じぶんであそぶ、じぶんできめる

おもちゃ, 子どもをおもう 0 Comments

ライオンのひも通し

おもちゃたちは、子どもがひとりで遊べるものを、

子どもの手の届くところに置くようにします。

目の高さの棚とか、じぶん専用の机とか。

 

まだひとりで遊べないおもちゃは、まずは大人と一緒に^^

 

でも最初からなんでもぜーんぶ教えずに、

子どもの様子をみながら、

「こんなふうにしてみたらどうなるかな?」

「もしかしたら、こうしてみたらいいんじゃない?」

そんなふうに、

子どものやっていることを主体にして声をかけると、

「じぶんで」遊ぶ、「じぶんが」決める、

そんな感じで、満たされた遊びになると思います。

 

ひとりあそびは、

考える力や創造する力をつちかう大事な時間です。

 

ひとりでじっくり、モノと向き合うって、

いろんなことが試せるし、

何かに気づいたり分かったりする機会になります。

 

きょうだいやテレビの音に邪魔されずに、

ひとりあそびが十分にできる場所や雰囲気を守ってあげることも、

おとなが子どものためにできることのひとつです。

 

 

*ライオンのひも通し 1944円

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA