おままごとは、まねごとから

子どもとそだつ 0 Comments

ままごとは、まねごと

1歳ころから大好きになる、再現あそび…

生活のまねごとあそびや、大人のまねっこあそびは、

お世話遊びや見立て遊び、ごっこあそびにつながっていく、大事なあそびです。

 

ちびさんたちは、自分が大好きな大人のすることを、よーーく見ています^^

そして、同じように、あこがれをもって、やってみるんですね。

 

だから、一緒に遊ぶときは、

家族の生活そのものを、丁寧に再現してあげるといいなと思います。

 

ごはんの場面では、

単純に「食材をお皿に持って、食べる」それだけで終わらないでほしいです。

ごはんをつくるときも、

野菜を洗って、切って、お鍋に入れて、かき混ぜて、味見して、お皿によそって…

手順はいっぱいあります。

食器を並べるときも、台を拭いて、お茶碗やお箸の位置を決めて…

これも、ちゃんと手順があります。置き方というルールもあります。

食べ終わったら、「ごちそうさま!」で終わりにしたいけど、実際大人はそうじゃないから^^

食器やお鍋を洗って、拭いて、仕舞うまでを、しっかりつなげて演じます。

 

こういう役割を大人が果たすことで、

ばらばらに再現される、例えば食事なら「つくる」「たべる」「かたづける」が、

子どものなかでどんどんつながって、まねごと遊びが豊かになります。

おそうじも、朝の準備の手順も、夕食から寝るまでも、洗濯も…、1日の流れまで^^

だから、どうぞどうぞ、まずは大人のみなさんが、

自分の生活を、子どもと一緒に

細かに再現して、楽しんでみてくれるとうれしいです^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です