まゆだまから文化

さらにその他 , , 0 Comments

まゆだまから文化

 

保育園のみんなで作った「まゆだま」

 

毎年、お米の粉を みんなでこねこねして、

白いのと、人参と、青のり

3つの色で、きれいなお団子を作ります。

それを、今年も

山で採ってきたヤマボウシの枝に挿して

飾ってありました^^

 

小正月の日に どんどやきをして、

その火であぶった「まゆだま」を食べると、

健康で、良い一年が過ごると言われています^^

 

どんどやき、楽しみだね^^!

 

 

毎年、みんなで用意して、みんなで飾って、

季節の行事を楽しみに待つ。

毎年、みんなで年中行事を楽しむ。

毎年、みんなで年中行事の由来や願いを聞く。

大きくなるごとに、その意味がだんだんわかってくる。

経験と知識を、体と心に毎年積み重ねてゆく。

自分より小さい子に教えられるようになる。

そうして、その行事を

自分たちが、担えるようになってゆく。

 

大げさかな^^!

でも、こんなことを、

わたしは大事にしたいと思っています。

 

 

自分が経験して、良さを感じたものこそ

大事にしたい、って思えるもの。

次の子に、伝えていきたい、って思うもの。

 

文化って、こんなふうに伝わっていくんだな、って

すごく実感します。

 

 

年中行事だけじゃなく、儀礼もそう。

食事のマナーとか、共同体の営み方とか、

言葉とか、コミュニケーションの仕方とか、

日本を形作ってきた もろもろ。

地域の もろもろ。

おうちの もろもろ。

子どもたちには、そんな

自分を包んでいる文化を、しっかり感じて大きくなってほしい^^

 

今、あなたのいる場所の文化が、

あなたという人を形作る、大事なもののひとつになっているから^^

 

あなたを育んでくれる、

おうちの、地域の、日本の文化。

いっぱいいっぱい 感じて、

大きくなってね^^! 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA