子どもとハサミと包丁と「危ない!」

さらにその他 , 0 Comments

子どもとハサミと包丁と「危ない!」

 

子どもは、切りたい  (・∀・)キリタイ!

 

ハサミや包丁を使っているママや上の子を見つめる瞳、

キラキラです (☆∀☆)ハア〜♡

 

子どもは、いろんなものを、切ってみたいのです。

紙、ひも、布、きゅうり、だいこん、いろいろ…

 

でも、

はさみや包丁を使うためには、

「目でモノを見ながら、手を動かす」という仕事が

しっかりできなければなりません。

 

だから、子どもは

大人に正しい使い方を教えてもらって、

そして自分で練習して

コツを覚えなくてはなりません。

 

それなのに大人は、

教えることも練習させることもしないで、

ただただ

「危ない!」「まだ小さいでしょ!」と

禁止することが多い。

 

子どもは、「能力が劣っている」からできないのではありません。

正しい使い方を、教えてもらっていないだけ。

練習していないだけ。

 

ハサミや包丁を渡すと、

必ず怪我をするようなことを

子どもはやるのですか?

子どもは、「劣っている」んじゃない。

きちんと教えて、手本を示せば、

危ないことも、使い方も、よくわかる。

 

ハサミや包丁で、子どもは

危ないことをしたいんじゃないのです、

「自分も、できるようになりたい」のです。

 

できるようになりたい!っていう気持ち、

大人だって、よくわかる^^

 

だから

「危ない(`Δ´)!」よりもまず、

「できるようになりたいんだなあ(*^_^*)」

 

そう思ってみたら

子どもとの暮らしって、ちょっとイイかも^^ヨ♪

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です