子どもにゲーム機を買う

さらにその他 , , 0 Comments

子どもにゲーム機を買う

 

子どもにゲーム機を買うこと、初めはやっぱり躊躇しました。

でも、いざ買ってみたら、なあんだ!って感じ。

何をそんなに不安がっていたのか笑えるようになって、反省したことがあります。

それは、

「子どもの『みんなが持ってるから』という言葉と気持ちを、もっと考えてやればよかった」ということ。

みんなが知ってることを、自分だけ知らない。

みんながやったことを、自分だけやったことがない。

それって、大人の私たちだって感じることがある。

「さみしい」

他人と違うことに特別感や優越を感じるのは、その前に「みんなと一緒」の安心感があるからです。

「仲良しの子とおんなじがうれしい」って、子ども時代にどんなに大事なことだったか、思い出します。

それを分かってくれない、受け入れてもらえないのは、ずいぶん悲しかったろうなあ…。

わたしたちは「大人」だから、今までの「みんなと一緒」の経験や「みんなと違う」の経験が、たくさんある。

だから、「あなたはあなた」「うちはうち」って、冷静に言える。

だけど、子どもはまだまだ、経験が足りないですもん、わかんない^^

わたしたちは大人だから、何でも知ってるから、子どもに教えさとしてやればいいと思っちゃう。

だけど大人だから、子どものときの気持ちを思い出して、子どもに寄りそうこともできる。

わたしは、後者を思い出すべきだったのでした^^;

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です