すべての「はじめて」は、基本から

おもちゃ, おおきくなる子ども 0 Comments

がらがら…はじめての持つおもちゃ

赤ちゃんに初めて贈るおもちゃ、どんなものを選びましょう^^

 

はじめのはじめは、「ひと」ですね。

だっこのぬくもりと心地よさを与えてくれる「ひと」

いつもおんなじ声とにおいで安心を与えてくれる「ひと」

目を見て、にっこりして、いっぱい関わってくれる「ひと」

そうやって、はじめて世界に触れる赤ちゃんは、「ひと」の与えてくれるお世話と関わりをいっぱい受けて、自分のいるところはいいところだな、って、安心していろんなものを見て、聞いて、感じていきます。

 

そうして、

はじめはだいすきな人に向かって、そして興味があるものに向かって、手を伸ばすようになる。

さあ、おもちゃたちの出番です^^

 

あなたは赤ちゃんのために、どんなものを用意されたでしょう。

やわらかい、安全な肌着や、お布団。

安全で刺激の無いせっけんや、哺乳瓶、おしりふき。

きっと、離乳食の頃にも、安全なもの、からだに優しいもので、「はじめて」にぴったりの食材を、選ばれるはずです。

 

だから、おもちゃも、おんなじ。

安全な素材やつくりのもの。

刺激の少ない、やさしいもの。

「はじめて」にぴったりのもの。

 

それはたとえば、ひとにとっていちばんやさしい、自然素材。

軽くて握りやすく、気持ちいい手触りのもの。

小さな、聞いていて心地よい音がするもの。

色がシンプルで、はっきりしていて、美しいもの。

 

そういうものを贈られることを、おすすめします。

いちばんはじめに赤ちゃんが自分が手を伸ばして、関っていく「モノ」。

安心と心地よさとよろこびで満たされているものを、贈りたいですね。

 

写真は、はじめてのおもちゃにぴったりの、軽くて握りやすい、がらがらです。

色の基本、赤・青・黄の、三原色が使われています。

 

すべての「はじめて」は、「きほん」から。

おもちゃも、おんなじですね^^

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です