ケーキを作ってくれる。

とっても幸せなお祝いになりました(^人^)イッパイカンシャ♪

 

「シュガークラフトとオーダーメイドケーキ専門店 プティ ブーレ」 さん^^
http://www4.ocn.ne.jp/~boule/

地方発送も、してくれるんですよ♪

 

このケーキ屋さんは、

こんなふうにお祝いしたいんです、という私の言葉に、

じゃあ、こんなふうにしましょうか?

こんなのはどうですか?

と、

こちらの気持ちを汲んで、いろんな提案をしてくれました。

だからこそ、

安心して提案を聞くことができたし、お任せすることができました^^

そして当然、

贈られるばあちゃんだけでなく、

贈る私にとっても、とてもしあわせなケーキを作り上げてくれました^^

 

「贈られる人も、うれしい」

「贈る人も、うれしい」

 

おもちゃ屋さんのわたしにとって、

初心にかえる

とてもありがたい出会いをいただきました^^