子どもを褒めるのはどんなとき?

さらにその他 , , 0 Comments

子どもを褒めるのはどんなとき?

 

どんなとき、どんなふうに子どもをほめていますか?

お絵描き、折り紙、粘土、鉄棒、かけっこ…

「上手上手」「うまいねえ」「できたね」「速かったね」

こういう言葉かけが、多くなってしまいがち^^デス

子どもは、

大好きな大人にほめられたい、認められたいと、

いつも強く思っています。

でも、それが

「上手だったとき」「できたとき」「一番だったとき」

だけだったとしたら、

子どもはそのことだけに価値を置いていきます。

「上手じゃなきゃ、ほめてもらえないんだ。」

「できなきゃ、だめなんだ。」

「速くなきゃ、早くできなきゃ、だめなんだ。」

言葉の裏に隠れたそんな不要なメッセージを、

子どもたちは受け取っているのかもしれません。

今、小学校や中学校では

失敗を怖がる子どもたちが、とても多いと言われています。

「上手でない自分」「できない自分」「失敗した自分」に

価値が見いだせないでいるために、

必要以上に、失敗を恐れている。

「がんばったね」「ここ、工夫したね」

結果ではなく、経過を褒めたい。

「うれしかったね」「悔しかったね」

子どもたちの心に共感したい。

「集中していたね」「正直だったね」

人格でなく、行為を褒めたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA