じゃれつきあそび、子どもの体にいいんです^^

さらにその他 , , 0 Comments

じゃれつきあそびは子どもの体を育ててくれる^^

 

大きくなっても、じゃれつき遊びは楽しい^^

子ども自身ができることも、要求も、

だんだんダイナミックになっていきます。

 

母はかなり昔に、早々にギブアップしているので、

体で遊ぼう系を一手に引き受けている父。

5年生の兄ちゃんも、まだ父と相撲ごっこをしているので

小学生時代は、まだまだ体でくっついて遊ぶのが楽しい時期ですね^^

 

じゃれつき遊びは、体全体をいっぱい使います。

体の動かし方や、バランスの取り方、腕や足や体の筋肉、ふんばる力…。

まだまだ育つ子どもの体全体を、楽しく伸ばしてくれます^^

 

遊びながら、自分の体ができることをよく知って、

遊びながら、自分の体を自在に動かせるようになるんです。

子ども同士で走り回って遊ぶのも、おんなじ。

子どもの体「全体」を、バランスよく、しっかり育ててくれる^^ 

 

サッカーや野球など、特定のスポーツを習っている場合、

そのスポーツが使う、足や腕などの「体の特定の部分」はよく発達するけれど、

あんまり使わない部分は育ちにくい、と言われています。

小学生時代までは、体全体をよく使うような運動もしたほうが

いいそうですよ。

まあ、なんでもいいけど、

とにかく「子どもはよく遊べ!」ということに尽きる^^ヨネ  

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です