子どもがしてほしいのは、共感

子どもとそだつ 0 Comments

子どもがしてほしいのは、共感

「子どもがしてほしいのは…」
 

子どもに何かを教えたくなる気持ちは、とってもよくわかります。

でも、たとえば、缶ジュースの結露を見て「ジュースがあついあついって、汗かいてるよ!」とかいう子どもの気づきに、

「なんでそうなるか分かる?」って返したことがありますか?


子どものうれしそうな顔が、一気にしゅるしゅるとしぼみます。

そして、「わかんない…」となります。悲しげです。

だいたい、分かると思ってないのに、分かる?って聞くのがおかしい。

子どもがしてほしいのは、

「ほんとだね!ジュースも暑いんだね」って、おんなじ気持ちで共感することです。

自分のうれしい気持ちや楽しい気持ちを、大好きな人と分かち合いたくて子どもは話しかけてるのに、大人はわからんちんです。

子どもの発見について何かを教えてあげたいなら、まずは先にやることがあるのです。
 

 

 コドモト「いっぱい間違いながら、子どもは育つ

 

    

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA