子どもの心と、お人形さん

さらにその他 , 0 Comments

子どもの心と、お人形さん

 

ふと見ると、

勉強机に座ったことがなかった

シルバニアファミリーのお人形が

はじめて、

机に向かっていました。

 

椅子にはランドセル、

机には、ノートのつもりの紙切れ と えんぴつ^^

 

昨日、6歳さんは

入学式でした。

 

小学校という新しい世界へのわくわく、

どんなことをするのかな、「べんきょう」のわくわく、

そんなわくわくの気持ちが

見えるようです^^

 

お人形さんを机に座らせてみたり

「べんきょう」させてみることで

自分のわくわくの気持ちを、

目に見える形にして、改めて感じているのかもしれない。

わくわくを、自分のできるやりかたで表現して

気持ちの整理をしている、のかもしれません。

 

そして、わくわくと一緒に

感じているかもしれない「不安」も、

お人形さんを「学校の子」にしてみることで、

自分が体験するように動かしてみることで、

やっぱり、気持ちの整理をしているのかもしれません。

 

子どもたちは、

お人形を動かすことで

楽しかったことやうれしかったことを追体験して 幸せな気持ちになり、

悲しかったことやイヤだったことを追体験して 気持ちの整理をし、

まだしたことがない憧れや 不安なことを、疑似体験してみる。

 

6歳さん、どんなことを思って

お人形さんを机に座らせたのかな^^?

 

母は、あなたの心の姿を

お人形さんを通じて

ちょっとだけでも 知ることができること、

とってもありがたいです。

 

なんといっても、鈍いお母さんだからね(^_^;)アハ

 

お人形さんに、感謝^^!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA