かばんねこが、おもちゃ屋さんを通じてしたいこと

さらにその他 , , 0 Comments

デパートやスーパーで、

ほかの人に聞こえるほどの声で、感情を丸出しにして

子どもを怒っているママを見ることがあります。

すごく、不安になる。

こんなに人の目があるところで

こんなふうに感情をあらわにしちゃうほど、

ぎりぎりなのかな。

 

この人が頼れる場所や人が、ありますように…!

 

 

 

汐見稔幸先生という教育学の先生が

講演会でお話されていたことを思い出します。

日本のママが子どもにかける言葉ナンバーワンは、

「はやくしなさい!」 

でも、

「こう言ってたら、うちの子すーごく行動が速くなりましたの♡…っていう人、いないでしょ^^」

と、汐見先生。

じつは、「はやくしなさい!」という言葉には、

「私の言うことを聞きなさい!」という意味がかくれてる。

命令口調の言葉かけが多くなっている時は、

子どもを自分の思うようにさせたい気持ちになっているとき。

ストレスいっぱいの時なんですって。

日本のママに必要なのは、

「助けて欲しい時に、助けて!って言えること」

汐見先生は、そうおっしゃいます。

かばんねこは、自分も辛かったからこそ、

ずうっと、そういう場所を作りたいと思っていました。

もうすぐ、つくります^^

ママたちのいい場所になれるよう、努力します。

 

かばんねこというおもちゃ屋さんが、ママと子どもたちのいい場所になれますように

積み木とブロックには、人形用意!

さらにその他 , , 2 Comments

こんな人形や動物たちがいるだけで、子どもたちの積み木やブロックの遊びはもっと楽しく、もっと豊かになります。

 

これは、1年生がつくったもの^^

 

どんな物語が

きみのなかで展開されていたのかなあ…!

 

積み木やブロックの遊びには、

イメージを描いて積む楽しみ、

想像して作る楽しみのほかにも、

出来上がったあとの

「想像」の楽しみがある^^

 

出来上がったものを舞台に、

シーンを想像する遊び。

物語を想像する遊び。

実際に人形たちを動かして、

物語を楽しむ遊び。

 

こんな人形や動物たちがいるだけで、

子どもたちの積み木やブロックの遊びは

もっと楽しく、もっと豊かになります。

 

人形は、凝ったものでなくていいのです。

レストランや何かのおまけでもらったものでもいい。

ガチャガチャで集めたものでもいい。

もちろん、数があるとすごくうれしい^^

そしてもちろん、

どこかのお店でちょうどいいのを見つけた時に

あなたが買って用意してくれたら、

あなたの子はほんとうに幸せ^^

 

人形たちは

積み木やブロックのそばに、

子どもの目につくように、

おいてあげてください^^

 

あなたが思いもしない形で

ある日突然

物語の世界が

現れるかも^^

 

 

なんでもやってみよ

さらにその他 , , , 2 Comments

経験すると、自分の体で感じたことを、自分の体を通じてわかったことを、ほかのことに応用できる。

お休みの日に、本棚作り^^

兄ちゃんのマンガが、あふれそうなのです…(^^;

 

こんな道具も、使わせてみれば

意外にうまいもの。

 

トンカチやねじ回しの経験があるからでしょうね、

「これもまっすぐに入るようにすればいいんだな」

「このへんまででいいな」

「ねじやまがつぶれないように…」

って、

大人が言わなくても

自分でいろいろ気をつけているようです。

 

経験すると、

自分の体で感じたことを、

自分の体を通じてわかったことを、

ほかのことに応用できる。

 

今の子どもは

いろんなことを知ってるけれど、

体験が少ないと言われます。

 

例えば、

トンカチのことを知っていても、

どんなふうに使うのか

持ち方

狙いを定めること

しっかり握ること

力加減

当たると痛いということ

指を打たない工夫

そんなことは、やってみないと分からない。

 

カブトムシの幼虫の姿を知っていても、

その柔らかさ、

匂い

持った時の軽さ、

感触は

分からないし

何も感じられない。

 

体験するからこそ、

「これもきっとこんな感じだな」

「あのときと似てるな」

って、わかる。

 

体験するって、

やっぱり大事。

 

ただの知識じゃなくて

自分で感じて、分かるからこそ

自分の引き出しにしっかりしまえる。

新しい経験をした時に

自分の引き出しから

さっと出して、応用できる。

 

なんでもやってみよう ε=┌(;・∀・)┘ヤッテミヨ!

なんでもさせてみよう ε=┌(;・∀・)┘サセテミヨ!

 

 

いい体験と、ともだち^^

さらにその他 , , 0 Comments

すみません!

2日間、日記をお休みしてしまいまいした(>_<)

保育園のスキー合宿に、付き添いで行っておりました^^

 

25人、全員がニコニコ滑れるようになって

大満足で帰ってきました(〃ω〃)ウレシイ〜

 

さてさて話題は全く別ですが、

先日の保育園のどんどやきのこと^^♪

 

 

円錐形に組み上げられた篠に火をつけると、

はじめ小さく弱々しかった火は、

次第に強さと勢いを増し、

あっという間に篠のてっぺんまで駆け上ります。

 

火が空に向かって上る怖いような姿と

燃えさかる色、

顔をかっかさせる熱さ、

空からばらばらと落ちてくる燃えかす、

ふわふわと飛んでくる灰、

匂い、

音。

五感でいっぱい感じたら…

お待ちかねの、まゆ玉を焼きました^^♡

 

 保育園のどんどやきのこと^^♪

 

そして、やっぱりここでも

煙たい!

目が痛いよう!

熱い熱い!

はやく食べたい!

あつくて持てないよ〜!

焼きすぎてかたくなっちゃったあ!

にんじんはやわらかいよ!

おいしい^^!

はんぶんこしよ!

たくさんのことを感じながら、

友達との、先生との、

いろんなおしゃべりが聞こえてきます^^

やっぱり、

体験するって いいね!

そしてそこに、

友達や先生や、大好きな人が一緒にいるって

すっごく いいね^^!

 

 

もういっかい!またあした^^

さらにその他 , , , , 0 Comments

子どものころ、  トランプ、かるた、オセロ、将棋、花札...  しましたか^^?

 

子どものころ、

トランプ、かるた、オセロ、将棋、花札…

しましたか^^?

 

「したした^^!」

という方は、きっとこんな思い出じゃないかなあ?

私が覚えているのは、

夜、ご飯を食べたあと、寝るまでのあいだに

親やきょうだいと遊んだということ。

友達とじゃなくて、家族と、寝る前に。

 

そして、何回かゲームをしたあと、

最後はきまって

「今日はこれでおしまい^^子供は寝る時間^^」

という親の言葉で終わりを迎えていました。

 

「もういっかいだけ!」

という子どものお願いも、

「またあした^^」

というゆるぎない言葉で見事に断ち切られました。

そうして、しぶしぶながら、

でも明日への思いを抱いて

子どもたちはお布団に行くのです。

 

子どもたちの「もういっかい!」という

言葉のなかにあるのは、

「何回でもやりたい幸せなこと」という想いです。

親が自分だけに向かい合ってくれている、

うれしくて楽しくて幸せな時間。

子どもだった私にも、とっても嬉しい時間でした^^

 

だから、親になったとき

家には 家族みんなで遊べる

ボードゲームを用意しようと思いました。

「もういっかい!」「またあした^^」

「いつまで起きてるの!早く寝なさい!」

より、ずっといい^^

 

いま、あなたの子どもたちには、

「もういっかい!」したい楽しいことや

「またあした^^」に希望をもちながら眠りにつく

そんな生活の時間がありますか?

 

遊びでなくても、絵本でも、じゃれつきごっこでも、

大好きな家族と同じことをして楽しむ時間。

 

いい思い出を持っているなら、

ぜひ、大事にしてほしいのです。

持っていないなら、

どうか作ってほしいのです。

 

子どもたちに

今日も楽しかった、という気持ちで、

明日を楽しみにする気持ちで、

眠りにつく幸せをプレゼントする時間。

 

 

あこがれ

さらにその他 , , 0 Comments

朝、寝癖をつけたまま宿題の10歳さん^^

 

朝、寝癖をつけたまま宿題の10歳さん^^

 

ふとみると…、やや!( °o°)ヤヤ!!

ずいぶん難しい漢字を習うようになったんだねえ。

もうすぐ5年生の君、

思えばもう、10代ではないか!

 

母は、すっごく背筋が伸びる思いがしました。

母がぼんやりしているあいだに、

君はどんどん大きくなって、

いろんなことを体験して、学んで、

いろんなことを感じて、考えていくんだ。

 

いかんいかん!

 

「ルールは破られるためにあるのです。

そしてルールを破ることが許されるのは、

未来に対して よりよい状態をお返しできるという確信を、

個人の責任で引き受ける時なのです。」

なんて

そんなことを中学生や高校生の君に

かっこよく言っちゃうのが母の夢なんだから、

しゃきっとしていなくっちゃあ!

 

10歳の君よ、みていたまえ

母は、君のあこがれであり続けるぞ^^ゾー♡

 

 

あ ちなみに、上のセリフは

「チーム・バチスタの栄光」(海堂尊 著)よりです^^♪

 

 

 
 

うちの人気積み木 「ネフスピール」

さらにその他 0 Comments

うちの人気積み木 「ネフスピール」

こんなバランスで立っちゃうって、

わくわくするなあ…!

次はどんなふうにしちゃおうか…^^♪

 


うちの人気積み木 「ネフスピール」

ひとつひとつがこんな形だから、

どんなふうに並べようか、

どんなふうに重ねようか、

たのしく挑戦できる^^


うちの人気積み木 「ネフスピール」

小さい子は、まずはこんなふうにたかーく積んで。

しっかり組めるから、倒れない^^

まずはここから。

そして、いろんなチャレンジがはじまってゆく。

 

 

スイスのネフ社の積み木、「ネフスピール」

もともとは家具職人だったネフさんが、

遊び半分で作った積み木なんですって。

いいなあ!

やっぱりおもちゃ作りは、

「遊び」から始まらなくっちゃあ^^

 

 

あなたがだいすき!

さらにその他 , , 0 Comments

保育園の友達に出した年賀状^^

保育園の友達に出した年賀状^^

 

なんて書くのかなあ…と思っていたら、

 

「ずーっと ともだち」

「いつも いっしょ」

 

いいなあ

おっかーは、こんなふうに

素直に「大好きだよ〜^^」って

言えないよ。

 

信じる気持ちとか迷いとか、

疑う気持ちとかプライドとか、

でも大丈夫、でもでも…って

ばかみたいに悩んで、

それで結局

なんでもないような言葉を伝えてる。

 

そんなこと、悩むことじゃないんだね

君たちみたいに、

大好きなら、「大好き!」って

言っちゃえばいいんだ。

 

だって、うれしいもの^^

そんなふうに言ってくれる人がいるということ。

そんなふうに言える自分だってこと。

 

自分が傷つきたくないから

いろいろ小細工をして自分を守ってるくせに、

誰かにその

自分がしてないことを求められないね。

 

まずは自分のことを、信じよう。

自分の素直な気持ちも、

それを、ちゃんと伝えられるということも。

そして、

その気持ちが、ちゃんと相手に届くということも。

 

 

 

 

 

まゆだまから文化

さらにその他 , , 0 Comments

まゆだまから文化

 

保育園のみんなで作った「まゆだま」

 

毎年、お米の粉を みんなでこねこねして、

白いのと、人参と、青のり

3つの色で、きれいなお団子を作ります。

それを、今年も

山で採ってきたヤマボウシの枝に挿して

飾ってありました^^

 

小正月の日に どんどやきをして、

その火であぶった「まゆだま」を食べると、

健康で、良い一年が過ごると言われています^^

 

どんどやき、楽しみだね^^!

 

 

毎年、みんなで用意して、みんなで飾って、

季節の行事を楽しみに待つ。

毎年、みんなで年中行事を楽しむ。

毎年、みんなで年中行事の由来や願いを聞く。

大きくなるごとに、その意味がだんだんわかってくる。

経験と知識を、体と心に毎年積み重ねてゆく。

自分より小さい子に教えられるようになる。

そうして、その行事を

自分たちが、担えるようになってゆく。

 

大げさかな^^!

でも、こんなことを、

わたしは大事にしたいと思っています。

 

 

自分が経験して、良さを感じたものこそ

大事にしたい、って思えるもの。

次の子に、伝えていきたい、って思うもの。

 

文化って、こんなふうに伝わっていくんだな、って

すごく実感します。

 

 

年中行事だけじゃなく、儀礼もそう。

食事のマナーとか、共同体の営み方とか、

言葉とか、コミュニケーションの仕方とか、

日本を形作ってきた もろもろ。

地域の もろもろ。

おうちの もろもろ。

子どもたちには、そんな

自分を包んでいる文化を、しっかり感じて大きくなってほしい^^

 

今、あなたのいる場所の文化が、

あなたという人を形作る、大事なもののひとつになっているから^^

 

あなたを育んでくれる、

おうちの、地域の、日本の文化。

いっぱいいっぱい 感じて、

大きくなってね^^! 

子どもたちに、手仕事の遊び…続き^^

さらにその他 , , , , , 0 Comments

指編みは、4歳さんくらいからかな^^リリアンや織り機は、5歳さんくらいからかな^^

指編みは、4歳さんくらいからかな^^

リリアンや織り機は、5歳さんくらいからかな^^

 

子どもたちは、

何分もかかって、

あるいは何日もかかって、

根気よく作り続け、仕上げていきます。

 

そこには、

「疲れたけど、もう少しがんばろう」…と

自分自身をコントロールする姿を感じます。

それは

「がんばりなさい!」と

外から指示されるのではなく、

子ども自身のい内側からわきあがる

「がんばりたい!」力です^^

 

そして、

自分の満足いくまであそびこんだとき、

または「できあがった!」と実感するまでに至ったとき、

子どもたちは、

とってもとってもいい顔を見せてくれます^^!

 

だから、大人のかたは、

編み方を教えて

困ったところを助けてあげることに加えて、

もし 途中で「また今度」ということになったら、

その子の作っているものが仕上がるまで

その「また今度」の状態を、そのまま保ってあげられるよう

工夫してあげてほしいです^^

 

指編みなら、指の代わりに何か棒を通して

崩れないようにしてあげる。

リリアンや織り機などの道具なら、

糸と一緒にしまえるよう、箱を用意してあげる。

そして、「子どもの目に見える場所」に、

一緒に片付ける。

 

いつでも、

目に入って あっと思ったときに、できるように^^

続きをやろう…と思ったときに、できるように^^

 

 

そして、出来上がったら

その出来上がったものを見て、

一緒に喜んであげてください^^

「長ーーーーいのができたねえ^^!!!」

「ここで糸の色を変えたんだね、この色好きだなあ^^」

「前よりも編み目がとってもきれいだよ^^」

 

でもそのとき、

「ところでこれ、何に使うの?」なんて

質問はナシ^^!!!!

 

髪飾りしたり

鍋敷きにしてみたり

ポシェットを作ってみたり、

いろいろ作れますけれど、

まず子どもたちにとっては、

目的はさておき

「その手仕事が楽しい^^!」

「その手仕事をやりたい^^!」

んですから(^O^)

 

楽しい遊びに、目的なんて無いのダーヽ(´▽`)/

 

その先の作りたいものが無ければ、

また糸をほどいて

はじめから遊んじゃえばいいのダーヽ(´▽`)/

 

 

5歳をすぎた子どもたちには、手仕事の遊び

さらにその他 , , , 0 Comments

5歳をすぎた子どもたちに用意してあげたいのは、手仕事のおもちゃです^^

 

5歳をすぎた子どもたちに用意してあげたいのは、

手仕事のおもちゃです^^

 

指編みやリリアン、織り機など

一本の毛糸が 組み紐になり、 織物になる…。

そんなふうに

自分で何かを作り出すことができるおもちゃ。

 

5歳を過ぎて

手指を自在に使えるようになった、

そしてそのことに自信と喜びを感じている子どもたちにとって

自分の手を使って何かを創りだすことは、

とってもうれしいし、楽しい活動です^^

 

だから、リリアンや織り機は

子どもたちにすごく満足感をもたらしてくれる遊びで、

それをすること自体が 喜びだったりします^^

 

遊びは、子供が自分でやりたい!と思ってやるものです。

その原動力になるのは、

子ども自身の興味や欲求です。

特に、手や指を使う遊びは、

手指がめざましく発達する時期の子どもが

自分の力を積極的に使おうとする活動です。

楽しくて、わくわくなんです^^

 

こういった遊びを通じて、

子どもたちは手指の機能だけでなく、

意欲や集中力を育んでいくんです^^

「やりたい!」「楽しい!」気持ちでね^^!

 

できる力があるんだもん、

思い切り楽しく、のびのびと、

その力を発揮してほしいですね

うんうん、

応援したいではありませんか^^♪