白木の積木?カラーの積木?

お店のこと, おもちゃ 0 Comments

積木あそび

1歳すぎからなど、初めての積み木遊びのときは、赤や青の美しい「カラーの積木」をおすすめします。

 

赤ちゃんが手をのばして取るのはやはり、ぱっと色に目を惹かれるカラーの積木ですし、

あの色を取りたい!と決めたり、おんなじ色同士を重ねたり並べてみたり、

色があるからこその、ちびさんらしい遊び方ができますから。

 

 

その後、2歳から3歳ころ、たくさん積んだり並べたり、建物や動物のような、テーマのある構造物を作るようになったら、今度は「白木の積木」をおすすめします。

 

たとえば上の写真。

 

もしこの動物たちのいる建物が、わたしたちがよく見る、赤・青・黄・緑のカラー積木で作られていたら、どうでしょうか?

 

バラバラの色の主張が強すぎて、目がチカチカしませんか?

色たちに気を取られて、作り上げられるものの「全体の形」を感じにくいと思いませんか?

 

積木のきりん

 

このきりんの写真で、ちょっとは言いたいことが伝わるかな?

 

いちばん奥の白木だけで作ったきりんのほうが、「きりんのかたち」としての「全体」を感じるのではないでしょうか。

 

 

たくさんの積木を使って何かを作り上げていくとき、

こどもたちは、色のない積木を使うことで、積木ひとつひとつの「形そのもの」を把握することができます。

そして、それらの形からうまれる造形に、十分な注意を払いながら遊ぶことができるのです。

 

 

じゃあ、1歳ころに使ったカラー積木はどうするの?

もう使わないの?

 

いえいえ、その美しい色たちは、積木で作った建物の特定の場所(窓とか屋根とか)を色彩によって強調したり、

色を意識的に作品に取り入れていくとき(建物のここに黄色のラインを入れよう、とか)に活躍してくれます^^

 

白木とともにカラーの積木を使うことで、子どもの創造性を、いっそう豊かにしてくれるのです。

 

 

積木のこんなお話、ちょっとびっくりしませんか?

知らなければ知らないでもいいことだけど、知っていたら、ずっといい!くないですか^^?

 

11/3(木祝)17-18時の「大人向けの積木講座」は、まだお席があります。

 

自分の手を使って遊ぶことを通じて、何かに自分で気づき、何かを自分で工夫し、何かが分かり、楽しさとともにどんどん豊かになっていく子どもたち。

そのお手伝いを、わたしたちは、もっともっとできるのです^^

 

また宮野先生を群馬にお呼びするとしても、1年か2年後になります。

子どもたちの「今」は、「今」だけ。

どうぞ可能なら、ぜひ、ぜひ、です!

 

11月3日(木祝)かばんねこは、たぶんそろそろ②周年イベント
「積木と、良い出会いをしよう。積木と、もっと仲良くなろう!大人はどうしたらいい?」

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA