足で育つ子どもたち。

さらにその他 , , , 0 Comments

足で育つ子どもたち

 

子どもの足が変!…って、言われています。

 

土踏まずがない。

重心がかかとのほうにあって、姿勢がおかしい。

足の指が浮いていて、足の指で地面を掴むようにして歩けない。

なんとなく、ふらふらしていて、ふんばれない。

体の左右が、肩の位置など右と左で高さがずれている。

走り方がぎこちない。

すぐに転ぶ…。

 

でもこれ、じつは、20年くらいまえからずっと言われていること。

そして最近、すごく多くなってきている。

 

 

そのことを聞いてわたしがいちばんに思い出したのは、

いろんなところで見る親子の風景です。

 

3歳とか、もう大きいのに、

ベビーカーに乗ってる子。乗せられている子。

 

「靴下を脱いじゃだめ!」と、

暑くて、または気持ち悪くて、きゅうくつで、

脱ぎたいのに脱がせてもらえない子。

(冬だって、どんなに冷たい床だって、

子どもたちは元気だったら平気なのにね。)

 

はだしで外歩きなんて、汚い!危ない!

と、問答無用で禁止されている子。

 

そんなあ…ヽ(;▽;)ノ

それじゃあ、せっかくの足も、体も、育たないじゃん…

 

素足で、自分の足で

あったかさや、冷たさや、熱さ、

デコボコ、すべすべ、柔らかさ、硬さ、

気持ちよさや、気持ち悪さや、痛み…。

いろんなことを感じるから、刺激をいっぱいもらうから、

子どもの体も脳みそも育つんじゃないか(`・ω・´)

 

自分の足と、足の指で

しっかり地面をつかんであるくから、

子どもの体も脳みそも育つんじゃないか(`・ω・´)

 

どんなに人の足に歩きやすい靴だって、

足を守ってくれる靴下だって、

素足で歩くことがもたらしてくれるものには敵わない。

 

せっかくの赤ちゃんの

生まれたての足、歩きたての足。

はだしの気持ちよさを、

足でいろんなことを感じる楽しさを、

自分で歩く喜びを、

いっぱい感じさせてあげてほしいです。

そして、

自分の足で立って、歩いて、

自分の体を感じながら大きくなる、そんな喜びも^^

 

 

「子どものからだを守る」ことと、「子どものからだを育てる」こと。

親である自分にとっても、子どもにとっても、

いちばんいいやりかたを

見つけていけるといいですね。

 

いつでも、悩みはつきものですが^^♪

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です