絵の具で色を感じる体験を、子どもに

さらにその他 , , 0 Comments

シュトックマー社の絵の具を使って

 

2種類の赤と、2種類の黄色で、いろんなオレンジをつくってみてね^^

どの色をどのくらい混ぜたら、美しいオレンジができる?

ただのオレンジじゃない、「美しい」オレンジ。

 

じゃあ、

できた色に、白を混ぜるとどうなる?

あるいは、黒を混ぜるとどうなる?

どの色を、どんなふうに混ぜたら、「美しい」色ができる?

 

講師は、「美しい色」にこだわります。

「あなたが、それぞれの色をよく知って、

子どもたちの、色の体験が豊かになるよう手伝うのです。」

 

画材メーカー、シュトックマー社の

ピーター・ピショッタさんを迎えた

絵の具とクレヨンの講座を受けてきました。

 

さあ、わたしは、どんなふうに

子どもたちに「色の体験」を伝えましょう^^

違う色を混ぜると、とたんに姿を変えて

驚きや喜びや満足をもたらしてくれる色たち。

 

「美しさを感じる体験」は、欠かすことはできません。

だって

子どもたちは、美しいものを見て育っていかなくてはならないから。

自分は美しい、よいものに囲まれて生きていることを

ちゃんと感じて大きくなってほしいから。

 

わたしは、それを

子どもたちとママに感じてもらえるよう、

色の体験、しっかり伝えたいです^^

    

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA