家庭訪問、何を伝える^^?

さらにその他 , , 0 Comments

家庭訪問は、親の願いを伝える場

 

家庭訪問が、終わりました^^

5年生のタカハシ先生、1年生のイトイ先生。

 

家庭訪問は、日頃の無精から

「あわて大掃除」の負担が大きいのですが(^_^;)ダメネ〜

でも

先生と、15分でも

膝を付き合わせて話ができるというのも、

めったにない、ありがたい機会^^

 

わたしが先生に言いたいことはあまりないのだけれど、

先生には

「親以外の大人の人に、いっぱい関わってもらいたい」

という願いを、伝えています。

 

一緒に笑ったり、思いやってもらったり、叱られたり、

親以外の大人とかかわる経験を通じて、

子どもとしてのわきまえ方や自立を

子どもたちには

経験を通じて考えていってほしい、そう願っています^^

 

もちろんその先生が、

「人生の重要な良い出会い」になってくれたら

ほんとうに幸せ^^

 

本気で憧れる人に出会わないと

自分の小ささ、未熟さもわからないし、

自分もああいう人になれるのだという希望があればこそ

努力もできる。

 

それに、

子どもたちには、いい先生に出会ってほしいな^^

大好きで、あこがれで、信頼しちゃう先生。

そんな大人がいればこそ、

「大人って、いいな」

「大人になるって、いいな」って、思えるんだしね^^

 

 

タカハシ先生も、イトイ先生も、

子どもたちへの想いを感じる、すてきな先生でした。

良い出会いは、ほんとうにありがたい^^

 

そして親は、

すてきな先生にであったら、

子どものためにも、先生を応援しないとね!

先生だって誰だって、

批判より応援のほうがうれしいし、頑張れるから^^

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA