つくる楽しみ、できる喜びを

さらにその他 , , 0 Comments

積み木、ブロック、ビーズ、粘土...。  子どもが働きかけることで、  いろんな形に変わって イメージを豊かに広げることができる  こんな素材のおもちゃは  子どもたちの育ちにとって、とっても大切です^^

 

積み木、ブロック、ビーズ、粘土…。

 

子どもが働きかけることで、

いろんな形に変わって イメージを豊かに広げることができる

こんな素材のおもちゃは

子どもたちの育ちにとって、とっても大切です^^

 

でも、

子どもたちは最初からひとりで

そういう遊びを覚えていくものではありません^^

 

こういう「素材」のおもちゃは、

大人の関わりが、とっても大事。

だって、ただの「木」なんだもん。

だって、ただの「モノ」なんだもん。

なあに、これ…?って感じだよね^^!

 

 

例えば積み木なら、

はじめは大人が作ってみせて 子どもが壊す、

…という遊びから始まります。

  (こわすのたのしいな^^)

  (がしゃーん!って音がたのしいな^^)

 

そうしているうちに

子どもが自分で ちょっと作ってみて、自分で壊す。

そんな遊びの芽が出てきます^^

  (やってみたいな^^!)

  (ママみたいにできた!うれしい^^!)

  (もっとやってみよう^^!)

 

そうして

自分でしっかり積み木を積んで並べて、

何かを作れるようになっていくんです^^

  (これはきりんだよ^^)

  (こんどはおうちをつくってみよう^^)

  (できたあ!みてみて^^!!)

 

 

3歳さんころ、

自分が働きかけることで

何かがちゃんと出来上がっていくこと。

「できた^^!」が目に見えて分かること。

どんどん高く、

どんどん上手に、

どんどんいろんなふうに、自分でできること。

 

それを実感し、自信になる遊びの機会を

たくさん与えてあげたいです。

 

イメージ豊かに何かを作れるって

すごーくすてきなこと^^!

それはあなたも よく知ってるし、

子どもたちにもその喜びを知ってほしいな…って思っているはず。

 

だから、その喜びを、おしえてあげましょうよ^^

子どもには、

積み木やブロックなど

構成して遊べるおもちゃを用意してあげてください。

そして、

単に与えるだけじゃなくて、

「それを使って大人が一緒に遊んであげる」^^

 

最初の最初の、

「やってみたい!」の気持ちと

「できた!」の喜びを、

まずはしっかり、

子どもたちにプレゼントしてあげたいですね^^

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA