おもちゃに出会う前に

さらにその他 , , 0 Comments

私が木のおもちゃ屋さんになろうと思うようになったのは、

「木のおもちゃに出会ったから」

…ではありません^^

 

子どもと一緒に暮らしているうちに、

「子どもが自分で育っていく姿を、子どもに見せてもらった」

そう実感することが、いっぱいあった。

こんなきっかけが、まずあります^^

 

たとえば、この写真。

お父さんが、ドライバーを持ち出して

何か作業をしていたのですけれど、

ふと気づくと、こんなふうにきれいに並べられていたのです。

子どもは自分の力で、育ってゆく

 

お父さんが仕事をしているあいだに、

2歳の赤ちゃんもまた、脇で仕事をしていたのです。

 

色を分ける。

かつ、

大きいのと小さいのを区別する。

かつ、

大小を、同じ色で、組にする。

 

自分の見たものを、秩序をつけて、分ける。

子どもが、モノを自分の目と手で触り、

遊びながら

気づき、判断して、行動したのです。

 

こんな場面にたくさん出会い、

「子どもが 自分で育っていく姿」 を

子どもに見せてもらううちに、

「子どもの身の回りにおいてあげるもの」を

大人がよく選んで用意してあげることが

どんなに大切かということに、

気づくことができました。

 

だから、

木のおもちゃ…というより

「よいおもちゃ」に私がたどり着いたのは

あたりまえかもしれませんね^^

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA