子どもといっしょに、ゆっくり育とう。

   かばんねこのブログ

そのときに、ぴったりのもの

おもちゃ , 0 Comments

赤ちゃんはボールがすき!

今日のお客さま、もうすぐ1歳さん。

木のボールが、とってもお気に入りです^^

片手でひとつを持って、もう片方の手にも持って、両手でしっかり握って、ニコニコ。

両手のボールどうしをカチカチして、いい音がするのが楽しそう。

まねしてカチカチすると、うれしそうに笑ってくれます^^

 

ボールをお皿に置けるかな?ためしにかばんねこが置いてみると、やってみようとします。

でもまだ、ボールから手を放すことはできないね。もうひといきな感じです。

 

木のボールは適度な重さがあるから、しっかり持ってる感じがあって、いいね。

木のボールは、すべすべしているような、でもちょっとでこぼこがあるような、触った感じが気持ちいいね。

はっきりした色があると、目を惹かれて触りたくなるね。

しっかりギュッと握れる、ちょうどいい大きさだから、うれしいね。

木のボールは、このちびさんにとって、自分からしっかり関わって遊べるちょうどいい「モノ」だったんですね^^

 

1歳さんのころは、自分の手でしっかり持つ・放すなど、手の全体をしっかり使って大ぶりにあそべるモノが楽しいです。

玉おとしのように「ここに玉をいれると、ここから出てくる」みたいに、「こうすると、こうなる」っていうのがいつも決まっているおもちゃも、大好き。

そうして、木のボールなら、

玉を手から放すと、落ちる。

玉を押してみると、転がる。

転がると、そのうち止まる。

玉は、積むことができない。…とか、いろいろ。

繰り返し遊びながら、そんな「あたりまえ」の世界のなりたちも、知っていけます。

 

自分から「モノ」にかかわって、自分のできることを、自分のペースで、自分のやりかたで、思うように遊ぶからこそ、わかることです。

あれ?と思ったことを、もう一度。

楽しい!と思ったことを、もう一度。

ふしぎだな…と思ったことを、もう一度。

こんなふうにしてみたい!を、もう一度。

納得するまで、繰り返し、繰り返し、やってみることができるから、自分でしっかり、大事なことに気づけるんですね。

 

そのときの育ちや興味にぴったりのものが子どものそばにあることは、とってもありがたいことです。

そしておもちゃは、いつでも、いつまでも、何度でも、子どもにつきあってくれます。

 

(よくわからないけど忙しそうな、大人よりも、ね^^;)

 

 

********************************

まいにち育つ、こどものために。こどもと育つ、おとなのために。

木のおもちゃと手仕事屋かばんねこ
℡ 0277-46-6644(10-17:30 木土祝お休み)
お問い合わせもどしどしどうぞ

 

☆かばんねこのイベント、遊びにおいで~!ちびさんも、パパさんも、ご一緒に^^

6月25日(土)10:30~ かばんねこでアナログゲーム大会!
2回め、3回めのかたも、ぜひぜひ!

 

6月21日(火)10:30 ほんとに危ないの?電磁波のこと、わしずさんに聞いてみよう!の会
再参加は半額です。あれ?これはどうすればいいんだっけ?は、直接聞いちゃったほうがイイです。

 

7月8日(金)10:30 ちかさんの、わらべうたベビーマッサージの会 
ちかさんのつくりだす雰囲気に、気持よく、ちびさんとリラックスしちゃいます。

 

☆かばんねこが子どもと大人のためにできること、いろいろ。

①おもちゃと遊びの専門店 (0歳から100歳まで!)

②キッチンと、おもちゃと絵本のあるレンタルスペース

③美しい素材で、ワークショップいろいろ(子ども・大人)

④アナログゲームの面白さ、白熱の体験会!(4歳から100歳まで!)

⑤子どもの育ちと遊びの講座(年齢や発達にあわせて・積み木などテーマ別)

⑥おもちゃのプランニング(子ども・療育・お年寄りのために)

⑦遊びの空間プランニング(子ども・療育・お年寄りのために)

 

詳しくは、お問い合わせくださいね^^ドシドシ!

 

*******************************

 

子どもと大人、べつべつに!

やっぱりゲームだ, レンタルスペースで 0 Comments

にじいろのへび

もうすぐ、ひさしぶりのアナログゲーム会です。

 

6月25日(日)かばんねこで、アナログゲーム大会!

 

今までは、親子で一緒にゲームを体験していただきましたが、今回からは、大人と子どものテーブルを別にします!

子どもは子ども同士、大人は大人同士、それぞれにぴったりのアナログゲームで遊びましょう。

 

子どもは、自分よりも別の子のほうを気遣うママがいないからこそ(!?)のびのび、

大人は、「いい大人」でなくちゃいけない仮面を脱ぎ捨てて、おもいきり、心を開放して遊びましょう^^

(はじめはみんなで一緒に遊んで、お子さんの気持ちが落ち着いてから別テーブルにします)

 

高学年以上の子は、大人チームにまざってもOK!

ゲームにまだ参加できないちびさんは、かばんねこのおもちゃで、大人のそばで遊んでいられます。

 

かばんねこには、また新しいアナログゲームが入ってきています。

試しに、遊びに、いらっしゃい^^

 

6月25日(日)かばんねこで、アナログゲーム大会!

 

 

********************************

 

まいにち育つ、こどものために。こどもと育つ、おとなのために。

木のおもちゃと手仕事屋かばんねこ
℡ 0277-46-6644(10-17:30 木土祝お休み)
お問い合わせもどしどしどうぞ

 

☆かばんねこのイベント、遊びにおいで~!ちびさんも、パパさんも、ご一緒に^^

6月25日(土)10:30~ かばんねこでアナログゲーム大会!
2回め、3回めのかたも、ぜひぜひ!

 

6月21日(火)10:30 ほんとに危ないの?電磁波のこと、わしずさんに聞いてみよう!の会
再参加は半額です。あれ?これはどうすればいいんだっけ?は、直接聞いちゃったほうがイイです。

 

7月8日(金)10:30 ちかさんの、わらべうたベビーマッサージの会
ちかさんのつくりだす雰囲気に、気持よく、ちびさんとリラックスしちゃいます。

 

 

☆かばんねこが子どもと大人のためにできること、いろいろ。

①おもちゃと遊びの専門店 (0歳から100歳まで!)

②キッチンと、おもちゃと絵本のあるレンタルスペース

③美しい素材で、ワークショップいろいろ(子ども・大人)

④アナログゲームの面白さ、白熱の体験会!(4歳から100歳まで!)

⑤子どもの育ちと遊びの講座(年齢や発達にあわせて・積み木などテーマ別)

⑥おもちゃのプランニング(子ども・療育・お年寄りのために)

⑦遊びの空間プランニング(子ども・療育・お年寄りのために)

 

詳しくは、お問い合わせくださいね^^ドシドシ!

 

*******************************

 

 

これ、なーんの場面だ^^?

おもちゃ 0 Comments

ドールハウスで3びきのくま

「あれれ…!ぼくのおふとんに、だれか寝てる!」

ひとり『3びきのくま』ごっこをしています^^

 

今日は思いがけなく、うれしい、会いたかった人がみえました。

かばんねこのドット柄のかわいいお手玉や、お人形のおんぶひもを作ってくださっている横田さん。

ガーゼハンカチや給食マスクも、もうすぐかばんねこに出しますね。かわいらしくて、とってもすてきです。

 

その横田さんが、ドールハウスのお布団を作って持ってきてくれたんです。

クッションや、テーブルマットもあるんですよ。

いつものドールハウスが、ぐっとすてきになりました。人が暮らしているやわらかさ、あたたかさを感じるお家になりました。

 

で、さっそく、ドールハウスのベッド2つに「おうちのつみき」のベッドも持ちだして、3びきのくまごっこ^^

おうちのつみき

おうちのつみき

 

でも、こんなしっかりしたお布団を用意しなくても、フェルトを布団やまくらサイズに切るだけでも、いいのです。

小さめのハンカチを折ったりしても。

そんなちょっとした小物があるだけで、人形あそびはもっと楽しく、ぐっと豊かになりますね。

ちょうど、お布団をゲットした今日のかばんねこみたいに(!)

 

お人形遊びは、ただ人形を持ってぶつぶつ言っていたり無言で人形を動かしていたりするだけにみえるけど、

子どもの頭のなかは、フル回転しています。

 

いろんな役になりきって、ファンタジーの世界にあそんだり。

いつもの暮らしを再現して、「いつもおんなじ」の安心を感じられたり。

自分が経験した嬉しかったことや悲しかったことを再現して振り返って、もういちど嬉しさを体験したり、悲しい気持ちを消化することができたり。

 

こころを落ち着かせてくれる、すてきで大事な、あそびです。

 

かばんねこも、『3びきのくま』をわくわくと再現してみるだけで、なんだかうれしくて、元気になっちゃいました^^

 

 

 

人気の素材おもちゃだから

お店のこと, 子どもとそだつ 0 Comments

プレイマイス

プレイマイスは、人気があります。

とうもろこしでできている、楽しい遊びの素材です。

 

濡れタオルのうえでちょんちょんとして少し湿らせたら、プレイマイス同士を、ぴた!

あっというまに、くっついちゃう^^!!

(とうもろこしのデンプンが、そのピタ!のひみつです)

 

実際にくっつけてみながら説明すると、子どもも大人も、なんだかわくわくとしたお顔をみせてくれます。

そして、

ハサミで切ったり、

手のひらでくるくると丸めてみたり、

ぎゅうぎゅう押してぺったんこにしてみたり、

ペンで目を描いたり、

…と、やってみるごとに、わあ~♡♡ってうれしそうなお顔になっていくのが、かばんねここそとってもうれしい^^

やってみたいな、子どもにやらせてあげたいな、そんな気持ちでわくわくしてお家に持って帰るのが、いちばんうれしいですものね。

 

ただ、こういう「素材」は、作り手さん次第。

どんどん作っていっちゃう子は放っといていいのだけど、どうしたらいいかわからなくなっちゃう子にとっては、「好きなように」「自由に」って、とっても怖いことばかもしれません。

 

なかなか手を伸ばさなかったり、ちょっとやってみて止まっちゃったり、そんなときは、まずは見本を見ながら、その見本のまねっこをして、一緒につくってみるのがいいと思います。

そしたら、「あ、こんなふうにすると○○ができるんだ」「あ、こんなふうにするとうまくいくんだ」っていうのが、わかってくる。

その子次第で、もう一つ、またひとつ、とにかく「まねて作ること」を楽しむのが、いいかもしれません。

そしたら絶対に、じきに、「こうしてみようかな…^^」の気持ちが生まれてきます。

 

よくわからないうちに「好きなように、自由に」の海に放り出されるのではなくて、

自分の意志で決めて、「好きなように、自由に」のひろーーい海に、進んで出て行く。

 

「素材」のおもちゃは、子どもに手渡す時が、とても大事なのかもしれませんね^^

 

 

 

いろとかたちのおもちゃがあると

おもちゃ, 子どもとそだつ 0 Comments

パズル ねこ

「色を、合わせてる!」

ねこが逆さまですが、うれしくて楽しくて、撮らせてもらいました^^

 

パズル「ねこ」の大小のピースと、トンカチ遊び「大工さん」のペグたち。

別々のおもちゃだけど、おんなじ色があることに、気づいたんですね。

2歳さん、すてきだなあ…^^

 

赤が3個・青が3個・黄色が3個…、

「いろ」が何色か、同じ数だけ揃っているモノ。

○が5個・△が5個・□が5個…、

「かたち」が数種類、同じ数だけ揃っているモノ。

 

そんなモノが、子どもが自由に触れて遊べる場所にあると、こんなふうに、とてもすてきなことが起こります。

もちろんお皿でも、お箸でも、いろんなパッケージが揃ったお菓子たちでも、ストックしてある数種類のジュースたちでもいいのだけど、

「いつでも」「自由に」なら、やっぱりおもちゃで揃えてあげたいです。

 

自分の手を動かして、何かに気づいて、やってみる。

そしたら、なにかいいことが、できた。

なんだか、いい感じに納まった。

楽しい。楽しかった。

最後まで、納得するまでやりきった!

 

そんな体験が、子どもたちの次の「やってみたい、やってみよう」という意欲につながるのだし、

自分自身で体験したからこそ、子どもたちが生活のなかでいろんなふうに応用していける「生きた経験」になります。

 

おもちゃという「モノ」が子どもたちに与えてくれるものは、とっても大きいものだなと、お客さまのちびさんたちから、改めて教えてもらっています^^

 

 

 

子どもとことば

子どもの毎日, 子どもとそだつ 0 Comments

子どもとことば

「ことばがおそくて…」と、お話されるかたがいらっしゃいます。

早い子も、ゆっくりな子もいるんだって、わかっているけど、まわりの同じ年頃の子どもたちと、つい比べてしまう。すごくわかります。わたしも、とても囚われていました。

 

今、ちびさんは、お母さんのお話することをいっぱい聞いて、自分のなかにためているところなんですね、きっと。

モノとことばがうまくつながっていなかったり、もうひといきだったり。

 

だけど、ことばのためのお手伝いは、ただ待つだけで、なんにもできないわけじゃないなと思っています。

あれれ、ちょっとゆっくりかなあ…と思ったら、できることって、ある。

 

かばんねこにいらっしゃるちびさんを見ていて感じるのですが、

お母さんのいうことをよくわかって、自分の言いたいことも伝えられるちびさんのお母さんは、たいてい、ゆっくりお話されるかたが多いです。その人のありかたとして、そうなのかなと思います^^

「ああ、りんごを持ったの。りんご赤いねえ。」

「ナイフでちょっきんするんだね。ギュッと持ってね。」

ゆっくりお話すると、聞きやすいですものね。

そして、ひとことが、短い。いろいろつめこんでないから、情報量が少なくて、わかりやすい。

 

そして、一番大事だなあと思うことは、

「今、この子が注目しているものについて、話す」ということ。

その子が見ているもの、やろうとしていること、していること、注意を向けたこと。

子どもは、何かをしながら人の話を聞くとかは、できません。

でも、自分が興味を持って「今」見ているものだったら、知りたいし、聞きたい。

言葉で表現できるんだったら、してみたい。伝えたい。

だから、キラキラした目で、話す人の顔をみて、しっかり聞いていたりする。

そうして、大好きなひとや、食べ物や、おもちゃの名前が、初語になったりします^^

 

ゆっくり、ことばひとつひとつをはっきり、短く、聞きやすいように。

その子が今、見て、聞いて、動いて、意識を向けているものを。

だから、子どもがモノにかかわって遊ぶ「おもちゃ」って、実はとても、おしゃべりがしやすいのです。

その子が今、見て、聞いて、動いて、意識を向けているものが、わかるから。

 

そんなふうにして、ことばが子どものなかに蓄えらていくお手伝いは、

いつもそばにいる、その子が大好きな大人のひとだからこそできるお手伝いなのだと思います。

 

おしゃべりさん、早口さんには、ちょっとつらいかな^^????

 

 

 

赤ちゃんとシフォンスカーフ

おもちゃ, レンタルスペースで 0 Comments

シフォンスカーフ

明日は、ちかさんのわらべうたベビーマッサージの日です。

シフォンスカーフが大活躍でしょうか^^

ふわふわ、やわらか、すべすべ、きれい。

赤ちゃんのお顔にかぶせるようにしても、視界を遮らないから、目の前にいる人の顔がしっかりみえるから、怖くないんです。

自分で「ばあ!」って、シフォンスカーフをひっぱって顔から取るのも、楽しい^^

ぎゅっと握ったり、放したり、下に落としたり、なにかの入れ物から引っ張りだしたりも、楽しい^^

遊ばない時は、赤ちゃんの近くに下げておくだけで、家の中を通るやわらかな風や、人が通る時に起こる空気の流れで、シフォンスカーフがふわふわ、ゆらゆら、目で追う遊びに誘ってくれます。手を伸ばして触れたり、引っ張ったりも、楽しいですね^^

 

ねんねのころをすぎて、2歳くらいからは、なりきりあそびにも活躍です。

エプロンになったり、長いスカートになったり、リボンになったり、お人形のおふとんやおんぶひもになったり。

忍者の覆面や、怪我をした人の包帯、美容院のケープ、いろいろ。

 

男の子も、スカートを履いたりするのはあたりまえ。

女の子だからとか男の子だからとか関係なく、育つ過程でたくさん体験してほしいことです。

なりきって、まねて、やってみて、いろんなことをできるようになっていくんですもん。

なりきりあそび、どんどんやらせてあげてほしいなと思います^^

シフォンスカーフはお値段も優しいですし、いくつかの色を用意されると、ますます子どもたちのあそびに大活躍してくれる、すてきな素材です。

 

 

 

アナログゲーム会では

やっぱりゲームだ, レンタルスペースで 0 Comments

アナログゲーム!

ガスプラザの「あひるのこ」にて、ママ向けのゲーム会をしてきました。

ママたちは子どもの様子をみながら、かわりばんこにアナログゲームのテーブルに集まって、とってもいい顔でアナログゲームを楽しんでくれました^^

 

たとえば、

「負け」を意識せずにみんなで協力して遊び、ゲームの楽しさをいっぱい感じられるゲーム。

年齢にかかわらず勝敗がきまる、「運」のゲーム。

判断力や瞬発力などがものをいう、技術系のゲーム。大人や大きい子が強く、小さい子は負けちゃうことが多いです。でもこれは、「子どもに勝たせてあげる」ことと「子どもに負ける経験をさせる」という、大人が子どものためにできる、とても大事な操作ができます。

嘘をつく、相手を騙す、嫌なものを押し付ける…。現実の世界では絶対にダメ!なことを、思い切り人にできるゲーム。でも実はこれは、子どもが育っていくうえで、とっても大事なファンタジーの経験になったりします。

アナログゲームには、子どものためのいろんなひみつがあるんです^^

 

だから、

かばんねこのアナログゲーム会では、ひとつのゲームであそぶごとに、すこーしお話をすることにしています。

そのゲームの特徴と、それが子どもたちのどんな力を育ててくれるのか、社会の中で生きていく子どもたちに、どんなコミュニケーションの力をもたらしてくれるのか、子ども時代に経験するべきことにとってどんないいことがあるのか、ちょこちょこと。

ママやパパも、その場で実際に遊んでみたからこそ すっと理解できるし、その良さを実感することができるように感じています。

だから、子どもは子ども同士でわーわー!

そして大人は大人同士、子どもへの配慮なしで思い切り遊ぶ!そして、楽しさと良さをしっかり感じてもらいます^^

 

今日はかばんねこも、とっても楽しい時間を過ごさせていただきました。

ママたちがいい顔で、リラックスして楽しんでいる姿、そばで見ていてとてもうれしかったです^^

 

さあ、25日(土)10:30~ かばんねこでアナログゲーム大会!

まずはどんなものかな?ためしに遊びにいらっしゃい!

もちろん2回め、3回めのかたも、ぜひぜひです^^

 

 

こちらもぜひぜひ、おいでください^^

6月21日(火)10:30 ほんとに危ないの?電磁波のこと、わしずさんに聞いてみよう!の会

6月10日(金)10:30 ちかさんの、わらべうたベビーマッサージの会

 

 

 

このごろのレンタルスペース

お店のこと, レンタルスペースで, さらにその他 0 Comments

rental-usureume

ただいまの季節は、レンタルスペースの窓から、鈴なりのユスラウメの実がかわいいです^^

赤い実をついばみに、いろんな鳥さんがやってきますよ。

赤い実を食べながら、あっちの枝から、こっちの枝へ。

子どもたちが学校から帰ってくるまでは、実を横取りするじゃま者はいないから、のびのび^^

みなさんも、会えますように!

 

かばんねこのレンタルスペースでは、お弁当を頼めるところが増えました。

お昼を挟んでのご利用の際は、ぜひぜひ、お声がけくださいね。

鳥さんたちと、ご一緒に^^

 

 

****************

明日7日(火)は、かばんねこの営業は、14:30からになります。

午前中は、桐生ガスプラザ「あひるのこ」にて、ママゲーム会をしてきます。

ゲーム会のあとは、13:30頃からFM桐生「ガスでハッピーライフ」にて、そのことをお話するんですって。

ラジオを通じて、アナログゲームの楽しさ、伝えられるといいです^^

****************

 

 

 

こちらもぜひぜひ、おいでください^^!

6月25日(土)10:30 かばんねこで、アナログゲーム大会!

6月21日(火)10:30 ほんとに危ないの?電磁波のこと、わしずさんに聞いてみよう!の会

6月10日(金)10:30 ちかさんの、わらべうたベビーマッサージの会

 

 

99歳までだから、先生もできるよ!

やっぱりゲームだ 0 Comments

アナログゲーム ペンギンパーティー

写真のアナログゲームは「ペンギンパーティー」

ゲーム自体もたのしいけれど、カードの絵をよーーく見ると…いろいろ笑っちゃうポイントがたくさん。

こんな楽しさも、アナログゲームの魅力ですね^^

 

今日はかばんねこに、アナログゲーム講座に参加された学童保育の先生が来てくれました。

講座のおみやげ「ココ・カピターノ」と、楽しい!と購入くださった「ドクターエウレカ」。

学童保育で、子どもたちと遊んでくれたそうです^^

 

子どもたちは、すごくいい笑顔で、大きい子も小さい子も楽しんでくれたそうです。

そして「(対象年齢が)99歳までだから、先生もできるよ!」って子どもたちが誘ってくれたのだとか(^○^)!

そんな子どもたちが遊びこむ様子ももちろんですが、お迎えにきた親のみなさんの反応が、すごく良かったとのこと。うれしい^^!

 

子どもたちがすごく楽しんでいることは、その顔つきと姿を見ればすぐに分かりますし、

その場面を見て、アナログゲームってイイな!と感じてくれたことは、それが自分の子が関わっていたからこその確かな直感ではないかなと思います。

良い遊びをしている、子ども同士の集団で遊んでいる、しっかりコミュニケーションをとっている…、子どもが豊かにそれを楽しんでいるのを感じることは、とてもうれしいことですものね。

 

夏休み等の長期休みには、かばんねこがいろんなアナログゲームを持って、学童さんにおじゃますることもできます。

ちなみに7日火曜日には、「あひるのこ」に参加されているママたちのために、アナログゲームをいっぱい持って、ガスプラザに伺うんですよ。

だからもちろん、学童さんに限らず、「アナログゲームしたい!」って、かばんねこにお声がけ下さいね^^

一緒に、遊びましょう!

 

そして、ぜひぜひこちらも^^

6月25日(土)10:30 かばんねこで、アナログゲーム大会!

 

ついでに♪

6月21日(火)10:30 ほんとに危ないの?電磁波のこと、わしずさんに聞いてみよう!の会

6月10日(金)10:30 ちかさんの、わらべうたベビーマッサージの会

 

 

 

この子の「今」のために

おおきくなる子ども 0 Comments

ならべる
これは、かばんねこの娘さんが2歳くらいのときの作品です^^

なにか家事を終えて帰ってきた時に、見つけたんだと思います。

食器が、床に、ずらーーーーー…

すごいなあと思いました。

 

何にすごいと思ったんでしょうね、写真に残しているくらいですし、興奮したんですね^^

たぶん、

食器が並べられていること。

そしてそれが、ぴったりくっついて並んでいること。

そして食器の種類ごとに、ならんでいること。(まあそれは食器棚から出した順番のせいかもですが^^)

そしてそれのまあ、その長いこと!

 

きっと2歳さんは、並べるのが、楽しかったのですね。

ぴったりくっつけるために、手の動きを調節する感じが、楽しかったのですね。

順番をそろえるのが、楽しかったのですね。

両手でしっかり持つ感じや、食器の心地よい重みが、楽しかったのですね。

 

でも私はそのときはたぶん、そんなことまで考えたりはしてないです。

ただ、「最後まで、満足するまでやりきって遊べたのかな、よかったな^^」

そう感じたように思います。

 

そして、その食器の行列を壊していいものかどうか悩み、

そして、「こういうことができるおもちゃを用意しないとな」と思いました。

 

かばんねこはそんなふうにして、子どもの姿から、子どものおもちゃを用意してきたように思います。

お誕生日やクリスマスなどの記念日には関係なく、できるだけ、「この子の今、そのとき」のために。

(用意できる資金のきびしーい現実はありましたけども…)

 

記念日にとらわれていたら、今 獲得しようとしている力や気持ちの時機をのがしてしまう。

そう思えて、それが怖いように、そしてもったいないように感じていました。

娘さんが小4になった今もそうです。

それはやっぱり、子どもがいろんなおもちゃで遊ぶことを通じて得た力が、暮らしのいろんな場面で応用され発揮されているところを、わたしが実際に見て、良さを感じているからだと思います。

 

歯が生えたら、離乳食の準備をはじめたり、

体が大きくなるのに合わせて、ちょうどいいサイズの洋服を用意したり、

フォークを下手持ちでじょうずに使えるようになったら、箸に移行できそうとか、

最初は2BかBのえんぴつで、筆圧が安定してきたらHBにする、とか。

成長に合わせて用意するものを変えていくことって、たくさんあります。

 

どれも、子どもたちの姿を見て、大人のわたしたちが判断してやっていることです。

それをおもちゃでも、してみませんか^^

「この子の今」にぴったりのおもちゃは、その子の育つ力を、しっかり応援してくれます。

 

 

つまむ!

おもちゃ 0 Comments

つまみパズル

たとえば、丸や四角・三角の積み木を、あいている穴のかたちに合わせて入れる、形あわせボックス。

かたちの同じ・違うを十分にいろいろ試したな、遊んだな、そろそろ次の段階かなあ…と思ったら、1ピースのパズルがいいかもしれませんね。

 

やっぱり「かたち」のものでもいい。五角形やハート、星など、シンプルな、いろんなかたちのパズル。

あるいは写真の「動物」ような、子どもたちに馴染みや愛着があって、名前を聞いたり知ったりしているものもいいですね。

馴染みがあると、愛着があると、やっぱり触れたくなりますから^^

 

ちなみに

つまみがあると、ストレスなくパズルを外すことができて、初めてでも遊びに入りやすい利点があります。

それにつまみがついていると、子どもはまずはやっぱり、つまみます。楽しいから^^

 

楽しく手指を使うことが遊びのなかにあるって、ほんとうにありがたいことです。

「つまむ」って、どの指を使うとか、どこに力をいれるとか、力加減とか、手指のいろんな力をつかうんですよ。

2本の指でつまむより3本の指でつまんだほうがやりやすいぞ!なんて、気づいていったりもする。

「つまむ」は暮らしのなかでたくさん活躍する、繊細な力です。

遊びのなかでたくさん経験していればこそ、子どもたちは暮らしのなかのいろんな場で、器用に応用していけます。

 

また、

複雑な形に合わせるように手指をひねって入れる場所を調節したりすることは、

手指の器用さや集中する気持ちもそうですが、

力づくや雑さとは対局の、ものを丁寧に扱ったり、優しく置いたりできることにもつながります。

 

まあ、そんなこともありますが、

「つまむ」楽しさを、まずはたくさん楽しんで、

パズルのピースを持ち上げたときに、また別の絵が現れるうれしさも、いっぱい楽しんでほしいです^^

知っている動物たちであればこそ、お話遊びも始まりますね。

 

さてさて、しまうまさんのピースに隠れているのは、ぞうさんと同じで、やっぱりしまうまでしょうか?

それともほかの動物でしょうか^^

こんなパズルもそうですが、まずは、どんなおもちゃでも、まずは一緒にあそんでください。

子どもたちは大人のすることをよく見て、まねて、いろんなことを知ったり、気づいたり、できたりしていけるのですから。

それも、楽しく! そして一緒にいるからこそ、うれしく^^

 

 

ページトップ(新)