子どもと遊びと道具^^

さらにその他 , 0 Comments

3歳ころの子どもたちがあそぶおもちゃに、  「小さな大工さん」というおもちゃがあります^^

 

3歳ころの子どもたちがあそぶおもちゃに、

「小さな大工さん」というおもちゃがあります^^

 

ここおもちゃは、トンカチで小さな釘を打って遊びます。

釘を打つことそのものを楽しんだり、

絵柄や模様を作って遊んだりするものです。

 

 

このおもちゃ、このトンカチが、すっごく大事なんです^^!

 

遊び始め、子どもたちは

なかなかトンカチを 上手に打つことができません。

 

でも、そのうち

トンカチの柄を、短く持つようになります^^

トンカチの頭のほうにより近く、柄を握るんです。

柄を短く握ったほうが、

釘に狙いを定めやすいことが 分かるのでしょうね^^ワオ

 

そうして

そのうち遊びに慣れてくると、

今度は柄を長く、より柄の下の方を持つようになります。

だって、そう持ったほうが、

釘をずっとよくトントンできるんだもん^^

(トンカチに、より効率よく力がはいるんだもん^^ネー)

 

子どもたちは、こんなふうに

くりかえしくりかえし遊ぶことを通じて、

いろんなやり方を試して、

うまくいったりいかなかったり

試行錯誤を重ねて、

自分の能力に合った道具の使い方を知り、

そしてそれをどんどん使いこなして

自分にとってより良いやり方を見つけていくのです。

 

大人が「指導」なんてしなくても

遊びを通じて

子どもたちは

自分で何かを気づいたり、発見したりできる。

 

自分の力を、

ゆっくり、自分のペースで、

でも着実に、伸ばしていく。

 

 

そして、

こんなふうに

遊びを通じて育まれた「道具を使う力」は、

お箸やスプーンなど、

日常生活の力として 生かされていきます^^

 

なんとも

頼もしいですねえ^^!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA