何度もくりかえす遊び、どんないみ?

子どもとそだつ 0 Comments

木のおもちゃ ローラーカップ

毎回おんなじ結果になることを、何度も、何度もやります。

子どもが一心におもちゃに向かっている姿は、見ていてとてもうれしい気持ちになりますね。

とくに玉落としのおもちゃは、小さい子も大きい子も(大人も)、とてもすきです。

スタートに玉を入れると、必ず同じ道を、同じように通って、やっぱり同じゴールに到着。

何度やっても、おんなじです。

だから大人は、一度で満足しちゃえます。

でも小さい子はそれを、何度も何度も繰り返しますね、ふしぎですね。

 

それは、

今まで知らなかった「(大きくなれば)あたりまえのこと」を、何度もくりかえし体験することで「分かる」、その楽しさに出会っているのかもしれません。

玉は転がる。玉は動く。はやい、ゆっくり。手を放すと落ちる、音がする…。

どんなことに興味をもって繰り返しているのか、知りたいところです^^

 

あるいは、

まだまだ知らないことがたくさんの子どもにとっての「安心」を体験しているのかもしれません。

わたしたちも「よく知っているもの」…たとえばお料理のトングの存在は、不安もなく触れるし、使えるし、安心ですね。

でも、使ったことのないフードカッターなどは、ちょっと腰が引けちゃったり、不安を感じたりします。

それと同じで、日々未知との出会いがたくさんの子どもにとっては、「よく知ってるおもちゃ」で遊ぶことが、とても心地よい「安心」になるのです。

あそびのおわり

くりかえし、くりかえし、くりかえし…。

それは、2歳さん以降の作業するあそびのときにも、現れてきます。

この写真では、積木を受け取ってならべる、積木を受け取ってならべる、その繰り返し。

 

大人にとってはなんでもない、簡単で単調な作業ですが、

「この子は何を面白いとおもってやっているのかな?」と思ってみつめるだけで、

きっと、育ってゆく子どもの姿を感じられたり、

こんなふうに手伝ったらもっとスムーズに遊べそうだと気づいたり、

親の喜びにとっても、子どもの育ちにとっても、うれしい気づきがあるかもしれません。

 

そしてぜひ、そのあそびを「どんなふうに終わらせるのか」も、見てほしいなと思います。

何に満足して終わったのか。

何をゴールとしてやっていたのか、そこにたどり着いたのか。

何かができなくて終わったのか。

何かがたりなくて終わったのか。

そこにもきっと、子育てのヒントと、親の喜びがあります^^

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です