子どもといっしょに、ゆっくり育とう。

   かばんねこのブログ

ひとりで遊んでほしい

さらにその他 0 Comments

学校が始まったと思ったら、あっというまにまたお休みに。
先生も子どもも家族もいろいろに振り回されてもうたいへん。


ひとの手には及ばないことが原因だから仕方がないけれど、いろんなしわ寄せが弱いところや最終的な現場に押し寄せて、責任をもって情報を集めたり考えたり決めたりしない偉い人が憎かったりもします。

とまあ文句はさておき。

木製の線路を組み立てて遊ぶ子ども

子どもとのおうち時間、たくさんですね。
子どもとのうれしいこと楽しいことに出会える反面、
自分のペースで進めていたいろいろが、時間がかかったり滞ったりします。
だからできれば、子どもにひとりで遊んでいてほしいなあと思う。

ぜんぜん悪いことじゃないです。
イライラしたり、ひとりで遊んでほしいと思うの、当然です。
でも、それを自分のせいや子どもや社会のせいにしていても、なにも変わらないし苦しいだけなので…。
だから、うまくいかないことを「あってはならないこと」「悪いこと」だと思わないでほしいです。

そりゃ子どもと一緒にいたらすすまないって。
まあこうなるよね、しかたないね。
そんなふうに、ちゃんと「自分」のことも許してほしいなと思います。
そして、
すべて自分でなんとかしなくては解決しなければと思わないで、どこかで手を抜いたりさぼったり助けを求めたりすることも、自分に許してほしいなと思います。

ボタンをはめるようにして遊ぶペグ遊び、ジュニア・カラリノ

で、今日は何を伝えたかったのかというと、
「ひとりであそんでほしい」のこと。

東京おもちゃ美術館 good us で連載しています、かばんねこの記事。
お役にたてるといいな。
かばんねこも実践して、いいなとおもったやり方です。

:::::::::::::::::::::::::::::

【連載】わくわく遊んで大きくなるために おもちゃ屋さんの「あそび相談室」相談7:
「『ひとりで遊べるおもちゃ』、ありませんか?」

「ひとり遊び」の準備として大切なのは「一緒にたっぷり遊ぶこと」?
おもちゃ屋さんのあそび相談室、第8回目です。

:::::::::::::::::::::::::::::
 

子どもの日常のために

お店のこと 0 Comments

おうちの積み木と家族の人形

都会では暮らしの制約が大きくなるいっぽう、
かばんねこの住む桐生では小中学校が再開されました。

かばんねこの中学生も、マスクをして元気に学校に行きました。
いろんな情報や横やり?に翻弄されるなか、子どもたちを迎えるために心を砕いてくださる先生方にはほんとうに頭が下がります。

手洗いをして、よいご飯を食べて、しっかり寝て、機嫌よく、やらねばのこともやりたいこともやり、よく笑う。
家族で決めたわけではないけれど、そうあれるようにしています。

かばんねことしては、
店主は自身の健康に配慮し、手洗いと換気をよくします。
みなさんが触れる場所の拭き掃除をしています。
サンプルはありますが、お客さまが帰られたタイミングなどに安全なアルコールで拭きます。

お出かけも大変ななか、おうち遊びを豊かにするおもちゃたちを案内する店です。
子どもの変わりない日常に切り離せない「遊び」を大事にするための場所です。
だからできるだけ、店内の環境に心をくばりつつ、営業を続けます。
混むとこじゃないしね。

大人たちの不安を、子どもは敏感に感じ取ります。
大人たちのイライラは、家族の弱いところに向かったりします。
おもちゃをぜひ、子どものために、家族のために、役立ててください。

かばんねこも、お手伝いいたします。
どうぞ、お声がけくださいね。

とちゅうでやめても

おもちゃ 0 Comments

三角と四角とひし形であそぶモザイク。
ぴしーっと、揃えたね!

三角のかたち、四角のかたち、ひし形のかたち、
それぞれの形の特徴がわかったから、できたね。
かたちを遊ぶなかで、手を動かして、目でじっくり見て、「かたち」を自分のものにしたんだ。

お勉強のように受け身じゃない、わくわくしながら自分がやりたくてやって、分かること。できること。
すごくいい学びのかたちです。

写真のように、「作ってみよう」の見本紙もあります。
実際にパーツを見本紙の上に置けるように、実物大の大きさになっています。
だから「かたちを並べてつくる」はじめのはじめが、「同じ形を置くだけ」。
取り組みやすい。

ああ、途中でおしまい!を発見。
左はしの三角たち、三角の置き方があべこべになって、うまく形をあわせて並べられなくて、困っちゃったかな。

でもきっと、次のとき、またあるいは次のとき。
きっとうまくできますよ。
きっときれいな三角の列ができる。

手を動かしてやってみればこそ、
ちょっとした偶然に「あっ!」っていう気づきが訪れるときが、必ずあるから。
 

3歳とか4歳さんとか、5歳さん、
色のちがいがわかって、形のちがいがわかって、「並べる」や「分ける」が楽しいころから、そばに置いてあげたいな。

モザイクはこんなふうに、見本をまねて、同じものを再現することも楽しい。
うまくいかないときは、よく見て考えて、向きをかえたりパーツを変えたりして…。
最後までやりきる、頼もしい力もみられるでしょうね!

はりこーシカのパンダ

さらにその他 0 Comments

ピンクにした絵付けのひとが、にくい。
このピンクが、マトリョーシカのパンダたちから転がり出てきたときの衝撃はもう、もう。

全員後ろ向きにしたり、
円陣を組ませてみたり、
あたまにのせてみたり、
寝かせて並べてみたり、
いろいろやりましたが、
どんなふうにしても、どうにもこうにもかわいい。

張り子のパンダ、よいです。
全国発送いたします。

かばんねこは開けています

さらにその他 0 Comments

かばんねこはいつもどおり開けています。
換気をしたり、おもちゃを拭いたりするけれど、いつものように。

いつもの暮らしがちょっと変わって、おうちで過ごすことが大事だけれど、それでも子どもの「あそび」の楽しみと育つ姿は変わりなくて、頼もしいですね。

だからかばんねこは、いつもとかわりなくおもちゃを紹介できるように、わたしと家族が元気でいるようにしますし、工夫します。

いろいろ不安はあるけれど、情報を入れて対策をばしっと決めたら、せっかくのおうち時間、あそびの道具のちからを借りることをおすすめします。
子どもたちが小さかったころ、かばんねこ自身がおもちゃたちに助けられたし、楽だったから。

おもちゃも、アナログゲームも。
どんなのがいいかな、お声がけくださいね^^

ぼんやりしよう

おもちゃ 0 Comments

3分・4分・5分の砂時計。
眺めているだけの時間が、とてもよいです。


測る時間が違うのに、なんで砂の量がおんなじくらいなんだろうね?
それも考えてみると面白い^^

子どもたちにはいま、時間がたくさんだけど、
それを頑張って埋めようとしなくても大丈夫。

ぼんやりとする時間、
雲や木々の動く様子や水の流れなど、なにかに見入ってあたまが空白になる時間、
そんなときに、わたしたちのあたまは
いろんな感情をととのえたり情報を整理したり、じぶんにとってとても大事なことをしてくれます。
気持ちも落ち着くし、みんなに持ってほしい、とてもいい時間です。

高校生の兄ちゃんには、部活に行く電車のなかででもぼんやりせよと命じていますが、まあいろいろ忙しいご様子。

この砂時計、贈ってみますか。

ひとりもくもくあそびに

さらにその他 0 Comments

かばんねこの椿やツツジも、雪を乗せて大変そうです。
中学生が小さいときは一生懸命払ってあげていましたが、今日はどうかな^^

ああでもないこうでもないと周りの車を前後させて、アイス屋さんの車を渋滞から出してあげるゲーム、ラッシュアワー。
かばんねこも好き!
1番はもちろんかんたんかんたん。
2番3番…とスイスイのスイ。
でも40番に向かってだんだん、難しくなっていきますよ。

そのうちに聞こえていた鼻歌は止まり、
目は真剣度を増し、
姿勢はぐいぐいまえのめり、
うなりごえが聞こえてくるでしょう。

だから、できたときの嬉しさは、格別。
どんどんもっと難しいのに挑戦したくなる^^

まだまだ続くながいお休みにも。
おすすめします。

おうちを飾る

おもちゃ 0 Comments

子どもたちの健康と育ちを願うお品にしては、かわいすぎやしないか。

かばんねこで、金太の後ろ姿をご覧になってください。
赤い腹掛けだからね、おしりがね、出てるんです。
おうちに連れて帰りたいことうけあい。

かわいいものや好きなものを見て、ふっと頬といっしょに気が緩む一瞬は、とてもいいですね。
おうちに、そんな場所があるといい。

たとえば雑貨や花、お気に入りのもの…、
好きなお茶カップでも、ハンカチの柄でも、子どもの絵でも。
かばんねこなら、好きな本やおもちゃかな。

ちょっと気持ちが疲れちゃうこの春。
しまい込んでないで、飾ってみるといいですよ。
ふと心がうごくものが、目にはいるように。

たとえばほら、金太のおしりとか。

すきなアナログゲーム

やっぱりゲームだ 0 Comments

向こう側にある自分のチーズに向かって、いざすすめ!

自分のねずみちゃんを進めたり相手をバリケードでじゃましたり、ところが自分が進めなくなったり、わちゃわちゃ…


かばんねこの子どもたちも大好きでした。
いつものゲームだけじゃなく、自分でつくったルールでねずみたちを動かしてみたり、バリケードで仕切りを作ってドールハウスにしてみたり。


5歳さんとか1年生くらいから、2-4人で遊べます。家族のゲームにぴったりです。おまけに長く長く活躍します。

「しまったー」とか「ぐわはははあ!」とか「ふくろのねずみだー」とか「わっ意外に難しい言葉知ってた」とか、おしゃべりもはずむはずむ^^

あそびを待って

子どもをおもう 0 Comments

東京おもちゃ美術館 good us での連載が続いています。
子どもってほんと、たいへんだねえ…
でもいつでもすぐに大人を許してくれてる。
ありがたい。

子どもにはまじめに謝れ!っていうくせに、
自分が子どもに謝るときはごめんごめんって軽く済ませるとか、あったなあー

かばんねこは、定休日。
日曜日から開けます^^

*************

【連載】わくわく遊んで大きくなるために おもちゃ屋さんの「あそび相談室」

相談6:「なかなか遊びをやめません!」

2020.02.14

もう帰る時間なのに遊びをやめない子どもたち。どうしたらいいの?おもちゃ屋さんのあそび相談室、第7回目。

ちょうどいい遊びの道具に出会う

おもちゃ 0 Comments

縦に並べると「高さ」が変わって、
横に並べると「長さ」が変わって、
それが、楽しい思いつきを誘ってくれる^^

横に並べてみたもの。
1,2,3,4,5…10まで
長さの違うパーツを使って作ったんだって。
最後までやりきって、まんぞく^^

縦に並べてみたもの。
思うようにやってみて、出来上がってから
「あ、ちょうちょみたい!」って気づいたん。
こんな偶然も、楽しいね。

子どもたちがよい遊びの道具と出会うと、
とてもすてきな姿を見せてくれます。
できあがりを見せてくれるいい顔だけじゃなくて、
取り組んでいる姿から、ほんとにイイ^^

アナログゲームは簡単で、面白いのからどうぞ

やっぱりゲームだ 0 Comments

なんともいい顔のラマ、出てくるとうれしいような悔しいような。

流れに乗って、ぱっぱかカードを出していくのが面白い^^
数字の数え方は
「1.2.3.4.5.6.ラマ!」
運の要素が強いけど、自分でやめ時を決めるのが悩ましくも楽しいところ。
うまくいったら、超爽快^^

ルール簡単、だけど面白いアナログゲーム、いろいろあります。
大人も「おつきあい」気分が飛んじゃうよ!

ページトップ(新)