秩序がたのしい

おもちゃ 0 Comments

おひさまの光と一緒に遊びたい、透明カラーの積み木。
3歳さんがひとりでもくもくと、きれいに箱に収めてくれました。

  

形や辺の長さをよく見て、
同じかたちの仲間を意識して揃えられえいます。

  

同じものを集めたり、
大きさの順番にしたり、
形や色の種類に分けたり、
「分けること」「整理すること」を通じて、子どもたちはモノの性質や特徴を知っていく時期があります。

だから、積み木にぴったり収まる「箱」があることが、すっごくちょうど良かったりする。

  

ちょうどかばんねこで、出会えてよかったなあ^^
すっきり、満足で、気持ちよかった?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です