お菓子くれなきゃ!

さらにその他 , , 0 Comments

お菓子くれなきゃ

 

ハロウィンにはまだ日があった一週間前。

早々と盛り上がってる1年生がふたりいました^^

画用紙で衣装をつくり、魔法の杖をつくり、

「お菓子くれなきゃいじわるするぞ〜!」

隣りの家まで行っちゃいそうな二人を引き止めていた母…ヽ(;▽;)ノマダダッテ〜

 

今日31日、やっとその日を迎えて

子どもたちはニコニコいそいそと衣装を身につけて、

大きいお菓子入れの袋を持って、

近所に旅立ちました。

 

「お菓子くれなきゃいたずらするぞ〜(o>ω<o)ワクワク!!!!!」

あ、セリフが正しくなってる…^^

 

 

何をしたらいいの?

さらにその他 , , , , 0 Comments

遊びで育つ力があります

 

「ねえ、何したらいい?」「次はどうすればいいの?」

何か指示やアドバイスをしてあげないと動けない子を見ていると、

はがゆい。

 

 

例えば、「ごはんを食べる用意して」って言われたら、

テーブルが拭ける。

箸やお茶碗が出せる。

おかずは魚だから…、って醤油を用意できる。

大皿料理があるから取り皿とスプーンがいるな…、って判断できる。

そんな力が、子どもたちには

大きくなるうちに、ちゃんと育ってほしいんだ。

 

 

自分で何かを作業できる、手順を考えられる、

必要なことに気づける、効率よく動ける…。

最終的なイメージに向かって頭と体を動かしていけるっていうのは、

上のお手伝いの例からも感じるけれど、

子どもが生きていくうえで、人として自立していくうえで、

とっても大事な力です。

 

 

その力を育ててくれるのは、やっぱり「あそび」しかない!

(家事とかお手伝いもね^^♪)

 

 

工作をする子ども、絵を描く子ども

さらにその他 , , , 0 Comments

工作をする子ども、絵を描く子ども

 

子どもを育てる人に、

工作や絵を描くことって、けっこう軽んじられています。

だけど、

ただの粘土や紙を、形のあるなにかにするってこと。

ただの粘土や紙を、自分のイメージ通りになるよう作るってこと。

こんなふうに考えると、どうでしょう^^イメージカワル?

どんなふうにしようかな?どうしたらいいのかな?

子どもたちは、すごーく、考えます。

考えながら、やってみて、

手を動かしながら、工夫して、やり直す。

その営みは、子どもが「自分で自分を育ててる!」

そんなふうに、思ってほしい^^

 

 

家族とお出かけは友だちと

さらにその他 , , , 0 Comments

お出かけは家族と友だちと

 

家族で遊びに行くときは、子どもたちがそれぞれ友達を誘います。

だって、

子どもは友だちと一緒の方が、楽しいから^^

せっかく遊びに行くのに、大人はあんまり動けないし、

疲れたって言うし、はめを外しても一緒にゲラゲラしてくれないし、

面白いことを見つけても、反応がなんか…(´-ω-`)ワッカンナイカナー

 

楽しいとこには連れて行くけど、親は「見守り兼監視付きおまけ」です。

わたしも子ども同士を見ている方が楽しいし、

こんなふうに友だちとつきあってるんだなあ、って分かるのもうれしい^^

 

 

魚を「知ってる」

さらにその他 , , , 0 Comments

魚を「知ってる」

 

さんまも、もうおしまいですね^^

お腹を開いてじゃぶじゃぶ洗うお仕事も、繁忙期はおしまい。

 

さんまを焼くまでの下準備をするだけだけど、

その過程は

目にも鼻にも手触りも、刺激がいっぱい^^!

 

つるつるすべるさんまの体、

まんまるの目、開いた口、

ハサミでお腹を切る感触と、その薄さを感じる抵抗のなさ。

にゅるにゅるぶにょぶにょの内蔵の手触り、

引っ張り出すときのひっかかり、

魚のにおい、血の匂い、

内蔵の赤いの、黒いの、いろいろ色、

にゅるにゅるのなかでたまに触れる 骨の感じ。

洗い終わって塩を振ると、

さんまのつるつる皮との手触りの違いが面白い。

手に傷がついてると、塩がしみる。

手を洗っても、手がくさーーーーーい!

 

何回もやってるけど、

この盛りだくさんの刺激は、いつでもほんとに楽しいみたい^^

 

「魚」ってどんな形で、どんな色で、どこに住んでる。

それだけだと、「知ってる」けど、「知らない」のとおんなじくらい。

でも、もう一歩、

触った感じ、匂い、直接見る色、食べるやり方。

泳いでるところを見たり、魚釣りや、つかみ取りとかも^^

体で感じれば、もっといい知識になると思います。

楽しさやわくわくが一緒だと、もっといい^^

自分が感じたことや思ったことと一緒に、「魚」を知ることができるから。

 

 

((( あ、お肉の方は…本だのみだなあ…(^_^;)   ))) 

 

ちちんぷいぷい

さらにその他 , , , 0 Comments

体に触れてもらうのは、気持ちいい

 

抱っこしたりおんぶしたり、体に触れることは、

子どもの成長にかかせない、特別なものと思います^^

わたしたちは、自分の痛いところに無意識に手を当てたり、

泣いている子の痛いところに、そっと手を当てます。

それはおまじないのようで、でも、

無意識にわたしたちがしている「治療」のようです。

チチンプイプイ…なんて、なぜか効いちゃうから不思議^^♪

体に「ふれる」って、もっと大事にしたほうがいい。

大人だって、大丈夫?って背中に触れてもらったりすると、

すごくすごく、体も心もふわっと温かいもの^^

 

 

子どもの食い意地からおもう^^

さらにその他 , 0 Comments

子どもの食い意地からおもう^^

 

十三夜の日^^

お月様へのお供えは…「ぜったいアップルパイ(≧∇≦)キャ♪」

さっそくりんごをグツグツします。

鍋係は、もちろん6歳さん^^

でも、

ねえ、さっきから味見が多いようだけど…??
 

 

子どもの食い意地からおもう^^

 

で、

母に味見を阻止された6歳さんは、

アップルパイが出来上がると

今度は

兄ちゃん分のパイの大きさが気になる様子…^^;

 

 

おなかすいた〜!って大騒ぎしたり、

台所で味見をいっぱいしたり、

スーパーで試食を求めてぐるぐる回ったり、

おかわりある?って聞いたり、

兄ちゃんのほうが大きい!って苦情を言ったり、

ちょっとちょうだい?って誰かの食べものをねだったり…。

そして、子どもたちは

ニコニコうれしそうに、食べる。

心から「おいしい!」って言う。

 

 

食べることが大好き、って、いいですねえ。

「食べたい!」って大騒ぎする、

それだけで、すごくエネルギーを感じるし、

今日も元気だなあ…って分かる^^

 

 

「食べる」って、子どもにとって

すごく大事なことなんだな、って、

こんな姿から、いつも感じています。

 

だから

食材の産地や添加物や作り方を気にすること、

ごはんを作ること、一緒に作ること、一緒に食べること、

食事のマナー、片付けること。

食事にかかわるいろいろを 大事にしなきゃなって、

子どもを育てながら子どもに教えてもらった、そんな感じです^^

 

 

 

みつろう粘土でキャンドル作り

さらにその他 , , , 0 Comments

みつろう粘土でキャンドル作り

 

東京おもちゃ美術館の、おもちゃまつりに行ってきました^^

年に一度の、おもちゃとあそびのお祭りです。

今年も、ものづくりや遊びのワークショップがいっぱい!

 

写真は、「みつろう粘土でキャンドルづくり」。

透明感のあるみつろう粘土を使って、

三角のキャンドルに 自由に模様をつけていきます。

 

まず、小さくカットされた固いみつろう粘土を

手や指の温かさで柔らかくします。

指で、心地よいやわらかさとつやつやの手触りを感じながら、

どんなふうにしようかな、と考える時間です。

ちょっと考えながらこねこねしているうちに、

固かったみつろう粘土は

ちょうどよく柔らかく、形を作りやすくなるんです^^

 

薄くのばしたみつろう粘土は 光を通して美しく、

形作られたみつろう粘土は 光を受けて、つやつやと光るよう。

 

美しい色、心地よい手触り、よい匂い…。

触っていてこんなに喜びを感じる工作材料は

他に無いかもなあ…なんて感じます。

 

みつろう粘土は、

かばんねこのお店ができたら

ぜひ子どもたちとママたちに体験してほしい

ワークショップのひとつ。

 

どんなふうに、喜びを感じてもらおうかな…^^

 

 

お片づけ?遊び?

さらにその他 , , , , 0 Comments

お片づけ?遊び?

 

大きくなってくると、お片付けがまた、いいんだ(#^.^#)

 

こんなふうに、箱の中で

積み木の色が、意図的にデザインされて並んでいたり、

 

色鉛筆が濃い色から薄い色、暗い色から明るい色に

きれいなグラデーションで並んでいたり、

 

ミニカーが、大きいものから小さいものに

棚に順番に並んでいたり、

 

積み木の箱に、きれいに、ぴっちり収まるように

積み木が隙間なく入れられていたり…。

 

 

「入れ物がある」「場所が決まっている」ことが、

『楽しい「制限」』 になる。

どんなふうに入れようかな?

どんなふうに並べようかな?

片付けることが、楽しみになっちゃうんだね^^

 

「お片づけ」って、意識しないで

もうそれは、「遊び」のひとつなのかもしれない。

でも、それができたときの「やったあ!」には、

「すっきりした!」「きれいになった!」っていう気持ちも

ちゃんと入ってるはず^^

 

きれいになると、気持ちいい^^

それに、

自分でして「気持ちいい」って思うことが、

「次の時にもできる」ことにつながる。

 

「できた!気持ちいい!」の気持ちが、

自分でお片づけできる力になっていくんだ^^

 

バタバタかばんねこ@三角お屋根のマーケット

さらにその他 , , , , 0 Comments

かばんねこ@三角お屋根のマーケット

 

しばらくブログをお休みしてしまいました、すみません!

13日のイベントの片付けやらなんやらで…ごにょごにょ…(言い訳です)

 

さて

「三角お屋根のマーケット」、楽しくお店をさせてもらってきました。

イベントに出店させてもらうのは3回目ですが、

まだまだ慣れません。

11時の開始になっても、おもちゃたちの棚の位置は決まらず、

まだ値札をつけている状態…ワアーヽ(;▽;)ノワアー

 

なんとか11歳さんにプレイマイスの看板(写真右下)を作ってもらい、

(↑看板も忘れてきた↑)

ワークショップもなんとかスタート…ワアーヽ(;▽;)ノワアー

 

なんとも情けないスタートでしたが、

見本のおもちゃで遊ぶ子どもたちはニコニコだし、

かわいいねー、木のおもちゃいいねー、と話してくださる

お客さまの顔はすてきだし、

おもちゃのお話をして、満足して納得して

ニコニコしておもちゃをお買い上げいただけるととてもうれしく、

私のほうが、たくさん喜びをいただいた出店でした。

 

11月にオープンする予定の実店舗のご案内もでき、

ますます奮起(`・ω・´)オーシガンバルジョー

 

やっぱり、子どもにとって良いおもちゃをご案内して、

子どもたちと周りの大人のかたたちに

ニコニコ喜んでもらえることが、わたしはとてもうれしいです。

 

おいでくださった皆さん、

かばんねこのブースに立ち寄ってくださった皆さん、

遊んでくれた子どもたち、

それをニコニコ眺めていたママやパパ、

ワークショップに参加してくれた子どもたち、

誰かのためにおもちゃを選んでくださったお客さま、

イベントには来られなかったけれど、ちょっとでも興味をもって

行ってみたいなあと思ってくださったかた、

みなさんに、感謝致します^^

 

少しでも縁のあったかたに、

私が、おもちゃや遊びを通じて役にたてることを

願っています。

そのために、お店作り、がんばろう^^!