子どもは、球がすき

おもちゃ 0 Comments

赤ちゃんは、ボールがすき

子どもは、ボールが好きです。

どんな形がならんでいても、球のかたちに手を伸ばしますね。

たぶん、大人のひとも、そうじゃないかな^^?

 

どうして、ボールに心惹かれるんでしょう。

球というかたち自体が、まずは美しいからかもしれませんね。

それに、どこからどう見てもおんなじで、それが安心というか、イイ。

そして、角が無くて、手に持っても痛くない。

握ったときに手にぴったりして、収まってくれる心地よさがある。

なめなめするのが、気持ちいい。

ちょんと押したり、ちょっと力を加えるだけで、動き出すのが面白い。

ころころと転がる様子を見ているのが、楽しい。

 

球が見せてくれる、いろんな動きに、子どもたちは目を輝かせます。

転がる。

坂を下りる。

深いお皿を傾けてあそぶと、ぐるんぐるんと淵を回る。

球の動きがだんだんと弱まり、静止する。

 

そんな球の性質を生かしたおもちゃも、子どもたちは大好きですね。

「重力」とか、「力を加えると動く」とか、「止まる」とか…。

そういう「世界の成り立ち」のことを教えてくれるのも、球は得意ですからね^^

 

大人にとっては、ただの「球」だけど、

わざわざ与えるようなものではないと感じてしまうけれど、

子どもたちは、触って、持って、手を放して、落として、転がして、よくよく遊びます。

そして、いろんなことが分かったり、気づいたりしています。

 

両手で持てる、ポンポン弾むボールもいいけれど、

写真のような

片手で持てるサイズで、適度な重さのあるボールも、

子どもたちにはすごくイイですよ。

 

おとなの方が、子どもがボールで遊ぶ姿を見て

こんな単純なものが、

子どもにとってはすごくイイものなんだな、って

感じてくれたら、とてもうれしいことです^^

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です