ままごとはまねごと

さらにその他 , , 0 Comments

ままごとはまねごと

 

ままごとは、まねごと^^

お母さんになったり、お姉さんになったり、

お店屋さんになったり、お医者さんになったり、

子どもたちは 忙しい^^♪

でも、その「まねごと」が、すごくいい^^!

まねるから、何かを知る。

まねるから、やりかたを考える。

まねるから、わからないところを想像する。

まねるから、自分ならこうする!を想像する。

ままごとをしている子どもたちを、

しばらくのあいだ、眺めてみてみて下さい。

子どもたちの生きる力は、フル回転です^^

 

   

    

家庭訪問、何を伝える^^?

さらにその他 , , 0 Comments

家庭訪問は、親の願いを伝える場

 

家庭訪問が、終わりました^^

5年生のタカハシ先生、1年生のイトイ先生。

 

家庭訪問は、日頃の無精から

「あわて大掃除」の負担が大きいのですが(^_^;)ダメネ〜

でも

先生と、15分でも

膝を付き合わせて話ができるというのも、

めったにない、ありがたい機会^^

 

わたしが先生に言いたいことはあまりないのだけれど、

先生には

「親以外の大人の人に、いっぱい関わってもらいたい」

という願いを、伝えています。

 

一緒に笑ったり、思いやってもらったり、叱られたり、

親以外の大人とかかわる経験を通じて、

子どもとしてのわきまえ方や自立を

子どもたちには

経験を通じて考えていってほしい、そう願っています^^

 

もちろんその先生が、

「人生の重要な良い出会い」になってくれたら

ほんとうに幸せ^^

 

本気で憧れる人に出会わないと

自分の小ささ、未熟さもわからないし、

自分もああいう人になれるのだという希望があればこそ

努力もできる。

 

それに、

子どもたちには、いい先生に出会ってほしいな^^

大好きで、あこがれで、信頼しちゃう先生。

そんな大人がいればこそ、

「大人って、いいな」

「大人になるって、いいな」って、思えるんだしね^^

 

 

タカハシ先生も、イトイ先生も、

子どもたちへの想いを感じる、すてきな先生でした。

良い出会いは、ほんとうにありがたい^^

 

そして親は、

すてきな先生にであったら、

子どものためにも、先生を応援しないとね!

先生だって誰だって、

批判より応援のほうがうれしいし、頑張れるから^^

 

 

子どもとハサミと包丁と「危ない!」

さらにその他 , 0 Comments

子どもとハサミと包丁と「危ない!」

 

子どもは、切りたい  (・∀・)キリタイ!

 

ハサミや包丁を使っているママや上の子を見つめる瞳、

キラキラです (☆∀☆)ハア〜♡

 

子どもは、いろんなものを、切ってみたいのです。

紙、ひも、布、きゅうり、だいこん、いろいろ…

 

でも、

はさみや包丁を使うためには、

「目でモノを見ながら、手を動かす」という仕事が

しっかりできなければなりません。

 

だから、子どもは

大人に正しい使い方を教えてもらって、

そして自分で練習して

コツを覚えなくてはなりません。

 

それなのに大人は、

教えることも練習させることもしないで、

ただただ

「危ない!」「まだ小さいでしょ!」と

禁止することが多い。

 

子どもは、「能力が劣っている」からできないのではありません。

正しい使い方を、教えてもらっていないだけ。

練習していないだけ。

 

ハサミや包丁を渡すと、

必ず怪我をするようなことを

子どもはやるのですか?

子どもは、「劣っている」んじゃない。

きちんと教えて、手本を示せば、

危ないことも、使い方も、よくわかる。

 

ハサミや包丁で、子どもは

危ないことをしたいんじゃないのです、

「自分も、できるようになりたい」のです。

 

できるようになりたい!っていう気持ち、

大人だって、よくわかる^^

 

だから

「危ない(`Δ´)!」よりもまず、

「できるようになりたいんだなあ(*^_^*)」

 

そう思ってみたら

子どもとの暮らしって、ちょっとイイかも^^ヨ♪

 

 

子どもと暮らす

さらにその他 , 0 Comments

しばらくご無沙汰しておりました。

 

いろいろなことが新しくなる春は、

お母さん業にも、いろんなことが入れかわり立ちかわり、

やってくるものですねえ…( ゚∀ ゚)イイワケ…カモネ♪

 

さて、

忙しいなかにも

たのしい彩りを添えてくれるのが、子どもたち(*^_^*)

 

子どもと暮らす

 

「足を洗ってきなさい〜(`・ω・´)コラ〜!」

…と、

お風呂場に行かせたつもりの母ですが、

なんだか意外に近くから、水音が…(・3・)ン?

洗面台に、ハムスターみたいになって

挟まっている人達がいました。
 

 

アア,カワイクテ(°д°)オコレニャイ…

 

 

積み木の大事②…「量」

さらにその他 , , 0 Comments

積み木の大事は、十分な量と、形^^

 

積み木で何よりも大切なのは、

「十分な量」と、「形」です^^

 

形のことは、昨日書きました。

「基尺をもとにして、ひとつひとつが正確に作られていること^^」

 

今日は、ふたつめの「量」についてです^^♪

 

子どもは積み木の数を数えて、

その数にあわせて遊ぶわけではありません。

遊んでいるうちに どんどんアイディアが湧いてきて、

どんどん遊びを発展させていく…。

これが、積み木の遊びです^^

 

だから、

「よーしもうすぐできるぞ〜(o>ω<o)ワクワク」

…なんていうときに、

積み木が足りない!!なんて、

すごく悲しいし、せっかくのわくわくもやる気も、なくなっちゃう。

というより、

使える積み木がなくなってしまった時点で、

遊びがストップしてしまいます。

アイディアがあっても、もう前には進めないヽ(;▽;)ノアア

 

じゃあ、積み木はどのくらい用意すればいいの?

…って、思いますね^^♪

それは、その子の遊び込み方や人数によると思いますが、

積み木で遊んでいる姿を見ていて、

「あーこりゃそろそろ足りない感じかなあ…(^^;アララ」

という親の実感で 買い足していくのがいいのかなー、

と思っています(*^_^*)ムセキニン?

 

積み木遊びは どの子にもしてほしい遊びではありますが、

その子がどれくらい夢中になるか、

そしてどのくらいの量を必要とするかは、

遊んでみないとわかりません^^♪

 

で、

もしあなたが「あ、積み木足りなそう」…と思ったとして、

そのあなたぜひ!伝えたいことがあります。

それは、

子どもの「今」は、

クリスマスや誕生日まで、待ってられないよ〜^^!

ということ。

 

その子の遊び込み方を見ていれば、

どのくらい夢中で、どのくらい楽しさを感じていて、

どんなに想像を広げ、どんなに考えているか、わかるはず。

そして、その子の好奇心や探究心の深まりも、

子どもが自分のなかに育てている 力も…^^ワカル♡

 

そんな姿を見てしまったら、

子どもの必要は、あなたの必要になります、きっと^^

さ、

できるだけ早めに、追加の積み木を用意してあげてください^^ネ♪

 

どこまで大量にいけるかは、

子どもののめり込みと、あなた次第〜( ゚∀ ゚)アハ

 

積み木の大事①…「形」

さらにその他 , 0 Comments

積み木で大事なことは、「量」と「形」

 

積み木で何よりも大切なのは、

「十分な量」と、「形」です^^

 

今日は、まず「形」について♪

 

積み木の「形」で大事なことは、

とにかく

「どのピースも、基尺をもとにして作られている」ということです^^

 

基尺というのは、その積み木の「基本になるサイズ」のこと。

たとえば、「基尺が4センチ」なら、

セットになっている積み木は

「どれも4センチの倍数で作られている」、ということが大事です^^

 

どれも4センチの倍数なら、

立方体(4センチの高さ)も、直方体(8センチの高さ)も、

ひらべったいの(2センチの高さ)も、円柱(4センチ・8センチの高さ)も、

どんなふうに積んでいっても、

かならず積んだ高さが釣り合うようになります^^

だから、簡単に橋を架けられるし、シンメトリーの形も作れる^^♪

ストレスなくあそび込むことができます。

 

ただ、その基尺について、すごーく大事なことがあります。

それは、

「0.1ミリも 長すぎたり短すぎたりすることなく、正確に!!」

ということ^^

 

たとえ、ほんのちょっとの長さの違いでも、

たくさん積むうちに、それは1ミリの差になり、2ミリの差になり…

そうなると、

隣り合う積み木の塔は、高さが違うものになってしまいます。

橋をかけようと思っても、その橋は斜めになってしまいます。

 

だから、

基尺をもとに、正確に作られた積み木でないと、

「てっぺんの高さがずれちゃってるから、もう積めないよ〜(;_;)」

とか、

「同じ高さのはずなのに、ガタガタの建物になっちゃった、やめたヽ(`Д´)ノ!!」

とか、

「なんでかわかんないけど、てっぺんがななめになってるよおーヽ(;▽;)ノ」

…ということになって、

やる気もワクワクも失せて、遊び自体が壊れてしまいます。

 

 

もう一度、この写真を見てください^^

積み木は「基尺」が大事^^!

これは、私の子どもが2歳の時に作ったもの。

そしてこれが、

わたしが初めて

「あー!積み木、ちゃんとしたの用意しなくっちゃ!!!」

と思った「理由」です(^^;

 

なーーんだかちょっと、いびつ…ですね^^♪ 

子どもと「アースデイ」にて^^

さらにその他 , , 0 Comments

群馬大学工学部の「アースデイ」に行ってきました^^

直訳すると、「地球の日」

地球を知り、愛し、守ろう!

…そんな想いにつながる企画がいっぱいです^^

 

でもやっぱり、6歳さんはといえば…

アースデイin桐生

わんこちゃんたちに夢中(^^;ヤッパリ…

 

このわんこちゃんたち、

イベントの最後に

「東日本大震災の募金に協力してくれるとうれしいな^^」

という言葉とともに、子どもたちに分けてもらえました。

 

会場のあちこちで、

「困ってる人たちのところに届けられるお金だよ」と

ママやパパに

お金を渡してもらっている子どもたち^^

 

こういうのって、いいな。

子ども自身が楽しく、誰かの助けになれる^^

そして親は、「あなたも誰かの助けになれる」ということを、

子どもに伝えられる。

 

どんなきっかけでもいい、

もちろん風船のためでもいい。

誰かの助けになることに関わる

いいチャンスがあったら、

子どもをちょっとでも関わらせたいです。

そして、

そのことに子どもが関わったことを、

たとえすぐ忘れちゃってもいい、子どもにちゃんと教えたいです。

 

だから

「アースデイ」というイベントにつれていくのも、

「募金にかかわらせる」というのも、

わたしから子どもへの、ゆるーいメッセージです。

 

 

きっとどのママやパパも、そうだと思います。

どこかに一緒に行くこと、

何かに一緒に参加すること、

何かを一緒に見ること。

そういうことを通じて、

どのくらい届くかはわからないけど

ゆるくて大切なメッセージを、いっぱい贈りながら

親は、子どもを育てていくのでしょうね^^

 

 

ままごとには、小さい素材も^^

さらにその他 , 0 Comments

3歳からは、ままごとに素材を^^

 

3歳くらいになったら、

ままごとには

チェーンリングやおはじきなど

小さな素材も、用意してあげてくださいね^^

 

小さな素材たちは、

ご飯になったり、おかずになったり、

ごちそうの飾りになったり、飲み物になったり、

子どもたちの想像に応えて、大活躍してくれます^^

 

そして、子どもたちは

いろんないろんなごちそうを、

あなたに作ってくれるでしょう(#^.^#)イタダキマス

 

これも子どもの自立として喜んでみる^^

さらにその他 , , 0 Comments

これも子どもの自立...^^?

 

卒園文集に、手形と足形の欄をみつけた6歳さん。

ばたっ!…と文集を置くと、

即準備!即塗り!!即押し(°д°)ハヤ!!!

 

これも自立というものでしょうか、

親のおかげですね、きっと♡

だから絶対に、

片付けの方も、期待できると思います(ーー;)サテドーカナ…

 

 

友達っていいな^^

さらにその他 , , 0 Comments

子どもと友達

 

友達がいるって、とっても大事なこと^^

 

子どもたちは、遊びのなかで

一緒に遊んでいる相手と自分の 意見や考え方が

ときどき、違うことに気がつきます。

 

そういうとき、子どもたちはどうしているでしょう^^?

 

自分の意見を押し通すこともあるし、

友達の言うことを認めて、友達の考えを優先することもありますね。

 

大人のわたしたちと、実はしていることは同じ^^

 

相手の性格や能力や立場をみつめながら、

自分のとるべき態度や役割を意識して、

相手への対応を変えるんです(*^^*)ワオ

 

友達と遊びながら

「相手を理解すること」 と、

「自分自身を知ること」 を、

同時にしていくんですね^^スゴイナア♪

 

だって、ケンカしたくないもん。

だって、楽しく遊びたいもん。

だって、大好きだもん。

 

そして、それがうまくいくこともあるし、

うまくいかないこともある。

毎日毎日 友達と遊びながら、

いろんな場面で、

「友達を理解すること」と「自分を知ること」を 試行錯誤していく^^

 

だから、

友達への共感や理解が深まれば深まるほど、

自分のことをよく見つめることのできる子になっていく

…ということ、ほんとだなあと思います^^

 

 

子どもたちには、

互いに共感しあえるようないい友達を

人生のいつのときにも、持ってほしいです^^

 

だから、子ども時代から、

友達をつくることと、友達とつきあうこと、

いっぱい試行錯誤して、

いっぱい笑って、いっぱい泣いて、

子どもたち、大きくなあれ^^!!!