まずは大人が、あそぼあそぼ!

さらにその他 0 Comments

かばんねこのおもちゃとあそびの講座

伊勢崎ファミリー・サポート・センターにて、おもちゃとあそびの講座をさせていただきました

 

昨日は伊勢崎ファミリー・サポート・センターにて、おもちゃとあそびの講座をさせていただきました。

おもちゃとあそびのお話と、ママたちだけのアナログゲーム体験。2本立てです^^

 

 

まずは

かばんねこのおもちゃで、お子さんと、ゆっくりじっくり遊んでいただきました。

そのとき、なにより良いなあ、良いなあ!と思ったのは、

子どもたちももちろんだけど、

お母さんが、あそぶ姿です^^

 

 

お母さんたちも、子どもとおもちゃたちであそんでいるときに、

やっぱりはじめて出会うおもちゃを、見つけるわけです。

そこで、

コレはなんだろうなあ…

どんなふうに遊ぶのかなあ…と、

よーく見て、さわって、横にしてみたり、ひっくり返してみたり、いろいろ動かしてみたり…

そして、あっ!こうするんだ!と、突然目がキラッキラして、

ほら、みてみて!と、子どもに自分が見つけた大発見を教えて、

大人の彼女も、子どもとおんなじに、わくわくとあそんじゃうのです^^

 

 

そうそう、それ!

楽しいよね、うれしいよね、わくわくするよね、夢中になっちゃうよね。

「あそぶ」って、こういうことだよね!

 

 

自分の手をつかって、いろいろしてみて、考えて、想像して、

いいことを思いついてやってみたり、

工夫してうまくいってみたり、

偶然に面白いことになったり、

今までとはちがう、新しいことができたり。

できた!って、うれしくなったり。

 

 

自分のできることをフルに使って、そうやってあそんでいると、

手指やからだの熟練やいろんな経験は、どんどん、子どものなかに積まれていきます。

そうして、ある日とつぜん、

いままでできなかったことが、できている。

いままでわからなかったことに、気づくし、わかる。

いつのまにか、成長している。

 

 

かばんねこも、自分の子どもたちの姿で、たくさん見せてもらいました。

あそびの経験が、そして遊びをつうじて気づいたり分かったりしたことが、

いろんな生活やまなびや初めて出会う場面で、応用され、生かされていること。

 

 

あそびは、まなび。

自分が、やりたくてやって、そうして得る、最高のまなびです。

 

 

そのわくわくを、お母さん自身が体験してくれたこと。

それがほんとうに、うれしいなあと思いました。

 

 

子ども時代は、まだまだたっぷり遊べますよ。

大人はそれを、環境を用意したり、あそぶ姿をよく見て配慮したり、お手伝いすることができます。

かばんねこにも、ご相談くださいね。

いっぱい、あそぼうー!

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA