待つ。受けとめる。忍耐づよくっ!

おおきくなる子ども 0 Comments

リリアン

待つ。受けとめる。忍耐づよくっ!

 

どんなことでも、自分で体験しないと、わからないですね。

手触りも、重さも、匂いも、音も、どんなふうに使うことができるのかも。

どんなふうにしたら、面白かったのかも。

どんなふうにやったらうまくいくのかも。

どんなふうにしたら、すごい発見をしたのかも。

自分でやってみて、考えて、やってみて、考えて、やってみて…、

やりきった!満足^^!が無いと、

「ほんとうには」わからない。

 

大人はもう、いろんなことを知っているけれど、初めてのことは、そうでしょう?

子どもは、初めて出会うものや、初めて出会うことが、いっぱいなのです。

だから、「真剣に」それと取り組んで、遊んでいる。

 

でもね、そうするとやっぱり、

散らかります。なくなります。壊れます。かんしゃくもおこします。

だけど、大人がそれをおおらかに受けとめて、子どものあそびをできるだけ守ってあげてほしいなと思うのです。

あとで…、すぐににかもしれないし、ずっとあとかもしれません。

絶対に、からだの育ちや心の育ち…

いろんな喜びになって、かえってくるから!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA