子どもと「アースデイ」にて^^

さらにその他 , , 0 Comments

群馬大学工学部の「アースデイ」に行ってきました^^

直訳すると、「地球の日」

地球を知り、愛し、守ろう!

…そんな想いにつながる企画がいっぱいです^^

 

でもやっぱり、6歳さんはといえば…

アースデイin桐生

わんこちゃんたちに夢中(^^;ヤッパリ…

 

このわんこちゃんたち、

イベントの最後に

「東日本大震災の募金に協力してくれるとうれしいな^^」

という言葉とともに、子どもたちに分けてもらえました。

 

会場のあちこちで、

「困ってる人たちのところに届けられるお金だよ」と

ママやパパに

お金を渡してもらっている子どもたち^^

 

こういうのって、いいな。

子ども自身が楽しく、誰かの助けになれる^^

そして親は、「あなたも誰かの助けになれる」ということを、

子どもに伝えられる。

 

どんなきっかけでもいい、

もちろん風船のためでもいい。

誰かの助けになることに関わる

いいチャンスがあったら、

子どもをちょっとでも関わらせたいです。

そして、

そのことに子どもが関わったことを、

たとえすぐ忘れちゃってもいい、子どもにちゃんと教えたいです。

 

だから

「アースデイ」というイベントにつれていくのも、

「募金にかかわらせる」というのも、

わたしから子どもへの、ゆるーいメッセージです。

 

 

きっとどのママやパパも、そうだと思います。

どこかに一緒に行くこと、

何かに一緒に参加すること、

何かを一緒に見ること。

そういうことを通じて、

どのくらい届くかはわからないけど

ゆるくて大切なメッセージを、いっぱい贈りながら

親は、子どもを育てていくのでしょうね^^

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です