子どもが「表現」できる環境をつくってみる

さらにその他 , , , , 0 Comments

子どもがいつでも表現できる環境

 

冷蔵庫のマグネットが、新しい作品になっていました。

「なわとび」ですね^^

 

今日、6歳さんは、友達と長縄をして遊んだんです。

楽しかったんですね^^

跳んでいる子の、ぴょんと膝を曲げている感じ、とてもよくわかる。

 

こんなとき、

子どもの目にふととまって 自分の気持ちを表現できる「もの」があるって、

やっぱりいいなあと思います^^

こんなふうに、いろんな形のマグネットでもいいし、

画用紙と色鉛筆でもいいし、

粘土とか、他のもっと気軽な工作材料でもいいし、

楽器でふんふんと歌をうたってもいい。

 

「ふと目にとまって」っていうのが、なんとも言えず、いいんです^^

「そうだ、やろう^^!」の、ちょうどいいきっかけになる。

 

描きながら、作りながら、

子どもたちは、楽しかったできごとを振り返りながら

同じ体験をもういちど繰り返し、

幸せな気持ちをもう一度、じっくりと味わう。

「作る」「描く」楽しみは、こんな喜びからも育まれます^^

 

そういうわけで、

台所の冷蔵庫のマグネットと同じ役割として、

居間には画用紙とペン・色鉛筆が、

いつも「すぐ目について見えるところ」に、置いてあります。

子どものため半分^^作品を見るわたしの楽しみのため半分^^

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です