ねんねさんも、自分の意志で、あそびましょ!

おもちゃ, おおきくなる子ども 0 Comments

ベビージム

手ってだけじゃなく、足でもあそんじゃう。だって、触るのが楽しくて、届くのが、うれしいから!

 

ねんねさんのころは、あそぶといっても、おもちゃが限られてしまいますね。

それは、とってもすてきなことでもあります。

だってやっぱり、

まわりのひとがちょっかいを出してくれることが、この頃の赤ちゃんにとっていちばんうれしくて、いちばん楽しいことだから^^

 

 

ねんねのころは、自分で動いてなにかをすることは、ほとんどできません。

見ることと、聞くことが、中心です。

いい音を聴いたり、鮮やかな色に目を奪われたり、動くものを見つめたり…。

もうすこし大きくなったら、手ってをのばして何かをさわったり、お口に持っていったり。

自分のすぐ近くのものに、触れて、感じて、遊びます。

 

 

だから、赤ちゃんの目線の先に、鮮やかな色のモビールがあることや、

ひとの動きや空気の流れで動いてくれるものを下げておくこと。

いい音が聞こえるオルゴールや鈴を、ちかくに置いておくこと。

そしてぶつかったり揺れたりしたときにいい音がするように、吊るしておくこと。

モノを持てるようになったら、小さくて軽くて、握りが細くて手に持ちやすいものを、用意しておくこと。

こういう準備をしてくれると、赤ちゃんのあそびは、とっても豊かになります。

 

 

でも、赤ちゃんは、モビールをただぼんやり見てるわけじゃないですよ。

「見ようとおもって見ている」のです。

鮮やかな色を、楽しい動きを、

「見ようと思って見ている」のです。

いい音が聞こえてきたら、

「それを聞きたいと思って、耳をすませている」のです。

そして、手ってを伸ばすようになったら、

「触りたいとおもって、手を伸ばしている」のです。

 

そこにはぜーんぶ、赤ちゃんの、意志がある^^

 

 

ねんねの時代のおもちゃは、種類は少ないかもしれないけれど、

見たい、聞きたい、さわってみたい。

それを存分に、存分にできるおもちゃって、たくさんあります。

 

 

どうぞどうぞ、一緒に、楽しんで下さい^^

そして、

「見たいと思って見ている」

「聞きたいものに耳をすます」

「さわりたくて手を伸ばす」

そんな、ひとりあそびの時間も、大事にしてあげて下さい。

 

 

ひとりあそびは、「自立」の、はじめのはじめです。

 

どうぞ、かばんねこで、ご相談くださいね。

ぴったりのおもちゃを、一緒に探しましょう^^

 

 

***********************

まいにち育つ、こどものために。こどもと育つ、おとなのために。

木のおもちゃと手仕事屋かばんねこ

℡ 0277-46-6644(10-17:30 木土祝お休み)
お問い合わせ(どしどしどうぞ)

かばんねこのイベントはこちらをみてね

木のおもちゃの専門店に、子どもと、お孫さんと、遊びにおいで!
キッチンと、おもちゃと絵本のあるレンタルスペースでイベントを開こう

*************************

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA