子どもが「表現」できる環境をつくってみる

さらにその他 , , , , 0 Comments

子どもがいつでも表現できる環境

 

冷蔵庫のマグネットが、新しい作品になっていました。

「なわとび」ですね^^

 

今日、6歳さんは、友達と長縄をして遊んだんです。

楽しかったんですね^^

跳んでいる子の、ぴょんと膝を曲げている感じ、とてもよくわかる。

 

こんなとき、

子どもの目にふととまって 自分の気持ちを表現できる「もの」があるって、

やっぱりいいなあと思います^^

こんなふうに、いろんな形のマグネットでもいいし、

画用紙と色鉛筆でもいいし、

粘土とか、他のもっと気軽な工作材料でもいいし、

楽器でふんふんと歌をうたってもいい。

 

「ふと目にとまって」っていうのが、なんとも言えず、いいんです^^

「そうだ、やろう^^!」の、ちょうどいいきっかけになる。

 

描きながら、作りながら、

子どもたちは、楽しかったできごとを振り返りながら

同じ体験をもういちど繰り返し、

幸せな気持ちをもう一度、じっくりと味わう。

「作る」「描く」楽しみは、こんな喜びからも育まれます^^

 

そういうわけで、

台所の冷蔵庫のマグネットと同じ役割として、

居間には画用紙とペン・色鉛筆が、

いつも「すぐ目について見えるところ」に、置いてあります。

子どものため半分^^作品を見るわたしの楽しみのため半分^^

 

子どもの味方

さらにその他 , 0 Comments

子どもの味方

 

秋田のばあちゃんに、電話で読み聞かせ。

さあ、6歳さんの行動の裏に隠された心は、次のうちどれでしょう?

①おしゃべりのネタが切れた

②洗濯物をたたみたくない(お手伝いを先延ばし)

③おばあちゃんに、絵本を読んであげたいの♡

 

ま、答えはともかく(`・ω・´)ドーセ②ジャ

 

子どもをいつでも受け入れてくれる人がいるって、いいね^^

私も、ばあちゃんになったら

おこりんぼのママからの安全地帯、

いつでもきみの子どもの味方になりたいなあ〜^^

 

楽しく集中して「見る力」、カタカタ人形^^

さらにその他 , , , , 0 Comments

「見る力」を育ててくれる、カタカタ人形

 

台のいちばん上に人形をセットするだけだけど、

人形がカタカタ下りてくる独特の動きが楽しい^^

人形の動きはちょっと忙しいけれど、

人形を目で追うのは

上から下に、ゆっくり視線を下げるだけなので、

赤ちゃんも、しっかり目で追うことができます^^

人形の動きとカタカタ楽しい音につられて、

赤ちゃんは、自然におもちゃに集中します。

しっかり見て、見る力を、ゆっくり育んでいきます^^

 

 

子どもとお絵かき、あなたのお絵かき

さらにその他 , , , , 0 Comments

子どもとお絵かき、あなたのお絵かき

 

ペンや絵筆を持つと、緊張するようになったのは、いつから?

描き始めるまでに、ものすごく時間がかかるようになったのは、いつから?

自分の楽しみでなく、他者の評価を大事にするようになったのは、いつから?

「評価」にさらされると、「評価」が気になる。

「上手だね」って、言わないで。上手じゃないといけなくなるから^^

 

 

   

子どもが「そのおもちゃ、貸して」と言われたら

さらにその他 , , 0 Comments

子どもが「そのおもちゃ貸して」と言われたら

 

ゆずりあう気持ちを子どもに教えるのは大切だけど、

それを「貸してあげなさい」とか

「○○ちゃんの方が大きい子なんだから貸してあげようね」とか

「貸さないの?いじわるだね」とか…、

ちょっと子どもに『強制』するような促し方になるのは、

やっぱり違和感があります。

きっと、誰もが迷いながら、していることと思います^^

私は、

『自分が手に持っているおもちゃを貸してあげることで、

その友達にどんないいことがあるか』

それを教えてあげるのがいいかな、と感じています。

「その積み木がもうひとつあると、お城ができるんだって」

「そのおもちゃを、ケーキの飾りにしたいんだって」

そして、「どうする?」って聞きたい。

ダメなら、仕方ない。次のチャンスを待ちます(^_^;)

でも、貸してあげられたら、

貸してもらった子が喜んでいるところを一緒に見て、

「貸してあげてよかったね」って共感したい^^

夏の必須アイテムといえば?

さらにその他 0 Comments

水遊びが大好き!

 

もう、水遊びもそろそろおしまいですね^^

 

しかしねえ、6歳さん、11歳さん。

「ちょっと水にさわってくるね」

と言うくせに、

ちょっとで済んだためしがないではないか。

 

用意なくして心の余裕はありません。

濡らすな!汚すな!ってムダに怒るより、

濡らしちゃダメだよね、って気にして遊ぶより、

荷物がひとつ増える方が、ずっと楽だし、楽しい。

なにより子どもが思い切り遊べるのが、一番いい!

 

夏の必須アイテム、

「着替え一式」も、そろそろおしまいです^^

 

 

子どもの「いい」表現を求める前に

さらにその他 , , , , 0 Comments

子どもの表現、生き生き、のびのびしてる?

 

大人は子どもに

「生き生き」「のびのび」とした表現を求めるけれど、

子どもが「いい表現」をするということは、

その子どものなかに

「いいもの」が入っていなければなりません。

そして、

その子のなかに「いいもの」が入っているかどうかは

その子どもがどれだけ「いい環境」のなかで

過ごしているかということに尽きる。

美しいものを見ている?

いい音を聞いている?

気持ちのいいものに触れている?

子どもと過ごす毎日のなか、

子どもが見たり触れたりするものに、

どれだけ周りの大人が意識を向けているか。

もしあなたが、そこに無頓着でいるなら、

あなたは、

子どもに「いいもの」を求めることはできない。

 

 

じゃれつきあそび、子どもの体にいいんです^^

さらにその他 , , 0 Comments

じゃれつきあそびは子どもの体を育ててくれる^^

 

大きくなっても、じゃれつき遊びは楽しい^^

子ども自身ができることも、要求も、

だんだんダイナミックになっていきます。

 

母はかなり昔に、早々にギブアップしているので、

体で遊ぼう系を一手に引き受けている父。

5年生の兄ちゃんも、まだ父と相撲ごっこをしているので

小学生時代は、まだまだ体でくっついて遊ぶのが楽しい時期ですね^^

 

じゃれつき遊びは、体全体をいっぱい使います。

体の動かし方や、バランスの取り方、腕や足や体の筋肉、ふんばる力…。

まだまだ育つ子どもの体全体を、楽しく伸ばしてくれます^^

 

遊びながら、自分の体ができることをよく知って、

遊びながら、自分の体を自在に動かせるようになるんです。

子ども同士で走り回って遊ぶのも、おんなじ。

子どもの体「全体」を、バランスよく、しっかり育ててくれる^^ 

 

サッカーや野球など、特定のスポーツを習っている場合、

そのスポーツが使う、足や腕などの「体の特定の部分」はよく発達するけれど、

あんまり使わない部分は育ちにくい、と言われています。

小学生時代までは、体全体をよく使うような運動もしたほうが

いいそうですよ。

まあ、なんでもいいけど、

とにかく「子どもはよく遊べ!」ということに尽きる^^ヨネ  

 

運動会も教育です。子どもにいいものを伝えたい!

さらにその他 , , , 0 Comments

運動会も教育です。子どもにいいものを伝えたい!

 

子どもたちに手渡されるものは、担任の先生によるものが大きいなあ。

運動会の表現は「虎舞(とらまい)」

岩手県三陸・釜石一帯の港町に伝わる踊りだそうですよ。

民舞は子どもが学校に上がって5年目にして、初めて。

保育園以来で、とってもうれしいです^^

しっかり腰を落としてしゃがむ、すっと立つ、

早く、ゆっくり、緩急のある動き、

力強い、しなやかな、手足の運び、

民舞って、ほんとうにいいな^^

学校も、アウトメディアとか、そんなことを言ってくるのに

渡されるプリントにはアニメの絵がばんばんついてくるし、

運動会の表現なんて、それこそ子供番組やアニメの曲がほとんどです。

美術や制作も、独自の工夫の余地がなかったり、美しさは二の次だったり。

 

地域のことや文化や美しいもの、そういうのって

日頃の、日常のなんでもないところから、

子どもにたくさん触れさせていくべきだと思う。

学校に多くは求めないけれど、

それが「先生による」ところが大きいのは、とっても残念。

大地を蹴って跳ねる!走る!虎舞。

子どもたちが、太鼓の音を体全体で感じて

踊るわくわくや気持ちよさを満喫してくれたら、いちばんいいな^^

 

 

ままごとで、子どものイメージを助ける^^

さらにその他 , , 0 Comments

ままごとで、子どものイメージを助ける^^

 

ままごと、子どもたちはよくしますね^^

でも、

食事の場面では、「作って」「食べる」

そこで終わることが多くないですか?

食べ終わったら、食器を下げて、洗う。

洗ったら拭いて、棚に片付ける。

食事をつくるところから食器をしまうところまでを

大人がつなげて見せてあげると、

子どもたちのまねごと遊びも

よりイメージ豊かにつながっていきます。

ごちそうを作るときも、

野菜を洗う、切る、炒める…と

ほんとうにお料理しているみたいに

具体的に、丁寧に演じてあげると、

子どもたちがどんどんイメージする力にもなります。

ままごとで大人が果たしてやる役割は、

こんなところにあったりします^^

 

 

    

おおきなかぶ短縮版

さらにその他 , 0 Comments

本読みの宿題、おおきなかぶ短縮版

 

「おじいさんがかぶをひっぱって、

おじいさんをおばあさんがひっぱって、

うんとこしょ、どっこいしょ、

とうとうかぶは、ぬけましたあ〜……(u_u)グウー…」

宿題の本読み、

ネコやネズミが登場する前に

みごとにカブは抜けて、

6歳さんはそのまま夢の中…

そうです、要するに、眠かったのです(´-ω-`)ソーキタカー