集中力なんて、大きくなってから!

子どもとそだつ 0 Comments

 

 

「どんな遊びが好きなのか、わからない」

「遊んでても、ぜんぜん集中しないですぐに別のおもちゃに行っちゃう」

そんな相談をいただくことがあります。

 

だいじょうぶ!

3歳くらいまでの子どもの集中は、すごーく短い。

1分もないことがほとんどです^^

 

だってね、相手は「小さい子」。

できることが、まだまだ少ないんだもの。

「あんなことやってみよう」っていうアイディアのもとになる経験も知識も、まだまだ少ないんだもの。

 

持つ。握る。触って調べる、放す…、できることはそれだけの小さな手は、

遊びながらいろんなものを触り、感じ、体験することを通じて、

「目的の場所に置いて、しっかり放せる」という体の育ち、

「手触りや音の違いに気づく」感覚の育ち、

「色を見つけて分ける」ものの違いを見つける注意力…。

だんだんにいろんなことができるようになり、いろんな体験の知識を蓄えていきます。

それがあればこそ、

同じおもちゃでも遊び方は変わり、関わる時間も長くなり、関わりかたも、多様になってくる。

集中も、長くなってくる^^

 

だからね、小さいうちは、ひとつのおもちゃでじっくり遊ばなくても、

「集中力がない」なんて、がっかりしなくていいんです。

「今はこれで十分遊んだんだな」「今できることをやってみたんだな」「満足して次に移ったんだな」

そう感じてくれたらうれしいです^^

 

子どもたちは、自分のちからで、ちゃんと育っていきますよ。

不安に感じること、自信がゆらぐことがたくさんですが、

子どもを信じて、大丈夫。

 

待つの^^

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA