遊びながら、数や形を感じる

さらにその他 , , , 0 Comments

遊びを通じて、数や形を感じる子どもたち

 

外で拾ってきた石やどんぐりを並べてみたり、

おやつの数や大きさを比べてみたり、

丸い形の積み木と四角い積み木を分けてみたり、

子どもたちはいつもの暮らしのなかで、

量や形や数にだんだん興味を示すようになります^^

そんなとき、

その子の年齢に応じた数や形のおもちゃを用意してあげると、

ちょうど興味が湧いているんですもんね、

「数」や「量」や「形」の感覚が育ちます。

知りたいときに、ちょうどいい道具があればこそ、

手を動かして、想像して、考えて、

子どもたちは

どんどんいろんなことを、分かっていくんです。

教えられなくても、遊んでいるうちに

手を通じて、体を通じて、感覚で「分かる」んだ^^

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です