子どもの片づけ

さらにその他 , , , 0 Comments

子どもの片づけ

『子どもの片づけ』

 

もし、大人が「部屋の片づけ」として

大きい箱になんでもかんでもボンボン投げ込んでいたら、

びっくりしちゃうんじゃないかな。

「まだ子ども」だから、「子どものもの」だから、

「おもちゃ箱にボンボン」でいいの?

子どもだって、遊びたいものがすぐに見つかるほうがいい。

いつでもセットが全部そろってるのがうれしい。

ものを丁寧に扱う気持ちよさも知りたいし、

自分で整理してみるってこと、できるってこと、感じたい。

 

「お片付け?遊び?」(コドモト)

 

 

    

友達ができるといいな

さらにその他 , , , 0 Comments

友達ができるといいな

「友達ができるといいな」

 

もうすぐ春休みが終わって、そしてあたらしい友達と出会う、4月がきます。

「友達ができるといいな」「仲良くできるといいな」っていう望みは

親もそうだけど、子どもだって、すごく持っています。

 

だから、「あなたはとってもすてきな子だよ、大丈夫」って

子どもが自分の良さを素直に信じられるように、

言葉で、態度で、いつでも伝えていかなきゃなあと思います。

 

「友達に教える、友達に教わる」(コドモト)

 

 

   

赤ちゃんのいたずら

さらにその他 0 Comments

赤ちゃんのいたずら

『赤ちゃんのいたずら!…?』

 

ティッシュをどんどん引き出すのは、手や指を自在に動かせるようになったから。

それまでできなかったことができたのが、うれしいから。

楽しいことは、1回や2回じゃなくて、何回もやりたいから!

 

「子どもはなぜそんなことをしてるの?」(コドモト)

 

 

   

けん玉への欲望

さらにその他 , , 0 Comments

けん玉への欲望

『けん玉への欲望』

 

けん玉が得意になってきたらむくむくと湧いてくるのは

ひもを切りたい!という欲求です。

さっそく家族を集めて「断~髪~式~!」を執り行った彼は、

3ヶ月たった今も

床にがっつんがっつん玉を落として母を泣かせながら、鍛錬の日々です。

飽きないものですねえ…^^

 

 

  

アナログゲームは、コミュニケーションツール

さらにその他 , , , 0 Comments

アナログゲームは、コミュニケーションツール

「アナログゲームは、コミュニケーションツール」

 

親にとってアナログゲームの魅力は、子どものいろんな顔を見られること^^

 

うれしい顔や、くやしい顔の他にも、

何か作戦を考えてるような顔、

それがうまくいきそうで笑いをかみ殺す顔、

あれ?という動揺を押し隠す顔、

得意になって大人に何かを教えてくれる顔、

いろいろ^^カワイー!

それに、

ゲームが進むうちに、おしゃべりも進んじゃうのもうれしい。

ゲームとは関係ない話も飛び出しますよ、

学校のこととか、友達のこととか。

一緒に同じことをして、

視線が合って、笑いあって、

おしゃべりして…。

アナログゲームって、親子のすっごいコミュニケーションツール^^

 

 

子どもにゲーム機を買う

さらにその他 , , 0 Comments

子どもにゲーム機を買う

 

子どもにゲーム機を買うこと、初めはやっぱり躊躇しました。

でも、いざ買ってみたら、なあんだ!って感じ。

何をそんなに不安がっていたのか笑えるようになって、反省したことがあります。

それは、

「子どもの『みんなが持ってるから』という言葉と気持ちを、もっと考えてやればよかった」ということ。

みんなが知ってることを、自分だけ知らない。

みんながやったことを、自分だけやったことがない。

それって、大人の私たちだって感じることがある。

「さみしい」

他人と違うことに特別感や優越を感じるのは、その前に「みんなと一緒」の安心感があるからです。

「仲良しの子とおんなじがうれしい」って、子ども時代にどんなに大事なことだったか、思い出します。

それを分かってくれない、受け入れてもらえないのは、ずいぶん悲しかったろうなあ…。

わたしたちは「大人」だから、今までの「みんなと一緒」の経験や「みんなと違う」の経験が、たくさんある。

だから、「あなたはあなた」「うちはうち」って、冷静に言える。

だけど、子どもはまだまだ、経験が足りないですもん、わかんない^^

わたしたちは大人だから、何でも知ってるから、子どもに教えさとしてやればいいと思っちゃう。

だけど大人だから、子どものときの気持ちを思い出して、子どもに寄りそうこともできる。

わたしは、後者を思い出すべきだったのでした^^;

 

 

兄ちゃんの嵐

さらにその他 , 0 Comments

兄ちゃんの嵐

 

兄ちゃんが大勢ひきつれてきたので、7歳さんのこの顔…^^;

ひとしきり大騒ぎでゲームに興じた後、

外いこーぜ!…と あっという間に去る兄ちゃんず。

7歳さんは、再び平穏な時間を取り戻して

宿題にいそしんだのでした^^メデタシ!

 

触れる

さらにその他 , 0 Comments

痛みと触れる

 

痛みを抱える人に、慰めや、助言や、励ましを…、

何か言葉をかけたいと

わたしたちは頭で考えてしまうけれど、

傍にいて、触れる。同じ方を見て、一緒にいる。

ただ感情によりそってくれる、

自分の痛みをともに感じてくれている、

そういうことが、とてもありがたくうれしいときがある。

子どもの頃、転んで泣いているときに、

「痛かったね~」って だっこしてもらったら

涙がひっこんじゃった、あの気持ちとか。

 

コドモト「ちちんぷいぷい」