親子でいっしょに、それぞれの仕事

ワークショップ 0 Comments

テーブルを長くくっつけて、みんなでちくちく開始!

25日の日曜日は「親子でちくちくのへや」でした^^
6組12人の親子があつまって、みんなでちくちく…。

 

子どもも大人も、まずはお花から。
フェルトの花びらになる部分をはさみで切って、くるくる巻いたら、針の出番。

 

はじめはしっかり、玉結び。
玉結びができたら、お花が崩れないように留めていきます。

そして最後はしっかり、玉止め。
「玉止めのぐるぐるのとこをしっかり押さえてねー、ゆるくなっちゃったらお花が残念だよー」というかもちゃん先生の声に、ドキドキしながらがんばります。
押さえる力加減が難しいけれど、何度もチャレンジするうちにコツがわかってきたかな、まじめないい顔が、たくさんでした。

しっかり玉止めまでできたら、かわいいお花のできあがり!

子どもたちはちょうちょのブローチへ。
2枚のフェルトを丁寧に合わせて、縫い止めていきます。

 

そのあいだ、大人も自分の作業をすすめていきます。
子どもの仕事を横目で見つつ、おとなもしっかり、自分の仕事。

 

大人がただ子どものおつきあいでそばにいるだけだと、不慣れさからくる子どものつたなさや、なんだか遠回りしているような手際のわるさ、次があるのにひとつのことに時間をかける要領のわるさ…そんなことばかり目について、お母さんはむずむず。それでも手出し口出しガマンガマンと思ってても「できない」なんて言われたらついつい口が手が…ってなっちゃう。

 

でも、そこはかもちゃん先生。
お母さんは、子どもがやることをずーっと見てるからいけないの。見えなきゃ、なーんにも、気にならない。気にならなきゃ、口も手も出ない^^だ・か・ら、「子どもだけが作るもの」と「大人だけが作るもの」に、分けてあるのです。
大人も子どもも、それぞれの仕事にしっかり楽しく取りくもうね。子どもにとってはちょっとがんばろうのところもあるけど、そばでちょっと助けるだけできっとできるから大丈夫だよ!
大人が自然にそんな姿勢になれるように、ちゃんと準備してくれています。

ちょうちょのブローチ、できた!

 

大人にはちくちくよりも、できあがったお花をバックに飾る配置デザインのほうが頭を悩ませたかも^^

たっぷり2時間、がんばったね!
子どももおとなも、かーわいいのができあがり^^

大人は、お花のバッグ。
子どもは、お花とちょうちょのブローチ(写真のバッグ持ち手部分にあるの)。

 

最後のかもちゃん先生の言葉がうれしかったです。
「子どもたちもほんとに頑張りました。いっぱいほめてあげてねー!」
この声かけがあったから、親子がちゃんと向き合って、よろこびあえる時間ができたと思うのです。

 

こういうことって、大人が意識してやろうとおもわないと、うっかり機会を逃してしまいがちです。無くてもなんにも悪いことはないけど、あれば、子どもにとってはすっごくうれしいこと。

子どもが自分で「すてきなのが作れた」って感じるのももちろんうれしいことだけど、大好きなひとも自分と同じように喜んでほめてくれたら、もっともっとうれしいし、たしかな自信になるものね。

 

子どもでも、大人でも、おんなじです。
「他者から認められる」という体験は、うれしいだけでなく、自分自身が「自分の良さ」を心から感じて信じられる、とてもうれしい贈りものだから。

 

親子でちくちくのへや、またやりましょうね^^
今度は、夏休みかな!