「できない」気持ちに、よりそう

子どもとそだつ 0 Comments

4歳さんからの、できる、できない

はじめはきれいに並べられずに、端が揃わなかったり、いびつな三角になったり。もうやめた!って悔し泣きをして、再チャレンジ^^

 

4歳くらいになって、自分だけじゃない、まわりのみんなの姿を意識するようになってくると、

ともだちと比べて、「できる」「できない」…

「できないじぶん」を、小さな子どもながら、感じている姿に気づくことがあります。

もっと大きい子は、なおさら^^

 

 

大人とおんなじで、

やっぱりそういうときって、子どもも、自分を守りたい。

やってみたいけど、やってみてやっぱりできないのはイヤだから…、傷つきたくないから…、

「やーめた」

「やりたくない」

「すきじゃない」

って、言ってみたりする。

 

 

みんなでやろうよ、って誘っても、やらない。

大人にいろいろごまかされて(?)結局なんとなくやらされたりするけど(!)、

頑張って、じぶんの気持ちを守ろうとする。

 

 

子どもだって、自尊心、あるよねえ。

「子どもだから」って軽く考えてはいられないな、

そのとき、そのとき、その場で、子どもの気持ちをわかってやらないとなと、思わされます。

 

 

大人も大人の都合があって、立場とか、他のママとの関係があったりして、難しいときもあるけれど、

結局やらせるにしても、その子の気持ちを分かって、共感して、そのうえで同意してからやらせるのか、

「とりあえずやっつけでやらせる」のかでは、ぜんぜん違いますね。

 

 

だって、いちばん身近にいる大人のひとが、子どもの気持ちを大事にしてやらなかったら、

親が、自分の子の気持ちを大事にしてやらなかったら、

誰が大事にしてくれるっていうの。

 

 

それに、その子がいちばん「自分の気持ちを分かってくれたら嬉しいひと」は、

ぜったいに、いちばん身近な、大好きな、親ですから。

 

 

でも、かばんねこは、何度も、

その場の雰囲気や大人の関係に負けて、子どもの気持ちを二の次にしたことがあります。

そのたびに、あとで、弱々な自分にものすごく後悔して悶絶しました。

 

 

それでも、お母さんは、だんだんに強くなるのです^^

大人ですから、さりげなーく、子どもの味方をして逃してやることができます。

自分が悪者になることも、子どものためなら、大丈夫になります。

誰に対して「いい人」になるべきか、ちゃんと選ぶことの大事さを、悶絶して身をもって学べばこそかもしれないですけれど(もちろんそれは、子どもです。他者にいい顔をして自分の子どもに信頼されなかったら、どうしようもない)。

 

 

子どもも、

自分の気持ちをわかってくれるひとがいれば、素直に前向きになれます。

がんばる気持ちは、はじめからちゃーんとあります。

「できない」という気持ちより、「できたい」という気持ちを、大きく持てるようになります。

今できなくても、大丈夫。

 

 

かばんねこも、いっぱい失敗して、お母さんをしています^^

今日はちょっと、思い出して悶絶しながら書いてみました。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA