虹の積木のことと、3時半までの営業のこと。

お店のこと, おもちゃ 0 Comments

虹の積木

 

今日は、3時半までの営業です。

学校行事でアナログゲーム会をするので、その打ち合わせ。

打ち合わせといっても、ゲームで遊ぶだけですが^^

 

さて、上の写真のこと。

子どもにとって、これは、楽しいあそびです。

真面目な顔をしているけれど、頭のなかは、わくわくしてる!

 

虹のつみきを、見本の写真と同じ色に並べてくれました。

ひとつひとつ、順番を確かめて、

ひとつひとつ、色をよーーく見ながら。

 

そんな姿を、ニコニコ見つめるお母さん。

仕事のじゃまをしないように、静かにそばに座っていました。

 

こういう子どもの姿に、親のみなさんがたくさん出会えるといいなと思います。

だって、とても頼もしい、うれしい姿ですものね^^

 

1歳さんや2歳さんに、ぴったりの贈りものです。

並べる、積む、箱から出す、入れる、色でわける、…。

大きくなっても積木遊びに大活躍してくれる、美しい色たち。

 

今日はちびさんにきれいに整えてもらって、よかったです^^

 

 

今日もいーっぱいの積木で、遊びにおいで!

ワークショップ, お店のこと , 0 Comments

かばんねこで、積木いっぱい!の日

 

今日も、積木をいっぱい出しておきますね!

ワークショップは無いけれど、山もりの積木を自由に使って、おもいきり遊んでみて^^

家族で遊ぶと、すっごく楽しいです。

(お父さんとなんて、最高に面白い^^)

 

かばんねこで、積木いっぱい!の日

かばんねこで、積木いっぱい!の日

そして、小さい子はもちろんだけど、小学生の子こそ、ぜひぜひ!

大きくなるほど、ほんとうに想像豊かに、ダイナミックに遊べるし、

大人が感動しちゃう、すっごいのを作るんだから^^

(ひと家族300円頂戴しますが、いつまででも遊んでOK!)

 

かばんねこで、積木いっぱい!の日

かばんねこで、積木いっぱい!の日

 

写真は、昨日の「積木いっぱいの日!」の様子です。

ささきともえさんとも、みんないっぱい遊んでくれました。

昨日の報告は、またあとでしますね^^

 

かばんねこで、積木いっぱい!の日

 

 

かばんねこで、積木いっぱい!の日

 

やってみて「わかる」ひとたちだから

おもちゃ 0 Comments

積木のワークショップ

子どもたちの積木。いろんなところに、いろんな物語がかくれているんだろうな^^

 

昨年の11月に、かばんねこで、こんな積木のワークショップをしたのです。

で、かばんねこは、またやりたいのです。

そしたらなんと、「わたしもやるー」というお仲間降臨^^

ひとりじゃなあと思っていたので、とってもうれしい。

やるぞー!春やるぞー!

 

ということで、ひとまず落ち着いて。

 

積木。

しっかり持って、放す。置く。並べる。積む…。

そんなことができるようになったちびさんから、10歳くらいまで。

子どもたちには、いーっぱい遊んでほしい、あそびの道具です。

 

子どもは、大人じゃない。

えっあたりまえですよー、ねえ。

そう、あたりまえ、「子ども」なんです。

だから、大人みたいに「聞いて分かる」のは、まだ、難しい。

子どもは、「やってみて、分かる」ひと^^

 

自分の手で、ああやって、こうやって、いろいろやって、何かに気づいたり、分かったり。

そうして、うまくいったり、失敗したり、だからこそ工夫もできるようになる。

「やってみたからこそ、わかった」のだから。

 

わたしたちお母さんも、自分でいっぱい経験したから、お料理のコツやうまくいくやり方が、分かるようになったのですよね。

「こうすれば、こんな具合になるから、塩はこのくらいでいいね」って、予想できたり^^

 

おなじように、

子どもたちも、自分でいっぱい経験するからこそ、「こうするとうまくいくだろう。だからココをこうすればいい」っていうのが、分かるようになる。

だから、子どもたちには、いろいろ試して、試行錯誤できる、自分だけのもの…「おもちゃ」が、必要なのです^^

 

それで、積木。

「小学校に上がるから、もうつみ木はいいよね」って、早々にさよならしないでほしい。

「やってみて分かる」子どもたちにとっては、学校にあがってからが、積木の醍醐味!

つみ木あそびほど、「数や量」が、「分数」が、「最大公約数」が、「角度」が、分かる世界はないんだから^^

 

子どもたちは赤ちゃんの時、なんでもお口にいれて、お口でモノを知っていましたね。

お口よりも手のほうが自由に使えるようになってからは、手で触って、モノを知っていましたね。

もっと大きくなったら、手でいろんなことを試して、いろんなことを知っていくようになりました。

 

「やってみてわかる」子ども時代。

ぜひぜひ、子どもが自由に使える、いろいろ試行錯誤できるあそびの道具を、そばにおいてあげてほしいです。

 

積木

かたちで分けて。きっちり並べて。分類するだけで、並べるだけで、いろんなことを、知っていきます。

 

***********************

まいにち育つ、こどものために。こどもと育つ、おとなのために。

木のおもちゃと手仕事屋かばんねこ

℡ 0277-46-6644(10-17:30 木土祝お休み)
mail (お問い合わせもどしどしどうぞ)

 

☆かばんねこのイベント、遊びにおいで~!赤ちゃんも、パパさんも、ご一緒に

3/12  10-14「efef整体」体験会
おつきあいのお子さんは、おかあさんのそばで、遊びながら過ごせますよ。

 

3/19(日)10-12 色と光にときめくローズウィンドウ講座…ペーパーアートのステンドグラス
自分だけの色で、形で、美しい薔薇窓を作りましょう。春の窓に、家族の喜びに、ご自身の楽しみに^^

 

3/13(月)10:00- 大人おままごとの会⑦「シュークリームといちごのマカロン」
大人気の、かもちゃん先生の手作りの会です。シュークリームは、どうやって焼き色をつけるんでしょう^^

 

3/21(火)10:30-  アイシングクッキー体験しましょ
お子さんと一緒にご参加くださっても、大丈夫。どんなふうに、あのすてきなクッキーは作られるのでしょう。

 

2/17・3/17(金)ちかさんの、わらべうたベビーマッサージ(①1歳まで・②1歳から)
ゆっくり、じっくり、赤ちゃんといい時間。ちかさんが、想いをこめてつくりあげてくれます。

 

☆かばんねこが子どもと大人のためにできること、いろいろ。

おもちゃと遊びの専門店 (0歳から100歳まで!)
キッチンと、おもちゃと絵本のあるレンタルスペース
③美しい素材で、ワークショップいろいろ(子ども・大人)
④アナログゲームの面白さ、白熱の体験会!(4歳から100歳まで!)
⑤子どもの育ちと遊びの講座(年齢や発達にあわせて・積み木などテーマ別)
⑥おもちゃのプランニング(子ども・療育・お年寄りのために)
⑦遊びの空間プランニング(子ども・療育・お年寄りのために)

詳しくは、お問い合わせください^^ドシドシ

**************************

 

積木って、こんなこと、できる!

お店のこと 0 Comments

積木 セラ

 

 

積木 ジャンボなペグ立て

 

積木 カプラ

 

 

積木

 

 

積木 カプラ

 

 

積木

 

 

積木 プラステン

 

 

積木 ルミブロック

 

 

積木 ルミブロック

 

 

積木

 

 

積木 モザイク

 

 

積木 モザイク

 

 

積木 ネフスピール

 

 

積木

 

 

積木 ネフスピール

 

 

積木 虹のカウンティングブロック

 

 

積木

 

 

積木 カプラ

 

 

積木 玉の道

 

 

積木

 

 

積木

 

 

積木

 

 

積木

 

 

積木

 

 

積木

 

 

積木

 

 

積木 カプラ

 

積木

積木

積木 玉の道

 

 

積木

 

積木の写真、いっぱい!

シンプルなあそびの道具だからこそ、いろんなことを、思うように、できますね。

 

そして積木は、

どんなにも高く、どんなにも広く、

いくらでも豊かに、いくらでも楽しく、あそべます^^!

 

その環境を用意したり、整えたり、必要なときにお手伝いできるのは、

そばにいて、いつもその子のことをみている、おとなです。

 

そのヒントに、出会ってみませんか?

もう明日には、大阪から積木の先生が、子どもたちと大人のみなさんに会えるのを、

わくわくと楽しみにやってきてくれます。

 

もう、積木で遊びまくる日は、あさって!!!!!!!

 

ワークショップに参加する子どもたちのキラッキラの目や、

新しい知恵や積木の見方に出会ってわくわくと輝く大人のかたの顔をおもうと、

ああ、楽しみ!!!!!!!!!

 

お席は、あとすこし^^

①②③ 満席

④玉の道ワークショップ 残席1-2組

⑤大人のための積木講座 残席3名

 

時間ができたら、当日でもOK!

お電話くださいね^^

詳細は、こちらです↓

 

11月3日(木祝)かばんねこは、たぶんそろそろ②周年イベント

「積木と、良い出会いをしよう。積木と、もっと仲良くなろう!
~年齢にあわせて、どんなものを、どんなふうに?大人はどうしたらいい?」

白木の積木?カラーの積木?

お店のこと, おもちゃ 0 Comments

積木あそび

1歳すぎからなど、初めての積み木遊びのときは、赤や青の美しい「カラーの積木」をおすすめします。

 

赤ちゃんが手をのばして取るのはやはり、ぱっと色に目を惹かれるカラーの積木ですし、

あの色を取りたい!と決めたり、おんなじ色同士を重ねたり並べてみたり、

色があるからこその、ちびさんらしい遊び方ができますから。

 

 

その後、2歳から3歳ころ、たくさん積んだり並べたり、建物や動物のような、テーマのある構造物を作るようになったら、今度は「白木の積木」をおすすめします。

 

たとえば上の写真。

 

もしこの動物たちのいる建物が、わたしたちがよく見る、赤・青・黄・緑のカラー積木で作られていたら、どうでしょうか?

 

バラバラの色の主張が強すぎて、目がチカチカしませんか?

色たちに気を取られて、作り上げられるものの「全体の形」を感じにくいと思いませんか?

 

積木のきりん

 

このきりんの写真で、ちょっとは言いたいことが伝わるかな?

 

いちばん奥の白木だけで作ったきりんのほうが、「きりんのかたち」としての「全体」を感じるのではないでしょうか。

 

 

たくさんの積木を使って何かを作り上げていくとき、

こどもたちは、色のない積木を使うことで、積木ひとつひとつの「形そのもの」を把握することができます。

そして、それらの形からうまれる造形に、十分な注意を払いながら遊ぶことができるのです。

 

 

じゃあ、1歳ころに使ったカラー積木はどうするの?

もう使わないの?

 

いえいえ、その美しい色たちは、積木で作った建物の特定の場所(窓とか屋根とか)を色彩によって強調したり、

色を意識的に作品に取り入れていくとき(建物のここに黄色のラインを入れよう、とか)に活躍してくれます^^

 

白木とともにカラーの積木を使うことで、子どもの創造性を、いっそう豊かにしてくれるのです。

 

 

積木のこんなお話、ちょっとびっくりしませんか?

知らなければ知らないでもいいことだけど、知っていたら、ずっといい!くないですか^^?

 

11/3(木祝)17-18時の「大人向けの積木講座」は、まだお席があります。

 

自分の手を使って遊ぶことを通じて、何かに自分で気づき、何かを自分で工夫し、何かが分かり、楽しさとともにどんどん豊かになっていく子どもたち。

そのお手伝いを、わたしたちは、もっともっとできるのです^^

 

また宮野先生を群馬にお呼びするとしても、1年か2年後になります。

子どもたちの「今」は、「今」だけ。

どうぞ可能なら、ぜひ、ぜひ、です!

 

11月3日(木祝)かばんねこは、たぶんそろそろ②周年イベント
「積木と、良い出会いをしよう。積木と、もっと仲良くなろう!大人はどうしたらいい?」

 

 

小さく作って把握する、「大きな」世界

お店のこと, おもちゃ 0 Comments

積木

 

赤ちゃんと積木の付き合いは、五感を総動員して「積木というモノ」の正体を探っていくことから始まります。

 

そして成長とともに、だんだんと大きな遊びの世界が作り出されるようになっていきます。

 

その遊びのなかで、子どもたちの運動面と知的な面、両方の発達が促されていきます。

 

 

立方体や直方体・円柱や三角柱という形を相手に、おもしろく「遊ぶ」ことが「学ぶ」ことに直結していることは、とても頼もしいことです。

 

自分の思うとおりにやってみる。

手を動かして試行錯誤して、自分がいちばん満足なやりかたを導き出す。

仕上がりを自分の目でしっかり確認して、「できた!」「うれしい!」を実感する。

そんなキラキラした良い顔、とてもすてきですね^^

 

自分で全てをやってみるからこそ、子どもには知的好奇心のわくわくがあるし、最後までつくりあげることが自信になるし、その結果、子どもたちはとても満たされます。

 

「積木」はシンプルな形で構成されるおもちゃだからこそ、自分がいる世界を、シンプルに、ひとつひとつ学んでいく子どもたちに、ぴったりなのでしょう。

 

 

そばにいる大人のわたしたちは、できればそれを見守るだけじゃなくて、

助けが必要とされている場面で、多すぎず少なすぎずちょうどよく、あそびがひろがるお手伝いや、助言ができると、とてもうれしいですね。

 

 

積木のこと、もっと知ってみませんか?

 

かばんねこも、今まで出会えなかった新しい気付きや視点をたくさんもらった宮野先生のお話です。

 

ぜひ、縁のある地域の皆さんにも、体験してほしいのです。

 

11月3日(木祝)かばんねこは、たぶんそろそろ②周年イベント
「積木と、良い出会いをしよう。積木と、もっと仲良くなろう!大人はどうしたらいい?」

 

 

午前中の親子のワークショップは満席になってしまいましたが、もし可能なら、17時からの「大人向け講座」をおすすめします。

 

午前中のワークショップは子どもと向き合いながらワークする感じで、子どもたちの姿をみながら講師がワークと積木の講座をします。

 

17時からの大人向け講座は、大人の方が実際に積木で遊んでみることで、子どもの育ちや積木あそびの意味を、体全体で感じることができます。

 

午前の回は「今」を学ぶ、17時の回は「今、そして今後を見通して」学ぶ、そんなふうに感じてくれたらいいとおもいます。

 

群馬では、初めての開催です。少ない機会、ぜひ、ぜひ。

積木と玉の道のテーブル

お店のこと, おもちゃ , 0 Comments

積木と玉の道

**明日の祝日は、10:00-14:00営業いたします!**

 

秋のテーマは「積木」にしました。

このテーブルを作っているかばんねこ本人が、すっごく楽しかった^^!

11月の②周年イベント「積木と玉の道のワークショップ」もうすぐお知らせしますね。

 

それよりまずは!

明日のアナログゲーム会、予約なしでもぜひぜひきて~(;_;)

病気キャンセルで、親子2組さんになっちゃった!

 

みんなで4人なら、ひとつのテーブルでしっかり遊べるけど…

子ども同士、大人同士でも遊びたいので、お天気悪くてお出かけできなくて困ったら、ぜひぜひ^^!!

予約なんて、もういらないっ

9月22日(木祝)14:00- 親子で楽しみ、皆で遊ぼう!アナログゲーム会

いっぱい笑って、思い切りあそぼうー!

 

*******************************

まいにち育つ、こどものために。こどもと育つ、おとなのために。

木のおもちゃと手仕事屋かばんねこ

℡ 0277-46-6644(10-17:30 木土祝お休み)
お問い合わせもどしどしどうぞ

 

☆かばんねこのイベント、遊びにおいで~!赤ちゃんも、パパさんも、ご一緒に^^

9月30日(金)10:00-「大人おままごとの会」フェルトで作ろう、かわいいピザとハンバーガー
どんなにお裁縫が苦手でも、かわいいのが、簡単にできちゃう^^子どもたちへのすてきな贈りものになります。

 

9月22日(木祝)10:30- ほんとに危ないの?電磁波のこと、スマートメーターのこと、わしずさんに聞いてみよう!
スマホは?パソコンは?ええ!?壁??そして今度は電気メーター!?子どものために、自分のために。

 

9月16日・10月21日(金)10:30- ちかさんの、わらべうたベビーマッサージの会
ちかさんのつくりだす雰囲気に、気持よく、ちびさんとリラックスしちゃいます。

 

☆かばんねこが子どもと大人のためにできること、いろいろ。

おもちゃと遊びの専門店 (0歳から100歳まで!)

キッチンと、おもちゃと絵本のあるレンタルスペース

③美しい素材で、ワークショップいろいろ(子ども・大人)

④アナログゲームの面白さ、白熱の体験会!(4歳から100歳まで!)

⑤子どもの育ちと遊びの講座(年齢や発達にあわせて・積み木などテーマ別)

⑥おもちゃのプランニング(子ども・療育・お年寄りのために)

⑦遊びの空間プランニング(子ども・療育・お年寄りのために)

 

詳しくは、お問い合わせくださいね^^ドシドシ!

 

***************************

積木のワークショップ、企画したい!

お店のこと, おもちゃ 0 Comments

積木のワークショップ

昨日はお休みをいただいて、遊びとおもちゃを学びにでかけてきました。

写真は、講座のなかで取り組んだ、積み木のワークです。

ひとりでつくりあげていく積木も面白いけれど
みんなでひとつずつ積み木をもって、少しずつ作りあげていく世界も、すごくワクワクして、面白い^^!

 

かばんねこでも、みなさんとやってみたいです。

白木でつくる世界から見えてくるもの、
カラーを入れることで見えてくるもの、
直線の積木だけじゃない、曲線の美しい積木も体験してほしいし、
本来は積木として使わないものを使ってみることの面白さや、
人形や動物や車などを配置することで、イメージや物語が生まれるわくわくする感じも、体験してほしい。
布やひもや、紙なんかも使ってみたら、どうなるかな?

今年、企画してみたいなあ〰^^

やりたい人、手をあげて!

積木とか、カプラとか…

おもちゃ , 0 Comments

カプラ

『積木とか、カプラとか…』

 

カラーのカプラがあると、遊びがいろんなふうに広がります。

平面に並べて、こんなデザインも

床の色も合わせて、並べ方を考えたんですね^^

カプラに限らず、いい積み木は

子どもたちの工夫をしっかり受け止めて、

美しい造形をしっかり目の前に現してくれます^^

 

でもやっぱり、

積木って、地味なおもちゃです。

なので、買ったのに遊ばない!なんてことも、あります^^;

でも、もしかしたら、

どんなことができるのか、何が楽しいのか、イメージできてないのかもしれませんよ?

積木のような地味なおもちゃほど、想像力がいります。

だからこそ、はじめは大人と一緒に遊んでほしい。

なぜかというと、「できることの例」を、子どもの目の前で見せてほしいからです。

こんな風に積める、こんなふうに並べる、あんなこともできる、こんなこともできる…。

子どもたちが、そういう「想像を形にしていくやり方」や、「その遊びの楽しさ」が分かれば、大人の役割はもう済んだも同然です^^

どんなことでも「夢中で遊ぶ」「大好きになる」には、きっかけが大事。

そこには大人の配慮が必要なんです^^